ウインカーが壊れた際の原因と対策を徹底公開!

   
 

車を運転していて曲がるとき、停車するとき、ウインカーを使います。ウインカーがないと周りに自分の行動を知らせられませんし、他の車の行動も予測不能です。ウインカーが壊れたら事故を起こしかねません。

そこで今回は、万が一ウインカーが壊れた際の対処方法をご紹介します。これを知っていれば急な故障にも落ち着いて対処できます。

ウインカーが点滅しなくなる原因

ウインカーは運転中の動作の中でも使用頻度がかなり高いのでどうしても故障してしまいがちです。ウインカーの故障といえば点滅しなくなることがほとんどですが、故障の原因は決して一つではありません。いくつかの原因を知っておくと素早い対処方法がわかるので、急に故障してしまったという時に慌てなくて済みます。早めの判断と対処で事故原因を減らし、安心して運転再開しましょう。

故障の9割を占めるウインカーリレー

点滅しなくなる原因の多くは、ウインカーリレーの故障によるものです。ウインカーリレーのスイッチが入ったり切れたりすることよって点滅が起こります。ここにうまく電気が通らないと点滅しません。配線の故障や電圧が低くなっていることが考えられます。ウインカーリレーが故障している場合場はカーショップなどで修理をしてもらいます。

その他の故障原因

案外多いのが電球です。電球の原因は球切れやさびの発生です。

配線の断線や接触不良。

バッテリーの劣化もあります。エンジンをかけてしばらくウインカーが動かない、時間が経つと動くときはバッテリー交換を早めに考えてください。

最近ではLEDライトに交換したらウインカーリレーがLED対応のものではなく点滅しないこともあります。またLEDの消費電力が少なく、球切れと勘違いして早く点滅することもあります。これは変えた時から症状が出るので気づきやすいタイプです。球切れと勘違いしている場合は、LEDをやめるか早い点滅を防止するウインカーリレーを使うことによって防げます。

ウインカーが壊れた時の対処法

ソース画像を表示

カーショップで修理してもらう

球切れやバッテリーの交換は、部品があれば数十分で終わることもあります。取り寄せの場合は数週間かかることもあるので早めの問い合わせをしてください。

LEDは長持ちする分、部品代も電球と比べると高くなります。タイミングが良ければ中古で安く取り寄せできることもありますが、長い目を見れば損はないので、すぐ見つからない時は新品をつけてもらいましょう。

自分で修理する

ウインカーやハザードランプを使い、どの電球が切れているか確認します。ボンネットを開けると電球を覆っているカプラーがあるので、時計回りに回して外します。カーショップやホームセンターで売っている電球と交換します。あとはカプラーを元に戻しボンネットを閉め、点滅するか確認したら完了です。

LEDでの不調を紹介した際のウインカーリレーの交換は、配線を操作します。きちんと設置できないと発火などの恐れもあるので、プロにお願いしましょう。

ウインカーが壊れたら早めの対策を

ウインカーが壊れていると事故を誘発してしまうのはもちろんですが、ランプが切れていると道路交通法違反になります。免許証の減点と罰金が科せられます。

たまにウインカーが速く点滅している車を見ます。ハイフラッシャー減少、俗にいうハイフラです。あれはウインカー内の電球が一つでも切れていると、電球切れを知らせるためにわざと早くなるように設計されています。

車に乗っていると、外についているウインカーの不調に気づかないこともあります。また、前は気づいても後ろを見落とすこともよくあります。正常に動いているか外からの確認を定期的にお勧めします。

東京都でタイヤを交換するならこのお店!スピーディーでリーズナブル!前のページ

侵入者を遮断!!カーポートの電動ゲートで車だけじゃない 防犯には最適!次のページ

関連記事

  1. 記事

    4月8日はタイヤの日 横浜ゴムがタイヤ啓発活動を開始!!

    日本では毎年4月8日がタイヤの日ということをご存知の方はどれくらいお…

  2. 記事

    コンビニに車が突っ込む事故が多いけど損害はどれくらいなの?

    コンビニに車が突っ込む事故は多く発生しています。コンビニに車が突っ込…

  3. 記事

    トヨタのアクアのカスタマイズカー「リルヴィー」 について紹介!

    トヨタのハイブリッドカーアクアを知っていますか?2012年の…

  4. 記事

    シボレーのトラバースという車をご存知ですか?一体どんな車?また中古車は販売されているの?

    車が大好きな人であれば、「トラバース」という車をご存知でしょう。…

  5. 記事

    車好きなら知っておきたい「パティケイク$」ってどんな映画

    パティ・ケイクは2018年にアメリカで公開された映画で、ラップの高揚…

  6. 記事

    【2021年】過去1年で起きた車タイヤの空気充てん作業中の死亡事故|その原因とは?

    日本自動車タイヤ協会は3月15日、2020年タイヤの空気充てん作業・…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    ブルキナファソの交通事情と博物館を紹介します 2021年最新版 
  2. 記事

    【50代女性】2021年6・7月に着たい運転できるおすすめ最新ファッション
  3. 記事

    日本精機はどんな会社?計器部品の子会社を統合!
  4. 記事

    モテたい男子必見!彼女をその気にさせる福岡県のおすすめ夜景スポット3選 
  5. 記事

    電波遮断シートでリレーアタックシート対策!大切な自動車を守ろう!
PAGE TOP