もうすぐ発売!日産の新型EV車「アリア」の特徴とは?

   
 

日産自動車の新型EV車となる「アリア」は、2021年6月の中頃に発売されるのではと噂されていましたが、このほど日産自動車から最速で6月ごろに販売を開始するというアナウンスがありました。発売まであと少しとなったアリアの特徴について確認していきましょう。

アリアの概要について

日産自動車は2010年に同メーカーとしては初の量産型EV車となる「リーフ」を販売し、当時は自動車業界っで大きな話題となりました。2017年には更に機能を強化させた2代目リーフが販売開始となっています。世界的に二酸化炭素の排出量を減らすことを提唱していることもあり、今後自動車業界は電気自動車をメインに市場は拡大していくことは間違いありません。日産リーフは未来の日産自動車の中核を担う自動車となるでしょう。

アリアはリーフに次ぐ本格的なEV型自動車として開発されました。概要を発表したのは2020年の7月で、アリアはリーフと同様にエンジンを搭載しない純粋な電気自動車ではありますが、モーター駆動の特徴を運転する楽しさにもつなげている、リーフとはまた一味違った特徴を持っている電気自動車です。

車種はSUV車として販売

アリアは現在世界的にも人気があるクロスオーバーSUV車として販売されます。サイズは全長4595×全幅1850×全高1655mmとなっていて、既存の車で比べるのであれば、別メーカーとなりますが、マツダの「CX-5」が一番近いです。サイズ的にはSUV車としてはミドルサイズに該当し、斜め後方の視界は決して良いとは言えませんが、小回りが利くサイズと言えるでしょう。

前輪と後輪の間隔はCX-5よりも広い2775mmで、全長の割にはかなり長めとなっています。そのため外観を見ると、車体の四隅にタイヤが配置されていて、タイヤが踏ん張ってボディを支えているような印象を与えます。タイヤは19インチと20インチをグレードによって使い分ける仕様となっています。SUV車らしく大きめのタイヤを装着するので、ロ年の状態が悪くてもパワフルな走りで問題なく突破してくれるでしょう。

日産技術の集大成

リーフ以来の新型EV車ということもあり、アリアには日産の最先端技術があらゆるところに組み込まれています。まさに現在の日産の技術の集大成させた車がこのアリアだと言えるでしょう。従来のガソリン車と比較すれば、電気のみで走行するという事だけでも特筆すべき特徴ですが、アリアに関しては電気で走行することは特徴のほんの一部に過ぎません。

まず価格は電気自動車でなおかつSUV車という性能を考えれば破格となる500万円からとなっています。同じく電気自動車でSUV車としてすでに発表、販売されているものとしては、ジャガー「I-PACE」が976万円から、メルセデス・ベンツ「EQC」が1,080万円からと、アリアと比べればかなり高額です。航続距離も前者2車種よりも200キロ近く長いおよそ610キロと、価格面と性能面では既存車種を圧倒しています。

そして、昨今の自動車は自動運転機能の競走が激化していますが、日産アリアは現時点で最先端の性能を保持しています。日産が2019年に販売したスカイラインに搭載されている自動運転技術である「プロパイロット2.0」がアリアにも搭載されており、ナビで目的地を入力しておけば、高速道路限定ではありますが、目的地までハンズフリーの状態で運転してくれます。

車内もとても広々としていて、これとプロパイロット2.0の自動運転が組み合わさると、子供のころに思い描いていた未来都市を走行する車というのを疑似体験出来る仕上がりになっているというのが、開発に携わった日産社員共通の意見となっています。

新型シエンタは6月発売!2022年にはフルモデルチェンジモデルも前のページ

今がチャンス!普段掃除出来ない場所の掃除方法まとめ次のページ

関連記事

  1. 記事

    世界初 自動運転レベル3 レジェンドを2020年度以内に発売へ 

    2020年11月11日、国土交通省はホンダのレジェンドに、自動運転レ…

  2. 記事

    コスモ石油系列SSでEVシェアリングサービスが開始 急速充電器も設置

    コスモ石油といえば、運転中にカーラジオから流れるCMを耳にするイメー…

  3. 記事

    【無人自動車】2021年に北谷町で観光客向けに無人自動運転サービス開始

    「北谷町での無人自動運転サービス開始について詳しく知りたい。」…

  4. 記事

    石川で充電スタンドを探している人に朗報!充電スタンドをまとめて紹介!

    近年、世界的にエコな取り組みが広がるなかで、日本でも環境に配慮した製…

  5. 記事

    ホームセンターの格安の殿堂?ロイヤルホームセンターのカー用品とお店紹介。

    ホームセンターを利用したことがありますか?ホームセンターを利…

  6. 記事

    砂の国「ニジェール」の交通事情とは?観光スポットも合わせてご紹介!

    皆さんはアフリカにある国「ニジェール」をご存知でしょうか?初…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    躍進を期す“桜の戦士”セレッソ大阪所属選手の高級愛車たち!
  2. 記事

    【大阪府】今だから楽しめる!季節の花が楽しめる無料スポットを紹介!【2021】
  3. 記事

    【車で回ろう!】コロナの今だからこそ秋田県で紅葉狩りをしませんか?秋田の隠れ名ス…
  4. 記事

    トランスファーとは4WD車にしかないの?
  5. 記事

    発泡樹脂製造の最大手【積水化成品工業】の株価動向と事業内容にメスを入れる!
PAGE TOP