いすゞがエンジンを外部調達!その理由はコスト削減および電動車へ集中にあり

   
 

いすゞ自動車の気になるニュースが舞い込んできました!ディーゼル型のトラックエンジンになりますが、自社で製造するのではなく外部から調達する方向でまとめているそうなのです。

なぜ、いすゞはエンジンを外部調達することになったのでしょうか?その理由を徹底解説します。

いすゞによるエンジンの外部調達関連情報をご紹介!

いすゞによるディーゼル型のトラックエンジンの外部調達関連の情報を深読みします。なぜ自社での製造を断念したのでしょうか?

ニュースの概要

いすゞ自動車は収録であるディーゼル型トラックのエンジンを2021年中にアメリカのエンジン大手であるカミンズから供給を受けることで合意がされたとのことです。

そもそもトラックの性能を左右することになるのがエンジンです。したがって通常は自社で開発及び生産をすることになります。不具合があったときなども原因究明がしやすいなどのメリットもあります。そんな中、いすゞはエンジン供給という新たなチャレンジをすることに。

ただ、すべてのエンジンを供給に頼るわけではないようです。排気量であるとか馬力が比較的大きな中型トラックの一部の車種については、カミンズで開発されたエンジンを搭載させるとのこと。そしてそのエンジンを搭載した車種は2021年中に販売が始められることもわかっています。

一方でいすゞもカミンズにエンジンを提供する話が出てきています。いすゞの主力の一つである小型トラック向けエンジンです。まだ合意されているわけではありませんが、検討段階に入っているとのこと。

なぜ外部調達することになったのか?

いすゞがエンジンの外部提供を受ける理由として考えられるのが、エンジンの研究開発にかかるコストカットでしょう。いすゞでは、年間で数十億円ほどコストが掛かっています。現在自動車業界では電動車などの次世代車などの開発が進みつつあります。しかし自社でエンジンを開発すると、そちらに予算が回せません。そこでエンジンの研究開発費をカットし、その分を次世代車の開発へ振り分けるそうです。

いすゞがなぜそこまで次世代車に力を入れるかというと、そもそもトラック業界の脱炭素化の動きは遅れています。しかしトラックの電動化も急務となっており、今開発しなければ遅れを取ることになります。そこでスウェーデンのボルボであるとかホンダなどとタッグを組んで研究開発を行っています。ただ予算が少ないとそちらの連携もうまくいかなくなります。

電動車開発への予算の捻出が、エンジンの外部調達の目的なのです。

ダイムラーのEV化にも注目

いすゞが意識しているのはダイムラーです。

ダイムラーは、2039年までにトラックとバスのすべての新型車をヨーロッパや日本、そして北米でCO2ニュートラル化する目標を発表しています。

またEVトラックおよびEVバスも2022年までに投入する計画も発表しているほどです。

環境性能の高い車を求める会社も増えています。いすゞとしても、ダイムラーに先を越されるわけには行きません。そこで予算を増額し、強化する策に出たわけです。

簡単すぎるおすすめのコーティング剤がここに登場!

本格的なコーティング剤ではないものの、ピカピカとなるお手軽なポリマー系コーティング剤はいかがでしょうか?プロも愛用するほどの代物なので、是非試してほしいところです

そのポリマー系コーティング剤ですが「[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』」といいます。耐久期間は2ヶ月程度ですが、1本で3年間分利用できるのでコストパフォーマンスもバッチリです。

アマゾンで売られていて、かかくは税込みで2,980円になります。送料は無料なのでお買い得です。気になる方は、口コミもチェックしてみてはいかがでしょうか?

関彰商事が水戸支社(水戸市)と鹿行支社(茨城県神栖市)を新設!そのワケとは?前のページ

【2020年】アルミ圧延品の出荷が約10%減!車業界への影響をチェック!次のページ

関連記事

  1. 記事

    LET’S DRIVE !栃木でおススメパワースポット3選

    いつもなら、あちらこちらに出かけて、夏を謳歌していたはずなのに、今年…

  2. 記事

    東京都で免許更新するなら免許更新センターへ

    東京都にお住いの皆さん。免許更新する際、どこに行けばいいのか分からな…

  3. 記事

    バッテリー販売のBatteriesARJの特徴とおすすめの商品

    愛車を持っている人は、カー用品店に足を運んだり、インターネッ…

  4. 記事

    バラードはスポーツクーペとして誕生!改良を重ねられたバラードに注目

    バラードはスポーツクーペとして誕生し、改良を重ねられています。中古車…

  5. 記事

    LEDライトは他のライトと違うのか?走りやすさなど徹底解説!

    自動車のヘッドライトが、年々進化を遂げてきたことをご存知でしょうか?…

  6. デザイナーB

    【展望】ビュイック歴代社長の功績をご紹介!今後はどうなっていくのか?

    あなたは「ビュイック」という自動車ブランドをご存知でしょうか?ビュイ…

新着記事の一覧

  1. 「スズキ・エブリイワゴン」人気の理由は?中古市場価格はどうな…
  2. 中古車市場で人気の高い「ダイハツ・タント」の中古市場価格は?…
  3. 今でもブーム!長年人気のミニバンからオススメ車種をご紹介!
  4. 2021年夏デビュー!?次期型「VW・ゴルフRヴァリアント」…
  5. 2021年最新!農業にオススメの軽トラックをまとめて紹介
  1. 記事

    燃費にいいのは〇〇キロ?燃費の良い運転とは   
  2. 記事

    宮崎県の子供から大人まで楽しめる交通系施設を一挙紹介
  3. 記事

    元トヨタ社長山本幸助氏が死去。どんな功績を残したのか紹介
  4. 記事

    車のバッテリーはアイドリングでは不十分?充電トラブルの対処法!
  5. 記事

    ブラジルの道路事情や公園を紹介 2021年最新版 
PAGE TOP