いすゞの車種ならコレ!新車を徹底解説!! 2020年度版

   
 

今回はトラック生産の国内最大手のいすゞの車種、2020年度版を紹介します!

いすゞとは

いすゞ自動車は、トラックやバスなどの商用車を主に生産している日本のメーカーです。
国内でのシェアも非常に高く、小型・大型トラックともに安全性をはじめのスペック面やコスパといった部分でトップクラスといわれています。
製造する車種を絞っているため収益力も高く、生産にかかるコストとのバランスが取れているのも特徴です。

いすゞの車種の特徴

ディーゼルエンジンの性能が高い

いすゞ自動車には、ディーゼルエンジンが搭載されています。
ディーゼルエンジンはエネルギーを効率よく使えるように設計されているため、パワーがあるのが特徴です。
しかも、ディーゼルエンジンはパワーがありながら外国車のようにエンジン音が大きいわけではなく、静音設計されているのがポイントです。
なのでいすゞのディーゼルエンジンは「良質なディーゼルエンジン」と海外のシェアも高いメーカーです。

購入費が安く、初期費用がかからない

いすゞはトラックに特化した車両の販売を行っています。
生産ラインもトラックに特化したラインになっており、トラックメーカーの中では価格も安く、初期費用が他のトラックメーカーに比べて安いです。
その為、いすゞ自体も収益性が高く、ユーザー側も安くトラックが手に入るのでまさにウィンウィンの関係です。

いすゞのおすすめな車種を3選!

エルフトラック

価格
6,666,840円(2RG-NPR88AN)
スペック

  • ワイドキャブ ロングホイールベース
  • SGグレード
  • 2トン積 Eカーゴ(アルミコルゲート)バックアイカメラ付き

特徴
新型エルフは、最新の先進安全装置を新たに標準装備しています。
これにより、昼夜を問わず人や自転車などの障害物を立体的に検知。
衝突の恐れがあると判断すると、車間距離警報を作動させフットブレーキ操作を促し、事故を防止します。
このように小型トラックに先進の安全装置を標準装備し、より安全性が高まったのが新型エルフの最も大きな特徴です。

特にエルフはトラック運転初心者の人が乗るトラックですので、安全性能が高いというのはそれだけで大きなメリットと言えます。

フォワード

価格
7,651,350(FRR90S2)
スペック

  • 低排出ガス重量車認定
  • F-CARGOドライバン・ショートキャブ
  • GVW8トン車
  • 110kw(150PS)
  • 6速スム―サーEx

特徴
6代目となる新型「フォワード」は、新開発のエンジンと新型変速機スムーサーFxを搭載、キャブのフルモデルチェンジによって、排ガス規制・運転免許制度の改正などの大きな環境変化への対応をした中型トラックです。
特に中型トラックは上記のように運転免許制度の改正により需要が大きく変化した車種です。その変化にも対応しているフォワードは中型トラックの中では性能は他のトラックよりも頭ひとつ抜けている印象。
安全性、性能共に非常に優秀なので、中型トラックの購入をご検討であればまずフォワードをオススメします。

ギガ

価格
仕様によって大きく異なる
スペック

  • 全長:11810
  • 全幅:2490
  • 全高:3180
  • 総排気量(cc) :9839
  • サスペンション仕様:4バッグエアサスペンション

特徴
最新モデルのギガは、とにかくドライバーの快適性、安心感、使い勝手が大幅に進化しているのが特徴です。
最大の特徴がひと目見てわかるほどキャビンの広いです。
ドライバーにとって大型トラックのキャビンは、トラック運転手にとって日常の仕事場、オフィスであり、衣食住をする生活空間でもあります。
キャビンが広いというのはトラック運転手にとって大きなメリットになります。
また安全性能も向上しています。
従来の標準レンズに加え、広角レンズを搭載することで検知精度を高めており、単眼カメラ2個を使うのは国内大型トラック初です。
歩いて移動する歩行者や立ち止まっている静止した歩行者のどちらも検知可能になりました。

特にトラック業界においては最新モデルのギガの性能は段違い、大型トラックの購入を検討しているのであれば、絶対にギガを購入した方がいい!と断言できるほど、ギガの性能は良いです。
安全性はもちろんですが、やはりなんといってもキャビンの広さ。
この快適さを味わってしまうと他のトラックには戻れないほど、快適な広さを誇っています。

トラックの安全性を保つには?

トラックの安全性を保つにはやはりトラックの手入れは必須。
特にサイドミラーのケアはトラックを運転する上では必要不可欠です。

そこで紹介したいのがcarzootのサイドミラー コーティング

この商品はプロ仕様でありながら、低価格でお手軽にサイドミラーの手入れができます。

新車に限らずトラックを運転するのであれば、あって損はない商品だと思います!

茨城県の電気自動車の充電スタンドまとめ!前のページ

伝統がある光岡自動車ファン必見! 2020年度版おすすめの車種を徹底解説!次のページ

関連記事

  1. 記事

    エンジンかけっぱなしで降車することは犯罪!他にもトラブル満載のエンジンかけっぱなしに注意!

    あなたは、コンビニの駐車場などに車を停め、そのままエンジンをかけっぱ…

  2. 記事

    それぞれ役割がある車高調整に必要なパーツ

    車の高さを下げても乗り心地が変わらない車高調車は安定性、操作性に向い…

  3. 記事

    埼玉県には魅力的な釣りスポットあり!キャンプも楽しめる!

    埼玉県には家族で楽しめる魅力的な釣りスポットがあります。釣りのみなら…

  4. 記事

    増えていく高齢者ドライバーの事故の特徴と対策法

    過疎化や高齢者社会が進むに連れ生活の足となっている車。主観的な部分が…

  5. 記事

    信号機の設置方法とは?工事過程にも注目してみた!

    我々の安全を守ってくれているのが信号ですが、そもそもどのようにして作…

  6. 記事

    バックモニターの歴史を調べてみた!絶対に必要なバックモニター!

    自動車を運転していて、「バック駐車が苦手なの、」という声はよく聞くお…

新着記事の一覧

  1. 【香川県】おすすめのトラック用品店と持っておきたいアイテム!…
  2. 驚異の排気量‼︎フォルクスワーゲン トゥアレグを細かく紹介
  3. スズキのセーフティーサポート‼︎究極の安全機能とは?
  4. ランチアは日本で買える?沿革と社長について紹介
  5. 車で行ける徳島県の植物園をご紹介!
  1. 記事

    シュアラスター [ヘッドライトクリーナートリプルコーティング]Amazon悪いレ…
  2. 記事

    坂の多い長崎県から引っ越しにおすすめの乗り捨て可能なレンターカーショップを4選紹…
  3. 記事

    大分県の免許センターはここ!詳細をまとめて紹介!
  4. 記事

    ダイハツ「タフト」に興味がある方必見!特徴を徹底解説
  5. 記事

    激動の時代の時代の高級車「ベントレー」
PAGE TOP