アイドリングストップ機能は使うべき?メリットとデメリットを正しく理解し快適なエコ運転を

   
 

最近の新車に必ず搭載されている「アイドリングストップ機能」。エコ運転の手助けとも言われているこの機能ですが、実は、メリットだけではありません。上手く使わなければ燃費の悪化にもなりますし、運選手のストレスにもなります。今回は、アイドリングストップの仕組みや欠点、アイドリングストップ機能の効果的な使用方法について紹介します。この記事を参考にアイドリングストップ機能を使いエコ運転を心がけてみてください。

アイドリングストップ機能の仕組みとメリット・デメリット

アイドリングストップ機能とは簡単に説明すると、信号待ちや車の停止時、エンジンが停止する機能のことです。アイドリングストップが始まった当初は、マニュアル限定でニュートラルにしなければエンジンを切れませんでした。しかし、現在は、ブレーキを踏み、停止している時間が長ければすぐにエンジンが切れ、エンジンをかける際もブレーキを踏み込めばすぐにエンジンがかかるようになっています。

アイドリングストップのメリットとデメリット

アイドリングストップ機能の1番のメリットは、排気ガスを抑え地球環境に優しいことです。車の排気ガス問題は以前より世界中で問題になっており、現在、ハイブリット車や電気自動車が主流になっていますが、その先駆けとなった機能がアイドリングストップ機能です。バスなどでも信号待ちでエンジンが停止し静かになっているのを体感することがあるのではないでしょうか。

また、運転者が実感することは難しいですが、エンジンを頻回に切ることで燃費の向上にもつながっています。1日の運転で20分アイドリングストップ機能を使用すると1年最大で1万円以上のガソリン代の節約にもなります。

その一方で、アイドリングストップ機能は運転しずらいという欠点もあります。特に渋滞中は頻回にエンジンが止まりますので、苦痛に感じるほか、衝突の危険もあります。また、アイドリングストップ機能はバッテリーも頻繁に使いますので、運転には工夫が必要です。運転になれている人が急にアイドリングストップ機能を使うとなれるまでに時間が必要です。

アイドリングストップ機能を使いながら上手く運転するには…

アイドリングストップ機能のメリットとデメリットを紹介しましたが、デメリットを見ても分かるように、常時アイドリングストップ機能をONにしておくことは燃費やバッテリー、運転手のストレスにもなりますので避けた方がよいです。しかし、アイドリングストップ機能は環境にも優しい機能です。上手く使いながら運転すると快適にエコ運転ができます。

アイドリングストップ機能を状況に応じてOFFに!

アイドリングストップ機能が搭載されている車は、運転席に必ずOFFにできるボタンがあり、そのボタンさえ押せば簡単にアイドリングストップ機能を停止できます。このOFFボタンを上手く使えば快適なエコ運転が可能です。OFFボタンの目安は、「A」のイニシャルのボタンです。車の車種によっては異なる場合もありますので、取り扱い説明書を確認し正しいボタンを確認してください。

また、アイドリングストップ機能をOFFにする注意点としては、停車時などで一度エンジンを完全に切ってしまうと再びONになってしまします。ランプでONとOFFが確認できる車も多いですので、必ず運転時確認しておきましょう。アイドリングストップ機能をOFFにした方がよいケースは以下の2つの場合です。

①渋滞中
渋滞中はアイドリングストップ機能をOFFにすることをおすすめえします。渋滞中は、頻繁に車を停止させるため、その度にアイドリングストップ機能を使うと、エンジンに負担がかかるほか、燃費も悪くなります。また、頻繁にエンジンを起動し、発進する行動が運転者のストレスにもなりかねませんので渋滞が発生したらアイドリング機能を切りましょう。

②右折時
右折する場合もOFFにした方が効果的です。特に右折車線に入るときは右折する時間が短いため、急いで発進しなければなりません。アイドリングストップ機能で停車しているとスタートが遅れ、衝突の危険性やや右折できないこともあります。右折時もアイドリングストップ機能をOFFにした方が安全に運転できます。

主にこの2か所以外はアイドリングストップ機能をONにしていても運転や燃費に影響はありません。しかし、アイドリングストップ機能をつけている時とつけていない時の運転は発進時の加速が変わります。ONとOFFを使い分けると共に、発進時の加速にも十分注意しましょう。

愛車を綺麗なままキープするにはCarZootの鉄粉除去クリーナーを

愛車は長く安全に乗りたいと考える人も少なくありません。しかし、愛車は走行しても走行しなくても汚れてしまいます。特に鉄粉は洗車しても取れない頑固な汚れです。汚れを放置しておくと一生落とせなくなります。そこでおすすめなのがCarZoot社の車ボディ用、鉄粉除去クリーナーです。

このクリーナーさえあれば、愛車のボディを傷つけるこなく鉄粉を除去可能です。また、頑固な鉄粉汚れも逃さず除去してくれます。また、日本製ということもあり、安心して使用できる製品です。

アイドリングストップは環境に優しく燃費にもよい機能ですが、使い方によっては燃費や安全性が損なわれる場合があります。アイドリングストップ機能を使い分け安全にエコ運転しましょう。

avatar
アイドリングストップを活用しよう!

車は事前にメンテナンスしておくと安心だよ!

非常時にお役立ち!車に積んでおきたい折り畳み自転車は?前のページ

暑い夏に涼しくなろう!青森の心霊スポットを紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年最新版】ドミニカにあるおすすめテーマパークを紹介

    2020年からコロナの影響で海外に遊びに行くこともできなくなっていま…

  2. 記事

    ついにトヨタの内山田会長が旭日大綬章を受賞!いったい何がすごいのか解説!

    先日とあるニュースが自動車業界に震撼を与えました!そ…

  3. 記事

    UDトラックス「クオン」に採用された新タイヤシステムとは?

    昨今の自動車文化の発展はすさまじいものがあります。たとえばそれはエン…

  4. 記事

    このアイテムを積んでいないと違反になる?絶対に積んでおく車載アイテムをご紹介!

    あなたの愛車には、きちんと法律で決められた車載アイテムが積載されてい…

  5. 記事

    2020年下半期におすすめしたい普通自動車を紹介!総合的に検討しよう!

    車には、様々な特徴があるので、実際に使用するシーンをイメージして、希…

  6. 記事

    車で行けば密にならない!愛媛県でおすすめのゴルフ場を紹介!

    「密にならないよう車でゴルフ場にでかけたい」「愛媛県でおすす…

新着記事の一覧

  1. 自然豊かな高知県を車とキャンプで満喫しよう
  2. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  3. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  4. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  5. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  1. 記事

    福島の水素設備がある研究所をトヨタが視察?自動車業界と水素事業の関わり方とは?
  2. 記事

    キャンプ必需品か!?オウルテック、充電用ソーラーパネルを発売!最大出力120Wで…
  3. 記事

    圧倒的な上品さ‼︎ポルシェのパナメーラスポーツツーリスモとは?
  4. 記事

    【2021新作】車でも使えるバーバリーの小物アイテムを紹介!春夏ドライブにも
  5. 記事

    冬のドライブで、助手席や後部座席の人に優しいアイテムをご紹介!
PAGE TOP