あのデロリアンにも採用されているガルウィングとは

   
 

皆さんはドアが上下に解放する車があることはご存知ですか?車に詳しい人は勿論、そうでない方も一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。スーパーカーによく見られるその構造を「ガルウィング」と呼びますが、最近では日常生活で見かけることはかなり稀になりました。そこで今回はカッコイイデザインの代表とも呼べるガルウィングについてご説明したいと思います。

カモメの翼「ガルウィング」

スーパーカーブームの時に登場した「ガルウィング」は跳ね上げ式ドアとも呼ばれ多くの車好きに注目されていました。一度注目され始めてからは多くの類似品も登場しましたが、正規のガルウィングの元祖とも呼べるものは1954年に登場した「メルセデス・ベンツ300SLクーペ」でした。ガルウィングは「カモメの翼」の意味を持ち、ドアを開けている状態がカモメが空を飛んでいる様子からその様に呼ばれていました。

ガルウィングの始まり

先ほども説明しましたが、ガルウィングを最初に採用したのは「メルセデス・ベンツ300SL」です。当時のレーシングカーは車体を軽量化しつつ同時に強度を上げるために「マルチチューブラースペースフレーム」が採用されていました。このフレームは通常のドアの位置にもパイプを入れ補強していたのでサイドシルが高くなり、横開きのドアでは乗降りがしにくくなってしまいました。そこで問題を解決するために登場したのが上下に開閉することが出来る「ガルウィングドア」でした。これによりドアの空間が広がりサイドシルが跨ぎやすくなりました。これからわかるようにガルウィングの始まりは乗降りをし易くするための実用性を上げるためのものだったのです。

メリットとデメリット

ガルウィングの始まりはスポーツカーに無くてはならない言わば必然性によって採用されていました。しかし、現代の市販車で採用されているのは別の意味があります。それは、横方向のスペースを気にすることなくドアの開閉ができることにあります。実際にはドアと壁の隙間が30㎝ほどでもドアを開け閉めすることが出来ます。このため狭い場所に駐車した際も乗降りが可能なのです。そしてもう一点通常のドアより優れている点は、その構造からルーフに頭をぶつける心配がないことです。これにより後部座席への乗降りも楽に行えます。

ですがデメリットも存在するのも事実です。まず構造上どうしてもドアが重くなってしまいます。これはスポーツカーに採用されていた際の強度を上げるためのものだった事が大きな要因です。これを支えるためにダンパーをなどの機構を使用しています。しかし、この機構が弱まるとドアが勝手に降りてしまうという問題が発生しました。そしてもう一点、通常ではほとんど気にしないで良かった上方向のスペースの確保が必要になりました。つまり、天井の低い駐車場や場合によっては立体駐車場ではドアを開けることができないのです。これらの理由からガルウィングは現在の市販車にはほとんど採用されておらず、普及もしませんでした。

ガルウィングが採用されている車

現代では普及しなかったガルウィングですが、その見た目のカッコ良さから人気の構造であることは間違いありません。例えばあの有名なハリウッド映画の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する「デロリアン・DMC-12」もガルウィングを採用しています。国産車ではマツダの「オートザムAZ-1」が有名なのではないでしょうか。やはり当時のスーパーカーと呼ばれる車には多く採用されており、車好きを虜にしていたのです。

まとめ

現在はなかなか見ることが出来ないガルウィングですが、もし公道で見る事ができればやはりテンションが上がるものです。それほど魅力的なデザインであることは間違いありません。今の時代の車は見た目よりも機能面や燃費などの内容重視なので、これから販売される車に採用されることは厳しいかもしれませんが、課題を解決し再ブレイクしてくれることを陰ながら祈っています。

プロも驚くその効果!ガラスコーティング剤

プロも驚くほどの強力なフッ素加工により驚異の撥水効果を実現しました。この効果は1年以上続くことも確認されておりコスパも最高です。また、油膜除去剤・スポンジ・クロスのコーティングに必要な道具もセットになっているのでこれ一つで車のガラスの洗浄を行えます。是非愛車のお手入れにCarZoot社のガラスコーティング剤をご使用ください。

オフロード車で採用されているリジッドアクスル式サスペンションとは?前のページ

車に人口知能!?コネクテッドを搭載した走るインターネット次のページ

関連記事

  1. 記事

    ついに!東北のバスにもSuica(スイカ)が導入!使い勝手が格段にアップ!

    JR東日本で利用できる交通系電子マネーがスイカです。様々な電子マネー…

  2. 記事

    福島県で橋デートするならつばくろ谷や雪割渓谷がおすすめ!魅力的な景色を写真におさめよう!

    福島県にはつばくろ谷や雪割渓谷など、きれいな景色を楽しめる橋がありま…

  3. 記事

    英国王室ご用達?ゴヤールのおすすめ小物とは?

    ファッションにおいて小物を重要視していますか?ファッションに…

  4. 記事

    マセラティ カムシンは生産台数が少ないので中古車市場をチェック!

    マセラティ カムシンは様々な事情があり、生産台数が少なくなっています…

  5. 記事

    トヨタから販売された名車「トヨタマークⅡ」。生まれたストーリーとスペックとは?

    トヨタの人気車両の一翼を担っていたトヨタマークⅡ。そ…

  6. 記事

    運転免許の更新で視力検査に落ちてしまった人向けに、不合格後の対策について解説!

    免許更新のはがきが家に届き、もう免許更新の時期か・・・と感じ…

新着記事の一覧

  1. 子供におすすめF1関連のおもちゃをいくつか紹介
  2. 2021年度版 維持費節約のためのエコな車を紹介!(普通車編…
  3. 現代は中古ナビで十分!?中古のメリットとデメリットを紹介しま…
  4. 実は余分に車の維持費払ってない?やってしまいガチなメンテナン…
  5. ユーズドタイヤ(中古タイヤ)にするといくらぐらいの節約になる…
  1. 記事

    【創業から100年!】ベントレーの創業者について紹介
  2. 記事

    新車を買った時にしてはいけないNGな行動とは?
  3. 記事

    カングー限定のオートキャンプ開催!カングーの魅力とは?徹底解説!
  4. 記事

    HONDA NSX 30周年記念!!特設サイトも紹介 
  5. 記事

    ポルシェとフェラーリのエンブレムは一緒?何か意味はあるの
PAGE TOP