アツい!車のハンドルが熱くなる原因を徹底究明!対策法もご紹介!

   
 

車のハンドルの熱さに悩んでいませんか?手袋をしてみたものの、それでも熱くて握るどころの話ではなくなることもあります。時間がないときは熱いままの状態で運転を開始することもあるでしょう。

今回は事故を防止するためにも、車のハンドルが熱くなる原因および対策法を徹底解説します!

車のハンドルが熱くなる原因と対処法とは?

車のハンドルはなぜ熱くなるのでしょうか?熱くならないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?こちらでは原因および対策についてお伝えします!

原因

原因は単純明快で、直射日光による熱の吸収、および車内の温度の上昇です 。

屋根のない駐車場に車をおいておくと、フロントガラスを介して直射日光がハンドルに降り注ぎます。ハンドルは基本的に黒い色をしており、熱を吸収しやすいため高温を発することも珍しくはありません。

さらに夏に関しては、ハンドルだけではなく車内全体も高温にさらされます。気温は30度程度であったとしても、直射日光に当たり続けることで車内の温度は50度にも60度にもなるのです。高温にさらされたハンドルも当然温度が上昇し、結果として触るのが難しいほどの熱さになります。

では、どうしたら車のハンドルの熱さを抑えられるのでしょうか?

対策法

最もおすすめなのが、フロントガラスにサンシェードをつけることです。つまり日除けをつけることで、フロントガラスからの直射日光をハンドルに当てないようにするわけです。

太陽光による日射熱を防ぐことになり、ダッシュボードが高温になることも防げます。結果として車内の温度を下げることにもなるため、夏の必需品と言っても良いでしょう。それほど高いものではなく、2,000円から3,000円程度で手に入るのでぜひ一つは持っておきたいところです。

ちなみにサンシェード自体は100円ショップでも手に入りますが、あまり質が良くないのでおすすめできません。そもそも100円ショップのサンシェードには、断熱シートが入っていません。断熱機能がないため、結果として熱が通過してしまい車内の温度が上昇しハンドルが熱を持ってしまうことも考えられるのです。

ハンドルの熱だけを抑えるハンドルカバーを利用するのもおすすめです。熱の吸収を抑えるために、ホワイトなどの明るい色合いのものを選んで購入しましょう。

ちなみに、こちらのようなかわいいハンドル遮熱カバーを使っている方もいます。

ハンドルの熱対策ができたらライトの黄ばみも取ろう!

車のハンドルの熱の悩みがなくなったら、ライトの黄ばみを取ってみませんか?特に雨の多い時期などはライトが黄ばみやすく、汚らしい印象を与えます。新車のような透明感ある美しさを復活させたくはありませんか?

そこでおすすめしたいのが「CarZoot ヘッドライト 黄ばみ くすみ 黄ばみ取り カバー 車 ライト くすみ 汚れ」です。

ヘッドライトの黄ばみをとるアイテムであり、黄ばみだけではなく汚れもしっかりと落としてくれます。さらにコーティング加工もしてくれるため、汚れがつきにくくなるというおまけ付きです。

国産であり、安心して利用できるところにも注目でしょう。プロも利用しているというカーケアアイテムなので、この機会にぜひ手に入れて使ってみてはいかがでしょうか?

以下、セット内容とアマゾンでの販売価格です。

  • セット内容:ヘッドライトクリーナー(専用研磨剤)、ヘッドライト専用コーティング、専用スポンジ、専門クロス2枚、施工マニュアル
  • アマゾン販売価格:3,680円(送料込み、税込み)

まとめ

車のハンドルが熱くなる原因および対策法をお伝えしました。

直射日光がハンドルに当たること、車内の温度が上昇することがハンドルが熱くなる原因です。対策法としてはサンシェードおよびハンドルカバーがあります。どちらもそれほど高いものではないので、この機会に購入して利用してみませんか?

avatar
安全運転のためにはハンドルの使いやすさが重要だよ!

熱くなってしまったときの対処法を知っておこう!

茨城県の魅力的なサービスエリア!グルメが充実!前のページ

AIとIOTを活用した道路の点検方法について 次のページ

関連記事

  1. デザイナーB

    車をスチームクリーナーで掃除!掃除のポイントやメリットなど解説

    マイカーを大事にしている人にとって朗報です。洗車時に、スチームクリー…

  2. 記事

    いすゞ「ギガトラクタ」が新改良!安全で快適な改良点を探る!

    いすゞ自動車の大型トラック・けん引車のトレンド「ギガトラクタ」が今年…

  3. デザイナーA

    日ハムファンなら知っておきたい!札幌ドーム周辺で安い駐車場を3選紹介!

    札幌ドームで日本ハムの野球観戦のために駐車場を探している。そしてなる…

  4. 記事

    子供向けの交通安全トートバッグ!ホンダが発売したバッグが超話題に!

    あなたは「肩にかけるおまわりさん まもってトート」というアイテムの名…

  5. 記事

    新潟県で輸入車を!リーズナブルに買える業者を紹介!

    新潟県は、米どころとしても知られ、美味しいグルメが盛りだくさんです。…

  6. 記事

    愛知県にはきれいな夜景を見られる穴場スポットあり!デートにもおすすめ!

    愛知県にはきれいな夜景が見られる穴場スポットがあります。愛知県で夜景…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    ペーパードライバーを何とかしたい!お金をかけずに克服するには?
  2. 記事

    【タコグラフって何?】運送業者には欠かせないマストアイテムをご紹介
  3. 記事

    車のアイドリングストップ用のバッテリーがある?特徴を解説!
  4. 未分類

    アルミホイールにオススメのホイールコーティング剤
  5. 記事

    車の廃バッテリーの処分場所や回収にかかる費用を徹底解説!
PAGE TOP