カルロスゴーンの裁判はどうなっているのか?現状とこれからの流れをご紹介!

   
 

2019年12月、カルロスゴーンは祖父の出身地でもある国「レバノン」に亡命を果たします。金融商品取引法違反の疑いで逮捕されかけていたためです。現在はレバノン政府にかくまわれながら、レバノン国内で自由に暮らしていると見られているのです。

今回は、元日産CEOのカルロスゴーンの裁判はどこまで進んでいるのか?今後の日産はどうなるのか?などについて詳しく解説していきます。

カルロスゴーンはどんな罪を犯したのか?

カルロスゴーンが罪をかけられているのは金融商品取引法違反です。簡単に言うと、自分で実際に受け取っていた報酬よりも少ない金額を帳簿に記帳し、帳簿額よりも多くの役員本州を受けていた罪です。

これまでの証言からすると、帳簿上の報酬額は年間10億円程度の記載だったのに対し、本当は年間20億円もの大金を受け取っていたのではないかと見られています。会社の資産を自由に自分の懐に入れていたのですから、当然違法行為に当たります。しかも、金額も非常に大きく、多くのメディアに注目されているニュースです。

カルロスゴーン氏は東京、パリ、ベイルート、リオデジャネイロ、アムステルダム、ニューヨークに自身の自宅を所有していて、この建設費用も全て日産の利益から出ていると言われています。

カルロスゴーンの裁判はどこまで進んでいるのか?

カルロスゴーン氏の裁判は合計で76回を予定されていて、そのうちの29回しか開催されていないのが現状です。日産とルノーが提携する際に、初めてゴーン氏と会ったと言われている、志賀俊之氏元COO、大沼敏明、元秘書室長。日産自動車の現相談役、小枝 至などの証人尋問が行われている最中です。

法廷での証言では、カルロスゴーン氏が、毎年10億円以上のお金を役員報酬に上乗せして受け取っていたはずだという証言も飛び出しています。明らかにカルロスゴーン氏は劣勢ですが、レバノン政府の協力により、その尻尾を捕まえることは、容易ではありません

日産自動車の今後はどうなるのか?

日産自動車は、2020年新型コロナウイルスの影響もあり、通期で20%程度の現さんとなってしまいました。他社の中で電気自動車を得意とするメーカーは、V字回復が鮮明ですが、日産はなかなか回復していないと言えるでしょう。今後の電気自動車の発表を待った方がよさそうです。

CarZoot社の車内徹底消臭除菌剤アンモニア臭や嘔吐臭も分解ClearOneを使って、愛車をきれいに乗りこなそう!

というわけで、今回は日産自動車の元CEOカルロスゴーン氏の裁判はどうなっているのか?そして日産自動車は今後どうなっていくのか?などについて詳しく解説してきました。まだまだ裁判は長く続いて2022年まで持ち越されそうです。

もしあなたが、愛車でのドライブをさらに快適にしたいのであれば、私はCarZoot社の車内徹底消臭除菌剤アンモニア臭や嘔吐臭も分解ClearOneを使われることをおすすめします。簡単に商品の特徴を見ていきましょう。

・プロが実際に工場で使っている消臭剤と同じ成分なので、プロ並みの消臭効果を得ることが出来る

・原液を15倍に薄めて、専用のスプレーボトルに詰め、車内に吹きかけるだけなので、誰でも簡単に使える

・小さいお子様が触れても安心安全の製品内容

・ウイルスや細菌など、臭いの原因物質から完全に除去するので、高い消臭効果を長期間得ることが出来る

・安心の国内製造商品

・こんなにハイクオリティな消臭剤が、たったの1,690円で買えてしまう

このように、素晴らしい内容の商品になります。私も愛車の車内はこの商品で消臭していますが、あっという間に臭いを消すことが出来るので、大変気に入っています。あなたもこの商品を使って愛車をきれいに乗りこなされてはいかがでしょうか?

日本電産の決算報告!なんと驚異の40%増益!理由を探れ!前のページ

三菱自動車のデータ改ざんを巡る裁判が決着!原告をどうやって納得させたのか?次のページ

関連記事

  1. 記事

    車道の真ん中を走る自転車は違反になる?

    自転車用の通行帯はまだあまり普及していません。そのため、道路…

  2. 記事

    【交通事故にあったら】通院できる山梨県でおすすめの整体院や医者を紹介!

    2019年度山梨県の交通事故死者数は25人と全国で一番少ない県です。…

  3. 記事

    【女性ライターが解説】女性がドライブデートで車に忘れやすいアイテムは○○だった!? 気配りできる印象…

    彼女は気になる女性とドライブの予定が入った!準備は万端!と意気込んで…

  4. 記事

    日産リーフが10周年 世界初本格EVデビューもテスラなどに押され伸び悩み

    日本車の電気自動車(EV)と言えば、印象的なテレビCMの影響もあり、…

  5. 記事

    車のトランクやドアを開けたまま走るのは走行違反?

    ドライブをしていると、ドキっとするような光景が目に飛び込んで来ること…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    事前に把握しておこう!豪雪地帯の高速道路の注意点をご紹介!
  2. 記事

    千葉県内で人気の交通安全神社とは?おすすめを3選してご紹介!
  3. 記事

    阪神高速で作業員が死亡!何が起こったのかを徹底解説!
  4. 記事

    プジョーのおすすめな車種ってある?2021年に買うのはアリ?
  5. 記事

    【徹底比較】PROSTAFFとCarZootのホイールコーティング剤について!
PAGE TOP