いつの時代もあこがれの先端を行く ランボルギーニ シアン ロードスター

   
 

ランボルギーニ社は2020年7月8日、同社初となるハイブリッドスーパーカーのオープンモデル「シアン ロードスター」を発表しました。販売台数19台の限定生産でしたが、すでに全車完売というから驚きです。

まるで芸術品 ランボルギーニ シアン ロードスター

その彫刻を思わせるような長く、曲線的なラインは真のロードスターと呼ばれるにふさわしい美しささえ感じるデザインとなっています。

稲妻の閃光

車名に採用された「シアン」とは、ランボルギーニが本社を構えるボローニャ地方の方言で“稲妻の閃光”を意味しているとか。シアン ロードスターのボディカラーは「ブルーウラヌス」と呼ばれるもの。名前に違わず、空の輝きを一身に集め閃光にも似た、その不思議な青は他に類を見ないものだといえるでしょう。

カウンタックをイメージ

ランボルギーニ特有のY字型のヘッドライトに、6つの六角形が並ぶテールライト、リアまわりのデザインは「カウンタック」のイメージを彷彿とさせます。そのカッコよさに何枚ものカードを集めた子供時代を経験した方もいるのでは?

六角形は至る所に散りばめられています。エアベントにはオーナーの刻印を入れることも可能だとか。世界でただ一つのシアン ロードスターとなるのです。

EV化

インテリアデザインは基本的に、クーペモデルの「シアンFKP37」を採用しており、左右座席のヘッドレストに合わせた後部デザインは「シアン ロードスター」オリジナルとなっています。

今回登場したシアン ロードスターのベースとなったクーペモデルのシアンFKP37は、ランボルギーニ初のハイブリッドモデルになります。

スポーツカーを生み出す誇り

息をのむデザインと高い性能、そしてその最先端のテクノロジーは、シアン ロードスターはランボルギーニのDNAを継承しつつ、未来へ向けて躍動しているのです。革新的なハイブリッドパワートレインは、ランボルギーニのスーパースポーツカーとして、未来の方向性を表していて、EV化を求める時代にマッチしているといえるでしょう。

ラグジュアリー

オープントップのシアン ロードスターは、究極のライフスタイルを追求するというランボルギーニの思いをあらためて主張するものといえるでしょう。

走り出して見えるものがある

ルーフやそのシステム、素材などに関しては明らかにされていません。

走行時に自動でせり上がるリアウイング、パワーユニット、フロントフェイスやリアまわりのデザイン、可動式エアロデバイスの採用などはシアンFKP37に相応しています。

最高速は350km/h

最高出力が785PS高められた6.5l、V12自然吸気エンジンに、最高出力34PSを発生する48Vモーターが組み合わされたハイブリッドシステになっており、エンジンとモーターを合わせたシステム合計出力は819PS0-100km/hの加速はクーペモデルの2.8秒以下に対して2.9秒以下最高速は350km/h以上になると公表されています。

ランボルギーニ シアン ロードスター

公式ホームページでは、シアン ロードスターのインテリア、エクステリアを360度見ることができたり、走行音まで聞くことができます。

輝きだけは負けない

ランボルギーニには手が届かないけれど…マイカーも輝きだけは負けたくない!そんなあなたに朗報です。[CarZootプロ仕様]【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート育艶-IKUTSUYA』です。【業界初】今まで存在しなかった新感覚の育てるコーティング剤。施工するたびに艶を重ねボディが美しく輝くコーティング剤です。このコーティング剤はとにかく艶と光沢感、撥水がすごい!。展示車両やモーターショーでも採用されるほど。施工方法はとにかく簡単で洗車のあとに塗りこむだけ。国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っているというから安心感もあります。是非一度お試しください。

茨城県の魅力的なサービスエリア!グルメが充実!前のページ

AIとIOTを活用した道路の点検方法について 次のページ

関連記事

  1. 記事

    中古車カタログで見かける10・15モード燃費って何?

    中古車カタログを見ていて燃費の欄に10.15燃費というワードを見かけ…

  2. 記事

    近い将来高速はETCのみになる?高速道路のETC専用化について徹底解説!

    近い将来高速はETCのみになるということが報道としてありますが、その…

  3. 記事

    車とバイクのETC車載器は同じ?車用はバイクにも使える?

    ETC車載器を車に取り付けている人も多いのではないでしょうか…

  4. 記事

    神奈川県には2021年バーガーキングが2店舗オープン!詳細情報をチェック

    神奈川県には2021年バーガーキングが2店舗オープンしており、ショッ…

  5. 記事

    【トヨタ車も伴走?】トヨタ社長が聖火ランナーで工場を走り抜けた2021年

    「五輪で聖火ランナーを勤めたトヨタ社長の件について詳しく知りたい。」…

  6. 記事

    女性必見!ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)でおしゃれにドライブ!おすすめのキーケース…

    ドライブするのに欠かせないのはキーケースやキーリングです。高級ブラン…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    トヨタが世界生産台数を5年ぶりに首位奪還!トップスリーの状況と今後の展開は?
  2. 記事

    ストラットタワーバーって何?詳しく紹介!
  3. 記事

    九州レトロモービルカウンシル2021とはどんなイベントなのか?レトロカーファンに…
  4. 記事

    【2021年】たまった汚れは掃除機で吸いとって綺麗に!
  5. 記事

    軽自動車におすすめヘッドライトコーティング剤とは?
PAGE TOP