ウィズコロナ時代の新しい日常へジャガー・ランドローバーの「非接触式タッチスクリーン」

   
 

2019年12月から、世界的に猛威を振るっている「新型コロナウイルス(COVID-19)」。
2020年8月の現在も、未だその勢いは止まることなく、私たちの生活スタイルも「新たな生活様式」や「働き方の新しいスタイル」などを取り入れることを余儀なくされています。

これにより、私たちの生活の中でも、コンビニやスーパーに設置されたセルフレジやキャッシュレスによる支払いなどが増加し、非接触による技術がさらに注目を集めています。

ウィズコロナ時代の新常識に。非接触式タッチスクリーン

2020年7月23日(現地時間)、ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は特許技術を取得した非接触式のタッチスクリーン「Predictive Touch(予測タッチ)」をケンブリッジ大学と共同で開発したと発表しました。
「Predictive Touch(予測タッチ)」は、人工知能(AI)とセンサーを使用し、運転中にドライバーがタッチスクリーン上でユーザーが押そうと考えているボタンをいち早く予測し、応答時間を早めることができるので、ボタンに触れる必要がなく、ナビゲーションや車内の温度調整、音楽の音量設定などの操作ができるシステムです。

ランド・ローバーのヒューマンマシンインターフェーステクニカルスペシャリストのリー・スクリプチャックは次のように語っています。
「世界各国で発生しているロックダウン(都市封鎖)が解除されるようになると、鉄道や空港のチェックイン、ATM、映画のチケット購入、スーパーパーケットのセルフレジなど様々な場所で日常的にタッチスクリーンを使用していることが多いことに気が付きます。予測タッチ技術により、インタラクティブディスプレイに触れる必要がなくなるため、最近やウイルス拡大のリスクを軽減することができるのです。また、この技術はドライバーが運転に集中できるため、より安全な運転を可能にします。これは、“Destination Zero”に重要な要素です。」

「Predictive Touch(予測タッチ)」の技術でさらに安全なドライブを可能に

ジャガー・ランドローバーは、社会をより安全で健康に、環境をよりクリーンにする「ゼロ・エミッション」、「事故ゼロ」、「渋滞ゼロ」の未来を目指す「Destination Zero(ディスティネーション・ゼロ)」ミッションを掲げています。

「Predictive Touch(予測タッチ)」の路上試験やラボテストでは、従来のタッチスクリーンの使用時にタッチスクリーンを見る、操作するなどの労力に要する時間よりも、最大50%削減できることが実証されています。
つまり、ドライバーがタッチパネルの操作でわき見をしてしまうと、運転から注意をそらしてしまうため、事故につながりますが、その危険性が50%削減されたというわけです。

ケンブリッジ大学工学部のプロジェクトリーダーのサイモン・ゴッドシルは、次のように語っています。

「タッチスクリーンなどのインタラクティブディスプレイは、誰もが1日に何回も利用しています。運転中やランニング中の操作など、動いている間の操作は時に難しい場合があります。また、特定の病原体は物の表面を通じて感染する可能性があることも分かっています。そのため、この技術は感染のリスク軽減することにも役立ちます。」

まとめ

私たちの生活は、新型コロナウイルス感染症の流行により大きな変化を強いられました。

クルマの運転においてもその変化は必要不可欠なものであり、日々様々な技術開発が進んでいます。
ジャガー・ランドローバーが開発した「Predictive Touch(予測タッチ)」のように進化を続けるクルマのユーザーインタフェース。非接触型のスクリーンや、音声操作の技術などが今後さらに進化し取り入れられることで安全な運転をサポートしていくことでしょう。このようなクルマメーカーの技術者たちの想いや努力を知り、安全なカーライフを送るため、私たちができる事をしっかりと考えていきたいものです。

avatar
本日のおすすめはこちら

奈良県に行くなら立ち寄って!高速道路のオススメSAグルメ!前のページ

自動車免許取得で注意したいこと3選 次のページ

関連記事

  1. 記事

    リムジンを運転する方法!免許は普通免許でも大丈夫なのか?

    あなたはリムジンに乗られたことがあるでしょうか?中々リムジンに乗る機…

  2. 記事

    ファミリーにおすすめ!トヨタのエクストレイルってご存じですか? 

    皆さんは自動車を購入する予定はありますか?はじめて車を買おうという方…

  3. 記事

    若者の車離れが深刻化!理由は所得が低いから?原因と打開策とは

    「若者の車離れ」という言葉を昨今耳にします。身近に車離れを感じること…

  4. 記事

    【8倍超えのアルコールを検出!?】泥酔状態で車を運転し街路灯をなぎ倒す事故が福岡県太宰府市で発生!

    飲酒運転がなかなかなくなりません。心を痛めている方も多いのではありま…

  5. 記事

    EUの基準に不適合!三菱電機のオーディオ品質不正の余波広がる

    自動車ファンとしては、非常に残念なニュースが飛び込んできました。自動…

  6. 記事

    冠はCSかCSL?「BMW・M4」最強モデルが高速テストでボディパネルを披露!

    2021年4月のある日、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで「BM…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. デザイナーB

    三重県で交通事故に強い弁護士や弁護士事務所を紹介
  2. 記事

    トラックも駐められる!?京都府西京区で安い駐車場3つ!
  3. 記事

    【自動車業界1位のトヨタが!】2021年春闘の結果満額回答した件
  4. 記事

    【2021年最新版】神奈川県内でおすすめのスイーツ店はこちら!
  5. 記事

    ルノー ラグナはルノーの最上級!中古車市場でチェックしてみよう
PAGE TOP