アクセサリーソケットって何か知ってる?どんな時に使うのか教えて!

   
 

車のコンソールを見ると、「アクセサリーソケット」と呼ばれるものがありますが、これがどのようなものかご存知でしょうか?

使っている人はよく知っていますが、使わない人はあまり知らないでしょう。

そこでこの記事では、アクセサリーソケットについて解説していくことにします。

アクセサリーソケットとは何?

「アクセサリーソケット」は、元々「シガーソケット」と呼ばれており、車の中で煙草に火をつける際に使うシガーライターを加熱するための電気機器でした。

しかし、今では喫煙を吸う人が減ってきたことで、シガーライターがオプション扱いとなり、そのシガーソケットのみ装備されるようになっていきました。

それが今では、「アクセサリーソケット」と呼ばれるようになり、車内で電気製品の電源として使われるようになっていったのです。

色々な場所にあるアクセサリーソケット

アクセサリーソケットは、センターコンソールやセンターパネルにあることが多いのですが、中には、ラゲージスペースに装備されていることもあります。

また、アクセサリーソケットは、USB接続は可能なアタッチメントや増設できるアイテムが取り扱われているので、利便性が高い点が特徴です。

しかし、残念なことに規格統一されていないために、国によってソケット径が異なることも珍しくなく、輸入車でスマホなどの機器を利用する場合は注意しなくてはなりません。

また、日本国内では、自家用車が電圧12V、トラックで24Vの直流が供給されていますが、供給可能電流が5A~10A程度となっていますので、大電力を必要とする電気機器への供給ができません。

アクセサリーソケットの仕組みを知ろう

アクセサリーソケットは円筒の形をしており、番奥にプラス電極、周囲壁がマイナス電極となっていますが、これは先端が金属部品、側面が可動式金属部品の通電部分です。

以前は煙草用のシガーライター発熱装置のために、シガーソケット自体が耐熱加工が処置されていたのですが、アクセサリーソケットはシガーライター利用を想定していないので耐熱加工が施されていません。

そのために、もしシガーライターをアクセサリーソケットに差し込むことは、故障の原因になってしまうので、絶対に避けてください。

アクセサリーソケットはあくまで電気製品への給電が目的なので、アクセサリーソケット対応品は、シガーライターほどの発熱を考慮していない製品が多いのが実情です。

また、アクセサリーソケットの供給電気はDC、すなわち直流にて、家庭で使われるAC(交流)でないことも知っておきましょう。

そうしないと、ソケットに直接刺して使える機器がDC専用の製品となるので、スマホなどの電気製品を車内で使う場合は、直流を交流に変換するDC/ACコンバーターを使うことが必須です。

しかも、前述のようにアクセサリーソケットからの供給電圧は、乗用車が12V、大型トラックなどで24Vとなっているので、対応製品も購入する前にチェックしておくことが大切です。

アクセサリーソケットの活用法はどんなものがある?

では、このアクセサリーソケットは、どのような使い方ができるのでしょうか?

シガーソケットUSB

まずは、多くの人が使っているスマホの充電ニーズが挙げられます。

しかし、その場合には、シガーソケットUSB充電器が必要です。

この充電器を差し込むことで、DC電流をAC電流に変換するので、スマホやタブレット、ノートパソコンを充電することができます。

端末の電気を気にせずに写真を撮ったり、ナビの代用としてにスマホを使うこともできるようになります。

コンセントとしての活用

乗用車のアクセサリーソケットは前項でも触れたようにDC12V の直流電流ですが、家庭で使っている電気機器はAC100V交流電流仕様となっているので、そのまま使うことができません。

したがって、車の中で家庭用電気機器を使えるようにするためには、DC12VをAC100V電流に変換するに必要があります。

その役目を果たすのが、カーインバーターで、定格出力が大きければ、炊飯器などもうことができます。

定格出力が大きいほど使える電気製品の数が増えてくるので、車の中でどのような使い方をするのか、それに見合うインバーターを選ぶ必要があります。

価格は、数百円~20万円以上と様々な種類がありますが、スマホなどの機器を使うのであれば、43,000円~5,000円程度のもので十分でしょう。

アクセサリーソケットの注意点

アクセサリーソケットの対応電圧が12Vなので、使う電気機器によって電源電圧が12V対応しているか確認しなくてはなりません。

しかし、この他にも、次のような点に注意しておくことが大事です。

タコ足配線

これは、一般過程のACコンセントでも言えることですが、タコ足配線にしてしまうとソケットからの電気供給キャパを上回ってしまいます。

このような状況では、ヒューズが切れて交換をしなくてはなりません。

ヒューズの許容電流は、おおよそ10A~15Aまでとなっており、スマホの充電であれば、10Aで4台程度、15Aで6台程度が目安となります。

但し、急速充電器を使う場合、目安台数から1台減にしておいた方がいいでしょう。

このようにアクセサリーキットは、車内を快適にしてくれる便利な機器ですが、その特性や使い方もしっかりと理解しておくことが重要です。

[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット G’Polymer Neo 

今回は、サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力を発揮するポリマー系コーティングキットの

Carzoot社のおすすめ製品「G’Polymer Neo」をご紹介します。

「G’Polymer Neo」は、Amazonで980円で購入することができますが、特徴は次の通りです。

・プロが開発にした、サッと拭くだけで、簡単に艶と撥水を出すことができるコーティング剤で、2ヶ月に1度使うだけで3年間耐久できます。

・洗車時に誰でも簡単施工でき、ムラなく初めての人でも簡単に施工できることが特徴です。

・展示車両やモーターショーで使用されるレベルの艶と光沢度の強いコーティングを実現。

・テフロン樹脂、ファインセラミック配合で、ボディの上に付着した水垢等を除去します。

アクセサリーソケットを上手に使って快適なドライブをする前に、「G’Polymer Neo」で、車をきれにしておきましょう。

車のリムって知ってる?どんな役割があるのか教えて。そんな疑問を解決!前のページ

メンテナンスフリーバッテリーって何のこと?普通のバッテリーと違うのか教えて!次のページ

関連記事

  1. 記事

    高速道路の安全を守る!高速パトカーってどんなクルマ?

    高速道路で黄色のボディの車両を見かけることがありますが、この車両の正…

  2. 記事

    2021年になる前にVOLVO(ボルボ)のカーナビモデルを紹介! 

    VOLVO(ボルボ)のカーナビってご存じですか。ここでは、VOLO(…

  3. 記事

    板橋区でおすすめのセルフ洗車場をご紹介します!

    東京都内に住んでいると一戸建てであっても、自宅の駐車スペースで洗車を…

  4. 記事

    長野県では河童橋や桃介橋がデートスポットとしておすすめ!きれいな写真を撮影してインスタ映えを目指そう…

    長野県にはデート出楽しめる橋があるので、密を避けてのんびりデートした…

  5. 記事

    自働車部品や断熱材等多種多用な製品を手掛けるニチアスとは、どんな会社?

    皆さんは、ニチアスという企業をご存知でしょうか?株価を見る…

  6. 記事

    ハイマウントストップランプの交換時の取り付け方と保安基準について紹介!

    車の後ろ側にあるハイマウントストップランプは、自分で取り外して交換で…

新着記事の一覧

  1. [2021]車中泊におすすめな燃費の良い車種をご紹介!
  2. 【2021年最新版】車中泊におすすめ車種をご紹介!
  3. 【2021】おすすめしたい車中泊に便利な電気毛布をご紹介!
  4. 車中泊で快適に過ごせる最新断熱マットやシートをご紹介 !
  5. トヨタが2022年に超小型「シーポッド」を限定販売!シーポッ…
  1. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーはこちら!
  2. 記事

    京都市中京区で洗車をしたい!どこに行けばいいのか?おすすめスポットを紹介します!…
  3. 記事

    車のバッテリーの規格を知るために!基礎知識を手に入れよう!
  4. 記事

    ミニパトに使われている車種はなに?かわいくてかっこいいミニパトについて知ろう!
  5. 記事

    100均ダイソーのカー用品が便利すぎる!グッズを4選してご紹介
PAGE TOP