アウディA6にも電気自動車が登場!なんとポルシェと共同開発のプラットフォーム!

   
 

この度、アウディは4月に行われた上海モーターショーで、最新の電気自動車を発表しました。今回の記事ではアウディの最新電気自動車、A6 e-tronの概要や今後の展開などについて詳しく解説していきます。

アウディの車にはどんな魅力があるのか?

アウディとは1909年にドイツで設立された自動車メーカーです。現在はフォルクスワーゲングループの1社として高級車を作りつづけているメーカーになります。

アウディの車はその他のドイツメーカーの車と同じく「高級さ」が特徴です。ただし、BMWやメルセデスベンツよりも、ややスポーティーな乗り心地にこだわっているメーカーだと言えるでしょう。

特徴としては、シンプルなエクステリアデザイン。過度になり過ぎないインテリアの装飾などが魅力で、若者から年配の方まで幅広い層から支持を集めている自動車メーカーとなっています。とにかく、走行性能には抜群の拘りを見せていて、電気自動車の製造にも果敢に取り組んでいます。

最新のアウディA6とはどんな車?

最新のアウディA6はアウディの電気自動車ブランドe-tronから発表される電気自動車です。e-tronのシリーズには「e-tron GTクワトロ」「RS e-tron GT」「Q4 e-tron」SUVクーペ「Q4 e-tronスポーツバック」などが発売されています。

どの電気自動車も若干車高が高く大型なイメージがあります。電気自動車に十分なサイズのバッテリーを搭載するとどうしても、車両を大きくする必要があるためです。この時点ではフォルクスワーゲングループの「MEB」というプラットフォームを使用し、電気自動車の製造を行っていました。

しかし、今回アウディが発表したA6は車高の高さもこれまでのe-tronよりは低く、多少コンパクトに仕上げられた印象です。そこには、ポルシェと共同開発したという、新しいプラットフォームの技術が隠されていたのです。

PPEとは一体何?

ポルシェとアウディが共同開発したとされる新しいプラットフォームは「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック」といわれ、略してPPEです。PPEを使用した車両は、グローバル市場に適応するように設計されていて、世界の主要な市場に流通できるよう設計されています。

車高の低いアウディの主力車種やミッドサイズセグメントなどにも使いやすいのが特徴で、スポーティーな走りを重視するアウディにはうってつけのプラットフォームとなっています。アウディは中国・長春に新しい工場も設立し、ここでPPEの増産を行っていき、中国全土に新しいタイプの電気自動車を普及させようとも考えています。

アウディの車種には車高の低いタイプや、ミッドサイズの車両が多いため、これまで電気自動車の製造にかなり苦労してきていましたが、今回のPPEの完成でかなり電気自動車への参入が容易になったと言っていいでしょう。

また、他社メーカーにも供給できる仕様のため、世界中のメーカーがこのプラットフォームをベースにしてEVを創り出すかもしれません。

新しいプラットフォームの開発でさらに乗り心地の良い電気自動車を!

新しいプラットフォーム開発は、まだまだ進めていく必要がります。バッテリーもどんどんコンパクト化されていきますが、ある程度のところで限界が来ると言われています。

その時に、さらに走行性能を高めたいのであれば、プラットフォーム開発に力を入れるしかないのです。今後の技術開発に期待大です。

まとめ

というわけで、今回はアウディが上海モーターショーで発表した最新のA6 e-tronについて詳しく解説してきました。アウディらしい高い走行性能を秘めた車種になっていることは間違いないでしょう。今後もアウディの躍進から目が離せません!より性能の良い電気自動車を期待してしまいます。

BMWジャパンが発表した最新の二輪車G310GSについて徹底解説します!優れたレスポンスが売り!前のページ

Motorimodaと56designがコラボ!バイカーにはたまらない店が西武渋谷店に!次のページ

関連記事

  1. 記事

    人材育成や先端研究で連携?自動車部品団体と豊橋科学大学

    自動車部品団体と豊橋科学大学が人材育成などで連携すると発表したことは…

  2. 記事

    visvim(ヴィズヴィム)2021最新春夏モデルでオススメの車で使えそうな小物を教えて

    visvimというブランドをご存知でしょうか?ファッションに…

  3. 記事

    高速120キロ時代到来か?高速走行にオススメの軽自動自動車をまとめて紹介!

     日本でも新東名などの高速道路に制限速度120キロが導入されました。…

  4. 記事

    遂に捉えた「ホンダ・CR-V次期型」は全市場7人乗りになる可能性あり!さらにフルEV登場の噂も

    数々の名車を生み出してきた本田ですが、ミドルサイズのクロスオーバーS…

  5. 記事

    【2021年版】40代が春におすすめのドライブファッション3選

    春になり、ドライブに出かけたいという人も少なくありません。しかし、運…

  6. 記事

    日本に約200台しか輸入されなかった超希少車!アヴァンタイムについて紹介!

     皆さんアヴァンタイムという車をご存じでしょうか。 アヴァン…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    米トヨタケンタッキー工場でRAV4の生産が1300万台を突破!どんな工場なのか?…
  2. 記事

    岩手県の運転免許試験場と免許センターの特徴紹介 
  3. 記事

    サーキットには一般人も気軽に行くべき!その理由を徹底解説!
  4. 記事

    メキシコについて解説!
  5. 記事

    青森県の電気自動車の充電スタンドの場所をチェック!
PAGE TOP