とても危険!アフターファイヤーが発生する原因3つと対処法も解説 

   
 

テレビ番組やモータースポーツで一度は見たことがある人が多い「アフターファイヤー」は、カッコいいと思う人もいれば、恐怖を感じる人もいるでしょう。でも実はアフターファイヤーは非常に危険です。今回はアフターファイヤーってそもそも何なのか?発生する原因と対処法も含めて解説します。

アフターファイヤーって何?

アフターファイヤーは車のマフラーから炎が出る現象です。これは、エンジンで排出されないままになっている燃料が、マフラーなどの中で燃える現象です。モータースポーツやショーでよく見ますが、一般的な車がアフターファイヤーが起こるのはあり得ません。ですが、まれに内部の異常によって突然燃えることもあります。

バックファイヤーとの違い

アフターファイヤーと似たバックファイヤーというものもあります。アフターファイヤーは排気管から炎を出し、バックファイヤーは吸気側で不燃焼ガスが逆流して炎を出します。つまり、火が出るところが排気管か吸気側かの違いです。どちらも激しい炎が出るため、同じ扱いをする人も多いです。

なぜアフターファイヤーが起こるのか?

アフターファイヤーの炎は迫力満点ですが、車から炎が出る原因はなんでしょうか?アフターファイヤーが起こる原因はいろいろありますが、その中でも多い原因は3つあります。普段のドライブ・通勤なら滅多に起こることはありませんが、突然故障してアフターファイヤーを起こしてしまう可能性もあります。念のためにチェックしておいてください。

①点火するのが遅い

まず一つ目の原因は、点火が遅いことです。火がつくのが遅い原因は、センサー類やプラグに異常がある可能性が高いです。センサー類は噴射する燃料も調整しており、その部分に異常があるとエンジンが回らなくなったり、アフターファイヤーが発生します。

②混合気が薄くて不燃焼ガスで排出される

二つ目の原因は混合気が通常よりも薄いことです。混合気とは、ガスの燃料と液体の燃料が混ざっている空気のことです。正常な混合気は、エンジンの内部で燃料を燃やし、回転エネルギーにして車を動かしています。この混合気が正常より薄いと燃料が上手く燃えません。

そうなると燃料はどんどん溜まっていき、不燃焼ガスとして排出してしまいます。この不燃焼ガスが大量に発生すると今度は排気ガスによって爆発します。爆発すると炎が噴き出てアフターファイヤーが起こる、ということになります。

③混合気が濃くても爆発する

逆に混合気が通常より濃くてもアフターファイヤーを起こしてしまうことがあります。濃くても不燃焼ガスとして排出されて、最終的に爆発してしまいます。爆発するため、炎が出る直前に「バン!」という大きい音がした後にマフラーから炎が出ます。また、燃料が濃いと点火プラグが故障しやすくなり、上記のように点火するのが遅くなりやすくなる原因にもなります。

混合気が薄くなる・濃くなる原因は何?

混合気が薄くなる・濃くなる原因は、センサー類が故障していることが考えられます。センサー類は水が苦手なので、水が入り込むと故障してしまいます。難しそうに感じますが、現代の車はこのようなトラブルが発生しないように燃焼の噴射装置は電子制御式になっています。そのため、普通にドライブしていて突然車が燃えるなんてことは起きないため安心してください。

アフターファイヤーの対処法

アフターファイヤーを起こしてしまったら、マフラー・プラグなどの部品を交換しましょう。これらの作業は素人では危険なのでプロに頼むのが1番安全で良い方法です。しかし、アフターファイヤーを起こすとマフラーの内部が溶けて変形している可能性もあります。そこまでいくと排出する部分・点火プラグなどを交換する必要があり、合計金額はかなりかかってしまいます。

そうなる前に故障があるかどうか診断をして、もし部品に異常があれば交換しましょう。アフターファイヤーが発生すると車が全焼する可能性もあるため、早めに対処することが重要です。バックファイヤーも同じく最悪の場合、炎が消えなくてそのまま全焼する危険があります。

コスパ最強のホイール専用コーティング剤!

安全にドライブをするならタイヤ周りも綺麗にしておきましょう。今回おすすめする商品は、CarZootのホイール専用コーティング剤です。こちらのアイテムは、傷つけず簡単に汚れが落ちて、さらに高い耐久性を持っています。プロ仕様ですがコスパ最強なのでぜひ検討してみてください。

まとめ

アフターファイヤーが発生する1番の原因は、センサー類の異常なので定期的に故障診断・検査などをしましょう。もし部品に異常・劣化が見つかったらすぐに交換することを強くおすすめします。アフターファイヤーは危険ですが、現代の車は安全に運転できるように開発されています。アフターファイヤーが起こることはかなり少ないため、そこまで心配する必要はありません。

avatar
製品に異常が発生する前に検査しておきましょう!

少しでも事故予防をしましょう!

オーバーフェンダーとは?車検が通るサイズも細かく解説 前のページ

車検証に記載されている乾燥重量、車両重量、車両総重量ってなに?次のページ

関連記事

  1. 記事

    愛知県で気になるタイヤの価格

    親しみやすい交通安全を行っている愛知県。新東名高速道路や名神高速道路…

  2. 記事

    和歌山県で釣り人をする人は必見!家族連れで車でもいける釣りスポットを紹介!

    暖かい気候と、穏やかな海を持つ和歌山県。そんな和歌山県では、家族みん…

  3. 記事

    雪道は除雪車が必須!除雪車のスペックを徹底解説

    毎年、雪で困られている方も多いのではないでしょうか。日本の北の方では…

  4. 記事

    コロナを気にせず楽しもう!釣り人におすすめの釣りスポットを徹底調査!~奈良県~

    歴史と文化の県、奈良県。ご存知のように奈良県には海がありません。しか…

  5. 記事

    貸切バスを岩手県で借りるならここ!コロナ対策も万全の会社ばかり!

    東北地方の自然の魅力がふんだんに詰まっている岩手県。八幡平から眺める…

  6. 記事

    香川県でおすすめのSAを紹介!ドライブ間の休憩やグルメを楽しもう!

    香川県をドライブ中に休憩したくなったら寄るところはあるのかな。香川県…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    窓ガラスコーティングの効果と値段!佐賀県ならおすすめの店はここ!DIYも挑戦しよ…
  2. 記事

    【見ないと損!】車の人気カスタマイズ方法と知っておくべき違反をご紹介!
  3. 未分類

    車内消臭剤金属イオンタイプとCarZoot車内消臭剤「ClearOne」二酸化塩…
  4. 記事

    香川県でタイヤ購入・交換ができるおすすめ店舗3選をご紹介!
  5. 記事

    シエンタが今なお人気な理由を徹底解説!
PAGE TOP