アンティグア・バーブーダでは運転免許証を現地で取得する必要あり!注意点などを紹介

   
 

「アンティグア・バーブーダ」では日本とは異なる交通事情があるので、あらかじめ注意点を把握しておくことが大切です。運転免許証を現地で取得することや交通事情などをあらかじめチェックしておきましょう。穴場スポットもご紹介しますので、「アンティグア・バーブーダ」でドライブする予定の方は参考にしてみてください。

 アンティグア・バーブーダでドライブする際の注意点を把握しておこう

アンティグア・バーブーダでドライブする際は、運転免許証の取得や交通事情などを把握しておく必要があります。日本と違う点もあるので、スムーズにドライブできるよう、情報収集しておきましょう。また、アンティグア・バーブーダには、ドライブの穴場スポットもあります。

アンティグア・バーブーダでドライブする際の注意点などについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

運転免許証は現地で取得する必要あり

アンティグア・バーブーダでドライブする際、国際運転免許証をそのままの状態では、利用ができなくなっています。アンティグア・バーブーダの運転免許証を取得しなければなりません。

運転免許証に関しては、レンタカー会社が代行してくれるケースが多いです。取得する際は、以下のものが必要です。

  • 写真
  • 国際運転免許証
  • 入国スタンプが押された旅券
  • 日本の免許証
  • 手数料

有効期間は3か月間となっているので、注意しましょう。

アンティグア・バーブーダの道路事情

アンティグア・バーブーダは、入り組んだ道が多いです。そのため、交差点や一方通行の道も多くなっています。交差点が多いにも関わらず、信号機がほとんど設置されていないので、戸惑う方も多いでしょう。

また,一時停止の標識がない交差点も多く、どちらが優先道路か分からないというケースもあります。標識がなくても、交差点では徐行や一時停止をしましょう。

アンティグア・バーブーダは日本と同じ左側通行

アンティグア・バーブーダは日本と同じ左側通行となっています。ただし、日本よりもスピードを出している車や無理な追い越しをしようとするドライバーが多いです。

事故に巻き込まれないよう、十分に車間距離をあけたり、後続車に譲るなどの配慮をしましょう。保険に加入しておくのが安心です。

「サンクリストバル・エルアルト」 がおすすめの穴場スポット

 「サンクリストバル・エルアルト」という街からの眺めが、穴場スポットとなっています。ンティグアの街並みを一望できるスポットで、アンティグアから車で15分程度の場所にあります。ドライブする距離としてもちょうど良いでしょう。

大自然を眺められるので、リフレッシュできます。特に、レストラン「CERRO」からの眺めは最高です。

CERROの基本情報

住所:San Cristobal el Alto, Sacatepequez

電話番号:+502-5941-8145

営業時間:8時~19時(土日は7時30分~20時)

[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』

アンティグア・バーブーダでドライブする際は、運転免許証の取得や交通事情などを把握しておきましょう。ところで、車の状態はいかがでしょうか。

[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』」で車をピカピカにできます。

・使うたびに艶が出るのが魅力

・汚れが付きにくくなるのでメンテナンスが楽

・塗りムラが生じにくく、誰でもきれいに仕上げられる

施工するたびに艶が出るので大人気の商品です。 車をコーティングすることで、車のメンテナンスがとても楽になります。車をきれいな状態にキープしたい方は、参考にしてみてくだ

アンゴラでは車にのってサファリを楽しもう!「キッサマ国立公園」が人気前のページ

アンドラでのドライブのベストシーズンは5月~9月!次のページ

関連記事

  1. 記事

    オペルモッカXの祖先は日本車と親戚

    2021年から日本国内に導入予定のオペルモッカX。モッカの生産販売を…

  2. 記事

    【トヨタヤリス専用】2020年おすすめアクセサリーを紹介 

    2020年2月、トヨタはヴィッツをフルモデルチェンジさせ、新型モデル…

  3. 記事

    EVのバッテリー用リチウムやコバルトが不足!原料不足で足かせになるのか?

    自動車業界が今空前のV字回復をみせています。しかし、その業績回復に水…

  4. 記事

    青森県でGOTOトラベルキャンペーンを使ってここに行こう!おすすめ徹底調査!

    本州の最北端、青森県。冬は雪深い雪国というイメージですが、青森には魅…

  5. 記事

    英語で受講可能!北信越地方の自動車学校を紹介!

    自動車を運転するためには、自動車学校や自動車免許合宿を修了して免許証…

  6. 記事

    バブル景気後半に販売されたコンチェルト1988年モデルをご紹介

    バブル景気後半に登場した「ホンダ・コンチェルト」は当時のバブリー車に…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 記事

    グッドイヤーのスタッドレスタイヤは極上シリカの採用でブレーキング性能が格段にアッ…
  2. 未分類

    おすすめのホイールコーティング剤
  3. 記事

    【ふっけい君】福岡県の交通安全警察マスコットキャラクターをご紹介!
  4. 記事

    Appleが2024年にEV生産開始を検討その狙いについて迫る
  5. 未分類

    アルミモールコーティングで傷から守る?
PAGE TOP