これからの時代は電動化?【2021年最新】電気自動車のオススメをまとめて紹介

   
 

クルマの動力はガソリンエンジンに始まり、1997年には日本で初のハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」が誕生し、今ではガソリンエンジンとモーターのハイブリッドが当たり前になっています。

日本国内では2035年までに新車で販売されるクルマは電動化することを目指しており、世界的には2050年にカーボンニュートラルの達成を目標としています。

そのため、これからの時代はモーターのみで走る電気自動車(EV)が主流となっていくでしょう。そこで今回は、すでに発売されているオススメの電気自動車をご紹介したいと思います。

豊富になった国産メーカーの電気自動車

世の中の多くの人が認識している国産メーカーの市販電気自動車第一号となる日産・リーフが登場したのは2010年。そこから10年という月日が流れ、国産メーカーから数多くの電気自動車が登場しました。

10年前は航続距離が短いとか、充電インフラが不足しているなど、さまざまな問題がありましたが、今では東京-大阪間を走れるほどの電気自動車も登場し、ショッピングモールでも気軽に充電できるようになっています。

電気自動車はもう、身近なものになってきているのです。

HONDA・e

ホンダ初となる電気自動車「HONDA・e」が発表されたのは2020年8月27日で、発売は10月30日でした。

全長が4mにも満たないコンパクトなボディは街中で走らせるにはちょうどいいサイズで、デザインも丸目ヘッドライトを採用しかわいらしさ満点です。

インパネは全面液晶ディスプレイを採用し、近未来感がハンパありません。駆動方式は珍しいRRタイプですが、走行中の違和感も全く感じさせない安定の走りを実現しています。

日産・e-NV200

市販電気自動車を産んだ日産が送り出す「日産・e-NV200」。商用タイプのワゴンでたくさんの荷物を積んで走りたい人にはオススメです

搭載される40kWhのバッテリーは、非常時に電源として使用することも可能なので、万が一の時にも安心です。

マツダ・MX-30 EV

マツダが初めて世に送り出す市販電気自動車「MX-30 EV」。2021年1月28日に発売されたばかりの最新電気自動車です。

先行して発売されたハイブリッドモデルと同様のエクステリア・インテリアを採用し、フリースタイルドアと呼ばれる観音開きのドアは乗り降りがとてもしやすく好評です。モダンなスタイルのMX-30 EVはオシャレ好きの人にオススメの電気自動車です。

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)

日産・リーフとほぼ同時期の2010年4月1日に市販化された三菱の電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」。2018年4月の一部改良で全長が85mm長くなり小型車扱いとなりましたが、今回紹介する電気自動車の中では一番小さく、ほぼ軽自動車並みです。

価格は300万円を超えてしまいますが、これなら運転が苦手な女性でも、街中を気軽に運転できるので、お買い物にでかけるのが楽しくなります。

電気自動車を安全に走らせるために

これからさらに電気自動車の車種は多くなってくるでしょう。その電気自動車を安全に走らせるためには、夜の道を照らしてくれるヘッドライトのお手入れに気を付けてください。

現代のクルマのヘッドライトは経年劣化で黄ばみが発生し、暗くなってしまいます。そこでオススメのアイテムは「CarZoot」のヘッドライト 黄ばみ除去です。

日本製で、プロショップでも愛用されるほどの本物です。オススメの電気自動車を手にしたら、こちらも手に入れてください。

マツダが初の量産型EV「MX-30」を発売!販路も変更!前のページ

【2021冬】鳥取県 コロナ対策しながら冬にクルマがSNS映えスポット次のページ

関連記事

  1. 記事

    山口県を車で走ろう!夏のドライブにおすすめな心霊スポットは?

    山口県は自然豊かで、ドライブにはおすすめの県です。また、数多くの心霊…

  2. 記事

    池袋自動車事故裁判の行方は?飯塚幸三被告はどうなるのか?

    2020年12月14日に東京地裁で開かれた飯塚幸三被告の公判。この公…

  3. 記事

    トヨタの名車!ウインダムとは??

    皆さんは、トヨタのウインダムをご存知ですか?この記事では、ト…

  4. 記事

    カーポートの塗装は自分でやる?それとも業者に頼むべきか?

    カーポートの塗装をやってみようと思っている人に読んでほしい内…

  5. 記事

    【クーデターで大混乱】ミャンマーのスズキ工場も稼働停止とその影響とは?

    またミャンマーで軍部によるクーデターが発生し、スー・チー国家顧問やウ…

  6. 記事

    トヨタ生産方式は災害のたびに「弱点」と誤解される!詳細を解説

    トヨタ生産方式は災害のたびに「弱点」と誤解されます。災害などで、部品…

新着記事の一覧

  1. 【ホンダのモバイルパークパック展示】スマートグリッドEXPO…
  2. 東京メトロは列車混雑計測システムを本格運用!移動はどう変わる…
  3. 【プジョーの魅力】「プジョーモトシクル」 がブランドアイデン…
  4. 「MINIクロスオーバー」200台限定の青&黒カラーを発売
  5. 東九州PAに焼き芋の自動販売機!おすすめSA&PAも紹介!
  1. 記事

    【がっかり】トライアル世界選手権日本GPが2年連続へ中止へ!コロナの影響か?
  2. 記事

    ホンダN-ONEについて教えます!
  3. 記事

    【OVER DRIVE】東出昌大と新田真剣佑が兄弟役を熱演した本格ラリー映画の傑…
  4. 記事

    デトロイトの自動車ショーは2021年も中止に!どのようなショーだった?
  5. 記事

    ラグジュアリーなSUV!キャデラック エスカレードの特徴をご紹介!
PAGE TOP