アルピーヌの人気車種を徹底解説!! 2020年度版  

   
 

日本でも根強い人気を持っている外国車メーカーの1つのアルピーヌが挙げられます。

アルピーヌの車を手にしたオーナーは、もう他の車に目を向けないほどです。

そこで今回は、このアルピーヌのおすすめな車種をご紹介していくことにします。

アルピーヌ社とは?

アルピーヌはフランスの自動車メーカーで、1973年にルノーに買収されから以降、2012年までルノー社の100%出資の子会社でした。

現在は「ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ・ルノー」という社名で魅力的な車を世に出しています。

同社でも、色々な車種があるのですが、新しい車としては、なんと「A110」という車に絞られています。

これだけだど、何となく寂しい印象になってしまうのですが、それだけにかなり魅力的な車で多くのファンを魅了しています。

A110カラーエディション

アルピーヌは1956年に設立された会社で、元々は主にルノー車のチューンアップやレース仕様車を手掛けていました。

それが前項でも説明したように1973年にルノーの傘下に入ったのですが、1995年に発表したアルピーヌ・A610以降、新しいモデルのリリースはしていませんでした。

しかし、2017年に新型のアルピーヌA110をリリースしたのです。

このA110は、2020年に入り、カラーエディションを期間限定(2020年6月5日~2021年3月31日)の受注生産モデルとして、アルピーヌ・ジャポン公式Webサイトや正規販売代理店で申し込みの受付が行われました。

限定ボディカラーのA110を毎年登場させるプログラム「アルピーヌA110カラーエディション」を展開しているのですが、A110カラーエディション2020は「A110S」がベースの車両。

ボディカラーは、ブラックエンブレムモノグラムで、カーボンルーフやブラック18インチホイールというブラックカラーのパーツで際立ったコントラストが特徴的で、高いスポーティーな印象を与える車に仕上がっています。

イエローのボディが、これらA110ロゴ、アルピーヌモノグラム、18インチGT Raceアルミホイール、フロントLEDヘッドライトのインサート等のブラックな箇所と対照的なテイストとなっていることが印象的です。

ベースとなるカラーリングのイエローは、1960年~1970年代に人気を呼んだ集中したアルピーヌのボディカラーを再現したもの。

アルピーヌのエンジニアが、最新の素材を使って、このイエローをゼロベースで丹念に作り直したのですから、新たな魅力に対するこだわりが見えてきます。

特にブレーキキャリパーがアンスラサイト仕様となり、オプションでカーボンファイバー製のルーフを選べる点も、このモデルならではの特徴です。

カラーエディションのスペック

・全長×全幅×全高:4205×1800×1250mm

・ホイールベース:2420mm

・車両重量:1120kg

・エンジン:直列4DOHCターボ

・総排気量:1798cc

・最高出力:292ps/6420rpm

・最大トルク:320Nm/2000rpm

・駆動方式:MR

・トランスミッション:7速DCT

・希望小売価格:911万円(税込)

A110に限定車 2モデル

次に紹介するのは、限定2モデルのA110シリーズです。

限定となるモデルは、「ノワール」と「ブルー アビスを」の2タイプ。

「ノワール」は、ブラックのボディカラーにブラック内装の組み合わせで、統一感を図り、スポーティーなフォルムとシルエットで、 力強いアグレッシブなイメージを強調させています。

「ノワール プロフォン メタリック」のボディーカラーとブラックレザーのサベルト製スポーツシートは、その魅力をさらに引き上げています。

一方の「ブルー アビス」は、深い海を印象づけるブルーカラーで身を固めており、スポーティーな印象を与えつつ、気高いフレンチなエレガンスを感じさせてくれます。

「ブルーアビス メタリック」のボディーカラーとブラックの18インチアロイホイール「SERAC」に目を見張ります。

スペック

●アルピーヌ A110 ノワール

・ボディカラー:ノワール プロフォン メタリック

・Sabelt製スポーツシート(ブラックレザー)

●アルピーヌ A110 ブルー アビス

・ボディカラー:ブルー アビス メタリック

・18 インチアロイホイール“SERAC”(ブラック)

・全長:4205mm

・全幅:1800mm

・全高:1250mm

・エンジン:1.8リッター ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ

・トランスミッション:電子制御7速AT(7DCT)

・ハンドル:右

・ホイールベース:2420mm

・車 両重量:1130kg

・最高出力:185kW(252ps)/6000rpm

・最大トルク:320N・m(32.6kgm)/2000rpm

・希望小売価格:829万円(消費税込み)

おすすめ商品:[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】

施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート「育艶-IKUTSUYA」

真新しい車は、いつまでもピカピカにしておきたいものです。

そんな時に必須アイテムが『育艶-IKUTSUYA』 です。

Amazonでは価格:2,980円で販売されていますが、とてもリーズナブルなお手頃価格で購入できます。

「育艶-IKUTSUYA」の特徴が次の通り。

・新感覚の愛車をピカピカにしてくれるコーティング剤です。

メンテナンスするたびに艶を重ねてボディが美しく輝かせることができます。

くコーティング剤です。

・ショールームでも採用されるほどのプロ仕様の高い光沢と艶を作り出します。

・メンテナンス方法は簡単で洗車の後に塗り込むだけで、短時間で艶と光沢を出すことができます。

「育艶-IKUTSUYA」でしっかりと車をきれいにして、快適な大切な愛車の輝きを失わないようにしておきしょう。

和歌山県から引っ越しにおすすめのレンターカーショップを4選紹介!前のページ

コロナに負けない!徳島県の車で行けるインスタ映えスポットを5選紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    車に積むこともできる、ソロキャンプ用テントAlphaT/Cが、WAQより発売!!どんなテントなのかご…

    最近は1人で楽しむことのできる、ソロキャンプが、新型コロナウイルスの…

  2. 記事

    マスターバックって何?仕組みやどのような時に使用するのかを解説!

    車の調子がおかしい時に修理に出すと聞きなれない言葉を聞くこともありま…

  3. 記事

    GOTOトラベルキャンペーンの再開はいつ?4月中旬にはスタートか?交通機関に影響も?

    2021年3月21に新型コロナウイルス感染拡大の影響で行われていた2…

  4. 記事

    静岡県の免許センターは3か所!アクセス、混雑情報を紹介!

    免許更新時、混雑した時間に免許センターに行くと、待ち時間が非常に長く…

  5. 記事

    ガソリン満タン以上に追加で入れるのはリスクが高い!その理由を徹底解説

    ガソリンを満タン以上に追加で入れておきたいという方もいますよね。しか…

  6. 記事

    日本郵便と財務省の関係とは?郵政民営化と郵便事業について解説!

    2005年、郵便事業は全て公の機関から、民間の「日本郵便」に業務委託…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    根強い人気の「ホンダ・N-BOX」は中古車市場でも熱い!?その魅力と中古車価格に…
  2. 記事

    ヴァレオ 2050年までのカーボンニュートラルを宣言
  3. 記事

    【伊車の黒子】2021年ピニンファリーナがエレクトリックドリームカー賞に
  4. 記事

    ツーリングレースで伝説を残した名車・R32型スカイラインGT-R向けの技術が発表…
  5. 記事

    ロータスカーズが3車種の生産年内終了発表…後継車を開発
PAGE TOP