エンジンの寿命とカーライフ

   
 

いつものように愛車に乗り、いつものように運転していたら、何か車の動きに違和感を感じる。そんな経験はありませんか?ちょっとした故障で済めばまだ良いですが、症状によってはエンジンの寿命が近づいてきているサインかも知れません。どんな車にもいつかはエンジンの寿命は必ず訪れます。今回はエンジンの寿命について気になる動作から紹介します。

動作別判断ポイント

歯車, 運動, マシン, 検索エンジン最適化, Seo, 伝送, グループ, 業界, 集団, 力学

エンジンが寿命に近づいてきたと判断できる動作は複数あります。以下に紹介するポイントに一つでも当てはまれば、ディーラーや修理工場に相談される事をおススメします。一般的にエンジン本体は普通に使っていれば距離にして約30万km、年数にして約15年持つと言われています。

また、エンジンの修理にかかる費用が車の購入金額と使用年数などから考えられる償却コストより高ければ、エンジンそのものに関係なく、車全体の寿命とも言えますので買い替えの検討や相談をされる事も併せておススメします。

白い排気ガス

まずは白煙がマフラーからあがっている事を目視できるという場合です。これは円筒形のシリンダーと呼ばれる部品内にまで入り込んだオイルが燃えているからで、気密性が保てない状態となっています。そのためオーバーホールが必要になりますが、シリンダーは複数で構成されており、この大きくなってしまったシリンダーの隙間を元に戻すことはかなり難しい為、実質寿命という事になってしまいます。

異音

次はエンジンがかかっている状態で異音がエンジンルーム方面から聞こえてくる場合です。停止中と走行中で音に違いがある場合もありますが、基本的にはエンジンの回転に合わせて、カンカン、カラカラなどといった風に聞こえてきます。

これは内部の摩耗が激しくなって、隙間が大きくなり、部品が当たって動いている状態になります。また、隙間は大きくなるに従い、音も大きくなってきます。その為破損する可能性はかなり高く、寿命と判断されます。

オイルの減り具合

運転前に毎回される方は多くないと思いますが、定期的にエンジンオイルの減り具合はオイルレベルゲージを布などに当ててチェックされると思います。走行を重ねると少しずつ減るものではありますが、半年に一回など定期点検に出されているような場合、目に見えて減っているようであれば、シリンダーなどに漏れて入り込んでしまっていると思われます。修理工場などで寿命の判断をしてもらいましょう。

ピストン圧力

ここからは運転中ではなく、主に点検などで判明する事例になります。ピストンの圧縮する圧力が弱い場合です。オイル漏れによる潤滑不足や、冷却水不足によるオーバーヒートでシリンダーにゆがみが発生し、ピストンの圧縮、気密性が保てなくなります。これについては目安となる値を下回れば寿命と判断されます。

その他、まとめ

今回紹介した動作や症状は、運転中にあまり後ろを見ないドライバーや大音量で音楽を聴いているドライバー、出発前のセルフ点検を怠り気味なドライバーだと見逃してしまう事もあるかも知れません。理想は毎回ですが、定期的に車の様子に注意を向けることが大事です。

また、異常が即寿命というわけではないですが、電気関係の故障についてもセンサーの劣化や、配線の断裂など場合によっては復旧ができないシチュエーションもあります。これらは点検に出さないと分かりにくいところですので、注意しましょう。

部品の摩耗からボディを守る

今回紹介したエンジンに限らず、少しずつの劣化が車自体の寿命に繋がっています。そのような中、ブレーキの削りカスや、回転部分などの摩擦部から鉄粉を発生する事があると思います。また、道路環境の中には工事現場や線路もあり、そこから鉄粉が付着することもあります。

「CarZoot 車 ボディ 鉄粉 除去 鉄粉除去 洗車 ボディクリーナー」ならノーコンパウンドのプロ仕様ですので、シャンプーでは除去がしにくいボディにつく頑固な鉄粉を、愛車のボディを傷つけることなく除去することができます。

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

ランボルギーニがAmazonアレクサを採用した車を発表!内容や詳細を紹介前のページ

ファルシアクラリオンのAI顔認証サービスって何?次のページ

関連記事

  1. 記事

    徳島県でオススメの運転代行3選!

    後で車を運転しなければならないのに、つい場の雰囲気に流されてお酒を飲…

  2. 記事

    車で行きたい!広島県のフォトジェニックな人気カフェ

    中国地方最大の都市「広島市」に県庁所在地を構える広島県。宮島・厳島神…

  3. 記事

    ここに行けば秋田県で交通ルールが学べたり、運転体験ができるという施設!

    秋田県の魅力は、豊かな自然と澄んだ空気です。ただ、自家用車が無ければ…

  4. 記事

    サイレンはなってないときや回転灯が回ってない時は捕まらない?事実をまとめて紹介

    サイレンなしで赤色灯をつけて走っているパトカーを見ると、パトカーがど…

  5. 記事

    私がおすすめしたいランチアを徹底解説!! 2020年度版 

    イタリア、トリノに本社を置く自動車メーカーの「ランチア」。1906年…

  6. 記事

    岩手県の電気自動車の充電スタンドのまとめ情報!

    電気自動車の販売台数が増えており、使用している方も多いです。しかし、…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    千葉県で必ず行きたい道の駅について!2020年度版をご紹介!
  2. 未分類

    インフルエンザウイルスを車内から消したい方必見!対策を伝授!
  3. 記事

    愛車をいつも綺麗に保とうよ!鳥取のトラック洗車場を紹介!
  4. 記事

    レクサスは高級車ブランドとして人気が高い!レクサスの歴史と車種を解説!
  5. 記事

    福岡でカー用品を探すなら?博多区など人気でおすすめの店舗5選!
PAGE TOP