オービスの前にはなぜ看板がある?オービス看板設置の理由を徹底解説!

   
 

オービスの手前には、オービスの存在を知らせる看板があります。スピード違反を取り締まるオービスですが、なぜ看板で知らせるのか気になる方も多いでしょう。オービス前に看板が設置されている理由についてご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。

オービスについて詳しく知ろう!

オービスについて詳細をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

オービスとは

オービスは「自動速度取締装置」というのが正式名称です。オービスは通常、高速道路、幹線道路に設置されているケースが多いです。制限速度を大幅に超えて走行すると、速度の記録、ドライバーの顔、ナンバープレートの撮影を行います。

オービスと一口にいっても、種類は様々です。オービスが作動すると、カメラのフラッシュが光ったり点滅したりするので、気付くことはできるでしょう。

オービスが捉える速度の基準が気になる方もいますが、正式なデータはありません。通常、一般道で30km/h、高速道路で40km/hを超えると、反応するといわれています。

一般道で30km/h、高速道路で40km/hを超えるというのは、免停になるほどの大幅な速度違反ですが、あくまで噂なので、過剰に信じないようにしましょう。

オービスの手前に看板がある理由は?

オービスの手前には、「速度自動取締機設置路線」という看板が設置されています。通常、オービスの1〜3kmほど手前に看板があることが多いです。看板の色などは、統一されたものはなく、地域により異なります。

しかし、スピード違反を取り締まるために設置しているオービスですが、どうして看板が設置されているか疑問に感じる方もいるでしょう。その理由は、プラーバシーを配慮しているためです。

というのも、オービスは速度オーバーしたドライバーの顔写真を撮影します。そのため、プライバシー侵害の可能性があるのです。

裁判において、写真を犯罪の証拠とするためには、写真を撮影することを事前告知しておくこと、犯罪の瞬間の撮影が必要となることが定められています。

オービスを設置するには、事前に告知することが義務となっているのです。警察側からすると、オービス前の看板は不本意なものとなっているでしょう。

オービス前の看板は見落とす可能性あり

オービス前の看板は見落とす可能性があります。よく走行する道路であれば、オービス前の看板の位置をある程度把握できるので、意識してスピードダウンできるでしょう。しかし、土地勘のない道路では、他のことに気を取られていると、オービス前の看板を見落としてしまいがちです。

とはいっても、オービスを過剰に意識してスピードを落とすというような方法は、いずれ検挙されるリスクが高いです。普段からスピードを守る意識が大切でしょう。

ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』

オービスの前には看板が設置されていますが、安全運転には心がけるようにしましょう。

ところで、車の状態はいかがでしょうか。

ヘッドライトの黄ばみが生じると、視界が悪くなるので危険です。車のヘッドライトクリーニングにおすすめなのが、CarZootの「ヘッドライト専用コーティングキット『HeadLightRestoration/ヘッドライトレストレーション』」です。

・黄ばんだヘッドライトを復活させられる

・研磨剤不要なので、ヘッドライトを傷めにくい

・専用クリーナーがついているので、準備に時間がかからない

・コーティングまでセルフで施工可能

この商品は通常価格3,680円となっています。面倒な作業なしに、ヘッドライトがピカピカになるので、車のメンテナンスに役立つ商品です。

速度に関してはもちろんですが、安全にドライブするために、車の状態もチェックしておきましょう。

avatar
オービスについて理解していただけましたか!

速度違反の車を発見する大切な装置なのですね!

海外で日本のナンバーのまま走ることは可能?必要な手続きを紹介前のページ

走行中にRのギアに入れたらどうなる?ギアのシフトチェンジについて知ろう!次のページ

関連記事

  1. 記事

    amazonで大人気のCarZoot社の『HeadLightRestoration/ヘッドライトレス…

    amazonでヘッドライトのクリーナーを探していた所、amazonの…

  2. 記事

    軽自動車に力士4人?軽自動車の重量制限はないのか?無事走れるのか?徹底解説!

    軽自動車は小回りも効いて、維持費も安く、おまけによく走るので、多くの…

  3. 記事

    車じゃないといけない!ドライブで行きたいカフェ巡り~島根県~

    中国地方の北部に位置し、日本海に面している島根県。島根県の観光スポッ…

  4. 記事

    公道を走行する際の重量制限は36t?徹底解説します!

    あなたが普段使っている道路。自動車を運転する際には、必ず使わなければ…

  5. 記事

    福井県でおすすめの貸し切りバス業者!万全のコロナ対策で安心の業者を集めました!

    美味しい海の幸と雄大な自然が魅力の福井県。そんな福井県を観光するには…

  6. 記事

    長野県には魅力的な夜景スポットあり!イベントが開催されるスポットも紹介!

    夜景を見ながらのデートは最高です。デート場所として、夜景がきれいな場…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    自動車税が払えないとどうなるの?罰則や猶予などを紹介!
  2. 記事

    ケンタッキーが支払いにETCを導入?その仕組みを解説!
  3. 記事

    【山形でトレッキング!】頂上から絶景が見れるおすすめの山をご紹介
  4. 記事

    トヨタが発売しているミライってどんな車?従来と新型を比較!
  5. 記事

    長野県は自然豊かな釣りスポットが多数!家族で 楽しみたい方必見!
PAGE TOP