あのランボルギーニが停滞?なぜ?

   
 

ランボルギーニといえば、自動車の中でもとびぬけた知名度を持っている高級車です。
多くの市民が気兼ねなく購入できるような自動車ではありませんが、それでもプロ野球選手をはじめとして多くの人に愛されている自動車です。
しかし、そんなランボルギーニが売り上げを落としているようです。
なにがあったのでしょうか?

ランボルギーニ、売り上げは11%減

2020年通期決算

ランボルギーニ(Lamborghini)は2021年3月18日、前年2020年通期(1~12月)の決算を発表しました。ランボルギーニの発表によれば、売上高は16億1000万ユーロ(約2090億円)で、これは前年の18億1000万ユーロに対して、およそ11%減という結果になっています。

2020年の世界新車販売台数は7430台。こちらに関しては前年比は9%減にとどまっていますが、前年実績を上回ることができなかったのは実に10年ぶりのこと。
全販売台数7430台のうち4391台と大きく幅を利かせたのがSUVの『ウルス』ですが、こちらに関してもおよそ12%減と前年と比較すると減少しています。

ではランボルギーニの販売するすべての自動車が低調だったかというとそういうわけではないようです。
V10エンジンを搭載する『ウラカン』シリーズは前年2193台を販売。
これは前年比較で3%のプラス。ランボルギーニ全体の問題ではなさそうです。

売り上げを市場別にすると、米国が2224台を販売で、こちらは前年に引き続きランボルギーニの最量販市場となっています。
ドイツは607台、中国&香港&マカオで604台、日本で600台、イギリスは517台、イタリアは347台の販売となっています。これらの前年比は6.9%減。
こちらも前年と比較して減少したのは2014年以来6年ぶり。

マイナスという事実の裏

さて、マイナス、低下といってしまえばそれだけですが、これは実は決してネガティブなことではありません。

なぜなら2020年は新型コロナウイルスの影響を大きく受けた年。
ランボルギーニは従業員の健康を守るために70日間の業務停止などをおこなっています。
これだけの業務停止期間がありながら売り上げの減少を9%にとどめたという点に着目すべきでしょう。
むしろウルスに関していえばそれだけのハンデがありながら4391台も売れたというのは驚異的なことといえます。

ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは「2020年の業績は、世界的に困難が続いた一年であったにもかかわらず、ランボルギーニの全社員が大変な尽力と不屈の精神で素晴らしい仕事を成し遂げたことを明確に物語っています。」とこの実績のすばらしさを感じさせるコメントを残しています。

自動車のメンテナンス、さぼってない?

さて、ランボルギーニの実績を讃えるのも素敵ですが、そもそも自分の自動車は大丈夫でしょうか?
誰よりも最高のメンテナンスを行いたいあなたへおすすめしたいのがCarZoot社の販売している窓ガラス用撥水コーティングキット『RainCut-Fu-』です。

プロ仕様の強力なフッ素加工で驚くほどの撥水効果を実感できる商品なのですが、メンテナンス初心者にも優しい薬液、スポンジ、クロスが全て含まれた施工キットです。
30km/hというスピードで窓ガラスの水滴を吹き飛ばし、ワイパーなしでもクリアな視界を確保できるほど強力な商品です。(雨の程度に応じてワイパーの使用はおこなってください)

この商品のなによりも大きな魅力は、その効果の持続時間です。
1回の施工の効果が12ヶ月も続きますのでコストパフォーマンスという点でこの商品を上回れる商品はそうそうありません。
ぜひ手に取ってその効果を実感して下さい。

NEXCO中日本が凄惨な事故を忘れないためにした工夫とは前のページ

東日本大震災を忘れないために次のページ

関連記事

  1. 記事

    【自動車整備事業者向け】2021年支援ウェブサイト構築について解説

    「アフターサービス向けウェブサイトについて詳しく知りたい。」…

  2. 記事

    【安曇野警察署ふれあいコンサート】長野県で行われる交通関連イベントをご紹介!

    長野県で行われる交通関連イベントをご紹介します。長野は夏は暑…

  3. 記事

    2021年に現代自動車で冬春にオススメしたい車を紹介!!

    世界で人気を誇っている韓国の自動車メーカー「現代自動車」を皆さんは知…

  4. 記事

    電気自動車を使用している人必見!栃木県の充電スタンドを紹介!

    電気自動車の普及に伴い、電気自動車の充電スタンドの需要も高まっていま…

  5. 記事

    中国産(EV)テスラとBMWが輸出開始!?その内容とEVについて解説!

    中国産のEVが輸出始動って記事になっていたけどEVってなんのことだろ…

  6. 記事

    ディオンは魅力があるが販売台数が低迷!中古車はお得にゲットできる!

    ディオンは様々な魅力がありますが、販売台数が低迷しています。中古車は…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    北海道で植物園に行くならここに行こう!インスタ映えする写真も撮れる名スポット!
  2. 記事

    【車の未来】岩谷産業などジェームス奈良大安寺店の水素STとは
  3. 記事

    駐車場はどこにする?水戸ホーリーホックの本拠地周辺でおすすめをご紹介!
  4. 記事

    【秋田県】県内でおすすめできるフルボディーコーティングのショップはこちらです!
  5. 記事

    山形県は温泉や買い物も楽しめる!SNSに投稿したくなる場所2021年Ver
PAGE TOP