あいおいニッセイ同和損保がEV車に初めて車両保険割引を適用【トヨタの超小型車C+pod】

   
 

電気自動車(EV)の車両保険について知っていますか?
あいおいニッセイ同和損保は、トヨタの超小型EV車を車両保険割引の対象にすると発表しました。そこで、EV車に初めて適用されたあいおいニッセイ同和損保の車両保険割引についてご紹介します。

あいおいニッセイ同和損保の車両保険割引とは

あいおいニッセイ同和損保は2020年12月28日、トヨタ自動車が12月25日に発売した超小型EV車「C+pod」を対象に、性能が優れた自動車向けの車両保険割引「ドーン!とおまかせ」を適用すると発表しました。適用に至った経緯と割引内容について説明します。今後、EV車の購入を検討している方や、EV車に興味のある方は参考にしてみてください。

車両保険割引「ドーン!とおまかせ」とは

「ドーン!とおまかせ」と呼ばれる「耐損傷性・修理性割引」は、D&R性能が優良な自動車向けの車両保険割引です。D&Rとは、Damageability(壊れにくさ)、Repairbility(修理しやすさ)のこと。あいおいニッセイ同和自動車研究所が自動車メーカーからの申し出に基づき衝突実験を行い、新型車のD&R性能を測定します。この評価をもとに「ドーン!とおまかせ」を適用するかを判断しています。

トヨタの超小型EV「C+pod」はこの衝突実験をクリアし、D&R性能が優良だと認定されました。車両保険に対して10%割引が適用されます。EV車で車両保険割引が適用されるのは初めてです。

あいおいニッセイ同和損保の今後の展望

あいおいニッセイ同和損保は、国内の損害保険会社で唯一、衝突実験設備を持っています。この強みを活かした保険が「ドーン!とおまかせ」です。あいおいニッセイ同和損保はそのほかにも他の損害保険会社とは一線を画す取り組みを行っています。

「電動車活用社会推進協議会」や「水素バリューチェーン推進協議会」などへの参画を進めており、環境に配慮した電動車の普及をめざしています。また、安全運転を保険料に反映する「テレマティクス自動車保険」、地域の移動確保に向けて導入が進む電磁誘導線を使用した「自動運転車(低速EV)」向けの自動車保険の割引などを、業界に先駆けて実施しています。

トヨタの超小型EV「C+pod」とは 

ここで、トヨタの超小型EV「C+pod」についてご紹介します。
2020年12月25日に発売された「C+pod」は、EVの普及を検討してきた法人や自治体などを対象に限定販売されています。個人向けの販売は、2022年を目標に開始する予定です。

C+podのサイズは、全長2490mm、全幅1290mm、全高1550mmのコンパクトボディ。「普通充電」に標準対応しているため、自宅や外出先で気軽に充電できます。

安全面では、軽自動車向けの基準をもとに、超小型モビリティ用の安全基準に対応しています。車体は衝突エネルギーを効率よく分散吸収させる構造になっています。また、歩行者への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディを採用。さらに、先進安全装備も完備しています。昼夜問わず車両・歩行者・自転車運転者を検知。低速走行時に障害物との衝突を回避したり被害を軽減したりする「パーキングサポートブレーキ(静止物)」も設定しています。

価格は、標準グレード「X」が165万円、上級グレード「G」が171万6000円。
トヨタの「C+pod」は、安全性と使いやすさを追及した超小型EV車と言えるでしょう。

EV車の拡大とともに保険も充実へ!【CarZoot社のホイールコーティング剤も紹介】

あいおいニッセイ同和損保がトヨタの超小型EV車「C+pod」に適用した車両保険割引についてご紹介しました。今後、EV車が普及するにつれてEV車が対象の保険に注目が集まることでしょう。また、C+podが衝突実験をクリアしたことにより、小型EV車の安全性にも期待が寄せられるとみられます。今後EV車の購入を考えている方は、最新の情報をチェックして購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

どんな車でも定期的なメンテナンスとケアが必要です。ホイールには、CarZoot社のホイールコーティングをおすすめします。

CarZootのホイールコーティングは、アルミホイール専用に開発されたコーティング剤。耐久性は3年以上、耐熱性にも優れたガラス被膜が、ホイールを美しく保ちます。ブレーキダストを寄せ付けず、もしダストが付いた場合は簡単に洗い流せます。

スポンジやマイクロファイバータオルなど必要な道具がすべて付属しているため、届いてすぐ使用可能です。日本で開発・製造され、専門店でも使用されているプロ仕様のホイルコーティングを、ご自宅で体験してみてはいかがでしょうか。

プラチナ通りを起点にした事業計画前のページ

セリーヌの車に合う小物をご紹介 次のページ

関連記事

  1. 記事

    車検証に記載されている乾燥重量、車両重量、車両総重量ってなに?

    車の購入時に車の重量を気にする人は少ないと思いますが、車検証には「車…

  2. 記事

    スペックも要チェック!2020年版!BMWアルピナのおすすめな車種を徹底調査!

    スタイリッシュな高級車を続々発表するBMWアルピナですが、またまたニ…

  3. 記事

    高級輸入車はレザーシートが定番?

    輸入車のシートと言えば、レザーシートをイメージする人も多いの…

  4. 記事

    【新型MAZDA2の最新情報】次世代の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を全車に標準搭載

    「マツダのMAZDA2について詳しく知りたい」「新車を購入す…

  5. 記事

    SUV車の代名詞!JEEPの2020年人気モデルとは?

    ジープといえば世界発のSUV車であり、だれもが知っているSUV車では…

  6. 記事

    日産自動車と平塚市が電気自動車を使った災害連携協定を締結!その内容に迫る!

    去る10月28日に日産自動車を始め、神奈川県平塚市、日産車体、神奈川…

新着記事の一覧

  1. アプリリアが新型RSV4を発売!よりスポーティーな走りを楽し…
  2. MINIがジョンクーパーワークスの限定車を販売!あっという間…
  3. イタルデザインとデロリアンがコラボして伝説の車が復活する!
  4. メルセデスベンツEQAにAMGのラインナップが登場!EVでも…
  5. ブリジストンは石橋正二郎が作った会社!どうやって成長したのか…
  1. 記事

    静岡県には車でアクセス可能なテニスコートあり!気軽に利用できるテニスコートを紹介…
  2. 記事

    【まさに近未来!】すぐそこまで来ているトヨタが開発しているe-Paletteとは…
  3. 記事

    カーナビについているVICSとは?機能と使い方を紹介!
  4. 記事

    車のサスペンションって何のためについてるの?
  5. 記事

    【2020年最新版】車が大好きな子どもが感動するクリスマスプレゼントを紹介!
PAGE TOP