エキゾーストマニホールドって何でしょうか?どんなものか徹底解説!

   
 

「エキゾーストマニホールド」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉を耳にして車に関する用語たと感じた人は、かなりカーマニアかもしれません。

しかし、多くの人は詳しくが知らないことでしょう。

そこで、この記事では、エキゾーストマニホールドについて解説していきます。

エキゾーストマニホールドとは何?

エキゾーストマニホールドは、エンジン等の内燃機関における排気管の中で、いくつかの排気流路を1つに集める多岐管(マニホール)のことを指しています。

日本では「エキゾーストマニフォールド」を略して「エキマニ」と呼んでいることが多いのですが、クネクネ曲がった形をしていることから、「タコ足」と呼ばれることが多いです。

独特の形をしているエキマニ

このエキゾーストマニホールドは、エンジン内で燃焼されたガスを排気する過程の中で、まず初めに通過する部分に当たります。

エンジンの各シリンダーから排気を集まり、マフラーに流れていきますが、この時にとても高い温度状態にある排気ガスをスムーズに1本~2本のマフラーに集合させるために、排気の流れも効率性が高まるように複雑なカーブの構造になっているのです。

エキゾーストマニホールドの役割とはどんなこと?

純正のエキゾーストマニホールドの多くは、鋳鉄やステンレスの材質が使われていますが、非純正品(社外品)を見ると、ステンレス製に加えチタン製もあり、様々な成形を試みることで、排気効率を高めることできたり、騒音や振動を低減したり防ぐ効果も得られます。

エンジンから排気をする時の距離はポートから1つのパイプに集合するまでの長さが異なっているのですが、排気ポートからパイプまでの長さを均等にすることで、排気効率が格段にアップしていきます。

そのためにエキゾーストマニホールドは、パイプに排気が集まるまでの各ポートからの長さを調整する働きがあるわけです。

エキマニはスポーツ走行で欠かせないパーツ!

エキマニは、スポーツ走行において重要な役割を果たしています。

レースなどの高速走行場面では排気効率を向上させることが要求されてきます。

そこで排気をスムーズに流れるようにすることで、次行程の燃焼がスムーズになっていき、エンジン出力を向上させるのとか可能になってきます。

また、エキマニは排気効率を上げる効果だけでなく、エンジンの特性を変える役割を果たしています。

特にスピード競技の中では、エキマニの役割が重要になっています。

エンジンがスムーズに高回転で稼働するようになりトルクも向上するからです。

そのために、サーキット場では車をチューニングする時にエキマニの換装されているのです。

ユニークな形をしているエキマニ

しかし、エキゾーストマニホールドは、どうしてクネクネした形をしているのでしょうか?

エキマニは、前述のようにエンジンの各排気ポートから排出されたガスを1本に集める役割を持っています。

一例を挙げると、4気筒エンジンの場合は4本の排気パイプを1つにまとめています。

この時、4本の排気パイプは全て同じ長さでないと、1つに集める時に気流の流れが不均等になってしまい、効率の良い排気ができません。

しかし、4本の並んだ各排気ポートから1つにまとまるまで排気パイプの長さが、1つにまとまるまでの場所まで各ポートの長さが異なっています。

そのために、1つに集合する点まで最も長くなる排気パイプの長さに、他の3本の排気パイプの長さを合わせるのです。

その結果、クネクネと曲げて各パイプが絡み合うように見えるのです。

また、パイプの長さを同じにするだけでなく、適切なカーブによって排気の流れを向上させる効果も生まれてきます。

エキゾーストマニホールドのメリット

エキマニのメリットを考えると、前項でも触れたようにエンジン特性を変化させて排気効率も高めることができる点があります。

他のチューンアップとセットでエンジン出力アップも可能です。

そのやり方次第で高回転重視、中低速トルク重視というようなチューニングも可能です。

しかし、エキマニに装着した時の外観美も特徴的です。

絶妙なカーブの形をしており、とても美しいカラーリングが目立ってきます。

エキマニの焼き色が見事でチタン製エキマニになると、とてもきれいな虹色に焼き色に仕上がっていますので、外観的な魅力か際立つのです。

純正ではないエキマニを装着することで、チューニングされている車の雰囲気を大きくアピールすることができるようになります。

デメリット

その一方で、コストパフォーマンスが悪いという点がエキマニのデメリットとなります。

通常のノーマル車でも排気効率は高く設計されていますが、費用をかけて換装しても、出力のアップ幅は僅かです。

しかも、エンジン内に熱がこもりやすく、純正ではないエキマニは遮熱版が付いていないことが多く、エンジンルームに熱がこもりやすくなります。

その結果、オーバーヒートの原因になる可能性が否定できません。

エンジンルーム内部のプラスチック部分も、高耐熱に設計されていますが、純正ではないエキマニで熱が多く発生するとそれだけパーツにも大きな負荷をかけてしまいます。

そのために社外品のエキマニに換装させる場合のデメリットや対策をしっかりと理解しておく必要があります。

エキマニを使うならこれがおすすめ

もし、社外品のエキマニを装着して、走りを楽しくさせたいのであれば、次のようなものがおすすめです。

エクスプリーム

エクスプリームは、 チューンアップの老舗ベンダーが作るエキマニです。

 東名パワードという会社が手掛けており、1968年に日産のワークスドライバーだった鈴木氏が設立したメーカーです。

日産のレーシングコンストラクターとしての経験を活かして、 様々なレーシングエンジンの開発・制作・チューニングを行っているので、折り紙つきのエキマニです。

MONSTER SPORT製ZC32S用エキマニ

次に紹介するのは、MONSTER SPORT製ZC32S用エキゾーストマニホールド。    

ステンレスの特性が最大限に発揮されており、とても美しい造形美と中速域のトルク特性を重視して開発されたエキマニです。

このようにエキマニは、走る人の楽しみを最大化できるパーツなのかもしれません。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発にした、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

外観を美しく見せるエキマニに換装するだけでなく、「G’Polymer Neo」で車の美しさもキープしておきたいものです。

タービンブローってどんな症状?原因や対策を徹底解説!前のページ

車の最高級シートと言われる「アルカンターラ」って何?次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知県で車中泊グッズを買いに行こう!おすすめ店舗はどこ?

    皆さんは車中泊をしたことがあるでしょうか?車内は狭くて、寝苦しいだろ…

  2. 未分類

    FMトランスミッター使用中に他の音が聞こえる。その理由は?対策法もご紹介!

    みなさんは、FMトランスミッターを使用中に、他の雑音が入ってきて聞こ…

  3. 記事

    【車も立ち往生】大雪対策の基本方針を国交相が変更した2021年

    「大雪対策の基本方針について詳しく知りたい。」「SNSに見る…

  4. 記事

    おしゃれなカー用品のブランドまとめ!人気のグッズを厳選してご紹介

    「よし!ドライブに行こう!」と思い立って、愛車を見たら、なんだか気分…

  5. 記事

    ロシア大統領専用車はどんな車種に乗っているのか?

    プーチン大統領専用車をご存知でしょうか。まずロシアの自動車と言えば、…

  6. 記事

    ノルウェー・オランダがすごい!EV普及に力を入れている国をご紹介!

    世界各国で生産が進んでいるのがEV車ですが、残念ながら日本は遅れを取…

新着記事の一覧

  1. バイパスとは何?今さら聞けないバイパスについて詳しくご紹介!…
  2. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  3. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  4. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  5. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  1. 記事

    青森県の免許センター・運転免許試験場の特徴を紹介!
  2. 記事

    油圧ショベルにはどんな特徴があるのか?徹底的にご紹介!
  3. 未分類

    これで完璧!おすすめ車の消臭剤
  4. 記事

    チームトムスが2021年の4チーム体制を発表!ジュリアーノ・アレンジを起用!
  5. 記事

    地域で異なる春に向けた自動車のメンテナンス
PAGE TOP