イギリスの伝統「モーガン」

   
 

車好きならイギリスの伝統的な名車「モーガン」の名前は聞いたことがあるかと思います。その始まりは古く、1912年に設立されて以来変わらないスタイルで今なお根強いファンをもつくスポーツカーメーカです。今回はそんなイギリスの少量生産メーカーの一つ「モーガン」の歴史を見ていきたいと思います。

一族による家族経営

創始者のヘンリー・フレデリック・スターリン・モーガンは1881年に、国教会牧師のHGモーガンの子供として、イギリスのヘレフォードシャーのモートン・ジェフリーズ牧師館で産まれました。エンジニア学校卒を卒業した後、当時のイギリス4大鉄道会社の一つ「グレート・ウェスタン鉄道」の主任技師に弟子入りしました。そこから7年間設計事務所の設計技師として働きました。働いていた当時、借り物であったベンツで事故を起こし身体は無事でしたが、修理代金で自分用の車を買う夢が遠のきます。そして1906年7年間務めた会社を辞め、マルバーン・リンクでガレージを建て自動車会社を始めました。会社も軌道に乗り念願だった自家用車として、イーグル・タンデムを購入することが出来ました。このイーグルを買った経験が活かされプジョー製の7馬力2気筒エンジンを載せた三輪車「リトルスター」が誕生します。これは当時サイクルカーと呼ばれ、今日まで続くモーガン・ラナバウトの最初の形でした。

人気の得たリトルスター

リトルスターは軽量なボディと堅牢なフレーム、独立したフロントサスペンションを持ち、当時としては類を見ないパワーウエイトレシオの加速性能で人気が出ました。当時のガレージには工作機械が少なかったのですが、周りから多くの援助を得ることが出来製造は続けられていました。最初こそ少数台数の車両の制作のみだったのですが、人気がでたことで、牧師の父から資金援助を受け、機械の導入台数を増やしガレージを拡大していきます。そして、1912年「モーガン・モーター・カンパニー」を設立することになります。資金援助をしてくれた父を会長に置き、自身を社長とし会社経営をスタートしました。スターリン・モーガンは1959年にこの世を去り、次に代表になったのは息子のピーター・モーガンで2003年まで社長を務め、ピーター亡き後はその子供のチャールズ・モーガンが就任し現在に至ります。

変わることのない名車

モーガン社の車は当初、3ホイーラーによって成り立っておりこれが各方面で成功を納め、会社の地盤を築くこととなります。それから26年後の1936年市場の変化や要望もあり、3ホイーラーの水冷直列エンジンから4輪に仕上げた「4/4」を製造することになります。これ以来モーガン社は、現在まで基本構造の同じこの車を生産し続けています。

伝統を引き継ぐ

モーガン社の車の特徴はやはりその変わらないモデルでしょう。4/4になってからは一度もフルモデルチェンジされることはなくエクステリアにも大きな変更はありませんでした。そして、現代ではありえない木材によるフレームや手作業で生産されるレザーシート、ハンドメイドされるボディや内装など、伝統を引き継ぎ生み出される精神こそがモーガンの車です。

現代でも愛され

2000年には実に64年振りの新作「エアロ8」が発表されました。従来通り木製フレームを採用しつつ、アルミ製ボディや、美しい湾曲をデザインとしたクラシカルを残しつつ新しさも持ち合わせたモデルとなりました。

世界では約50のディーラーにより販売されており、注文時には1000ポンド、日本円にして約15万円の納入が義務付けられており、納車までに最長で1年かかるなどの特徴を持ちます。

まとめ

日本では何かとイギリスコスプレの道具として登場しますが、本場イギリスでは今なおサーキットを疾走し続けるドライビングマシンとなっています。そして、現代でも電子機器に頼らず作られていることはモーガンにとって最大の特徴です。これから最新の技術が生まれる中、最後まで伝統を貫き通して欲しいと願います。

強力!ヘッドライトの黄ばみ落とし

avatar
本日のおすすめ商品はこちら

世界のセレブに愛されるロールスロイス 前のページ

「007」で有名なアストンマーティン次のページ

関連記事

  1. 記事

    2020ファミリーカーの売れ筋ランキング!

    昨今、新型コロナウイルスの影響で車移動が増えています。それだけではな…

  2. 記事

    車にハンドルリモコンを取り付けて安全にナビを利用しよう!

    運転中にスマートフォンの操作をしていると罰則対象になります。…

  3. 記事

    車の交通事故に役立つ!AEDの設置場所と値段とは?

    AEDはどこに設置されているのでしょうか?使うような状況になったとし…

  4. 記事

    車のコーティングは親水と撥水のどちらがおすすめ?選び方を解説!

    いまや、愛車のボディ保護はワックスからコーティングに時代は変わりつつ…

  5. 記事

    世界一のトヨタの歴史を動画を入れて紹介!

    車について物知りな方でトヨタについて詳しく知りたい。といった方はいま…

  6. 記事

    オービスの前にはなぜ看板がある?オービス看板設置の理由を徹底解説!

    オービスの手前には、オービスの存在を知らせる看板があります。スピード…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    名古屋走りって何?危険走行が行われる理由にも迫ってみた!
  2. 記事

    沖縄県で安い代行運転業者のおすすめを徹底ご紹介!
  3. 記事

    車中泊には網戸がいちおし!動画を参考に徹底調査!
  4. 記事

    カングー限定のオートキャンプ開催!カングーの魅力とは?徹底解説!
  5. 記事

    自動車のリコールで多い部分を徹底調査!リコール情報を要チェックしよう!
PAGE TOP