オールシーズンタイヤってどんなタイヤなの?

   
 

オールシーズンタイヤってご存知ですか。冬のスタッドレスタイヤなら聞いたことがあるという人は多いと思います。ここでは、季節ごとのタイヤの履き替えが不要のオールシーズンタイヤとスタッドレスタイヤの違いなどをご説明していきます。

オールシーズンタイヤとは

オールシーズンタイヤとは、書いてある通り全季節に対応しているタイヤのことで、冬になったらスタッドレスタイヤに履き替える必要のない1年中車に装着して走ることのできる便利なタイヤです。オールシーズンタイヤの便利なところを下記で書きだしてみました。

  • 乾いた道路での走行→問題なく走行可能
  • 雨などで濡れた道路の走行→問題なく走行可能

夏の道路(通常道路)での走行は問題なく走行ができます。それでは、冬の道路はどうでしょうか。

冬(積雪道路の場合)

  • シャーベット状になった道路の走行→問題なく走行可能
  • 雪が踏み固まってしまった圧雪路→走行可能
  • 凍結道路→走行可能だがスタッドレスタイヤより劣る                        
  • チェーン規制が出ている高速道路→チェーンを付けなくても走行できるが急ハンドルや急加速は、スリップの原因になるので注意が必要
  • 高速道路を通るには冬用タイヤでないと通れない冬用タイヤ規制→全季節に対応しているので通行可
  • 高速道路を通るにはチェーンを付けないと通れない→通常のタイヤ、スタッドレス、オールシーズンタイヤ関係なくチェーン装着

このように、全季節に対応しているオールシーズンタイヤはいちいち季節ごとにタイヤを変更しなくて済むので大変便利なタイヤです。オールシーズンタイヤは、あまり積雪が積もらず凍結も酷くない道路であれば問題なく装着したままの走行が可能です。

スタッドレスタイヤを装着して一年中走行してはだめな理由

なぜ、スタッドレスタイヤを一年中装着して走行してはいけないのでしょう。積雪が深い地域ならどうせ、冬になればスタッドレスに交換しなければいけないのなら、ずっとスタッドレスタイヤを装着していても良いのでは、と思ってしまいがちですが、スタッドレスタイヤは夏の通常道路を走るのには向いていません。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤに比べて溝が多く作られており、道路との摩擦を利用して走行するようにできているため、雪のない夏の道路では摩擦が強すぎてあまり上手く走行できず、燃費も悪くなります。

また、タイヤのゴムも柔らかくできているので夏の通常道路を走行するとゴムが削れていってしまい安全な走行が出来ません。急ハンドルや急ブレーキ、急発進などをしてしまうと最悪バーストといって走行中にタイヤが破裂してしまうという事態になりかねません。

雪の上での走行ではないので雨などで濡れた道路を走行していてブレーキをかけても、滑るように前に走行してしまうハイドロプレ―ニング現象を起こしてしまう危険性があり、スタッドレスタイヤの夏の通常道路での使用には危険が伴うので一年中装着して走行するには無理があります。

オールシーズンタイヤの特徴

オールシーズンタイヤは、夏の通常道路の走行時には、しっかり止まったり曲がったりすることができます。また、雪道での走行時にはしっかりと摩擦を利用した走行ができます。オールシーズンタイヤは、海外でのタイヤメーカーが開発したもので、近年日本に入ってきたタイヤです。

なぜ、夏の通常道路と積雪のある道路両方に使えるのかといいますと、タイヤのゴムの素材に特殊なコンバウンド素材が使われていたり、タイヤの溝模様の工夫のためです。

それでも、スタッドレスタイヤよりは性能がやや劣るので、オールシーズンタイヤで車を冬に運転する時は、無理のない運転を心がけましょう。

タイヤを通年装着し続けるならオールシーズンタイヤを装着しよう

冬になると必ずスタッドレスタイヤに変えなければならない地域に住んでいる人は、オールシーズンタイヤを装着してみてはいかがでしょうか。あまりにも雪深い地域では、おすすめすることはできませんが、そこまでは雪深くないという地域にお住まいであればオールシーズンタイヤがおすすめです。

ついついタイヤ交換が面倒でスタッドレスタイヤのまま一年中装着して自動車を走行させるより安全なのでおすすめです。

タイヤの色を美しく保とう

タイヤを交換したら、CarZoot社製のタイヤコーティング剤でタイヤを保護してみませんか。CarZoot社のタイヤコーティング剤は、タイヤを元の黒い艶を復活させることができます。

タイヤにコーティング剤を使用してしまうと、タイヤの劣化が進むのではないかと心配してしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、CarZoot社のタイヤコーティング剤にはタイヤの元の黒さの復活だけではなくタイヤの劣化を防ぐ成分を配合している他にはない優れたコーティング剤です。

プロ仕様のタイヤコーティング剤ですが、素人でも簡単に施工できるのでおすすめです。

avatar
タイヤは夏と冬で変えるのがおすすめだよ!

面倒ならオールシーズンタイヤを使ってみてね!

和歌山県で釣り人をする人は必見!家族連れで車でもいける釣りスポットを紹介!前のページ

アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を次のページ

関連記事

  1. 記事

    ロケ地をめぐる!ドライブで行く徳島おすすめスポット

    県をまたぐ外出は、もう少しだけ我慢して徳島県内でドライブなどはいかが…

  2. 記事

    危険!エアバッグの回りにものを置かないで!

    普段、車を運転するときや助手席に乗っているときに、つい書類や小物をダ…

  3. 記事

    線路の上を走る車がある?軌陸車の役割をご紹介 

    線路の上を走る車があるってご存知ですか。ここでは、軌陸車について何を…

  4. 記事

    20年前と今ではここまで違う衝撃基準について紹介

    私たちが暮らす自動車社会では事故による悲惨な事態を避けるために、衝撃…

  5. 記事

    グルメ好きの方必見!徳島県でおすすめのSAを紹介!

    徳島県でドライブ中に休憩がとれる場所はないかな。徳島県でグルメが充実…

  6. 記事

    霊柩車っていくらするの?そもそも霊柩車はどんな車なの?

    そもそも霊柩車って、一般に販売されている車を改造した特殊な車両という…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    車のガラスコーティングをDIYする際のポイントや注意点などご紹介!
  2. 記事

    最強のガラスコーティング剤!人気の秘密を徹底解説!
  3. 未分類

    ガラスコーティングした車のメンテナンスをする時の注意点を把握しておこう
  4. 記事

    検温ピット!?鈴鹿サーキットのコロナ対策を徹底調査してみた!
  5. 記事

    福岡県では、どんな電気自動車充電スタンドがあるの?
PAGE TOP