【Web限定】ユピテルがSTARVIS搭載HDR機能の超広角ドラレコ”WD320S”を発売!

   
 

ユピテルは、SONY製の高感度CMOSイメージセンサ:STARVISを搭載したドライブレコーダーとしてWD320Sの発売を発表しました。HDR機能も搭載していますので、逆光下での白飛び、夜間の黒つぶれなく鮮明な映像を撮影可能です。視野角160°のレンズを搭載していますので、広範囲の映像取得が可能となっています。Web限定販売ですので、お買い求めの際は公式Webサイトを訪ねてください。

WD320Sについて

WD320Sに搭載されている顕著な機能についてご紹介します。

ハイダイナミックレンジ(HDR)機能

もはや近年のドライブレコーダーには必須の機能となりつつあるのがHDR機能です。日中天気の良いとき、逆光下や明暗差の大きいトンネル出口で目が暗む経験は誰でもあります。ドライブレコーダーでも同様で、急激な明るさの変化に追従できず、映像が白くなってしまうことがあります。

逆もあり、夜間の撮影時に黒くつぶれて映像が視認できないといった現象が生じます。

HDR機能を搭載することで、この双方を改善することが可能です。

アクティブセーフティ機能

先行車の発進、先行車との接近のしすぎ、さらに車線のはみ出しをお知らせしてくれる機能です。昨今、自動運転技術の発展に伴って警告通知をしてくれる機能が充実していますが、昔から乗り続けている愛車にはその機能が搭載されていない、でも機能を拡充させたいといった状況には適しています。

ただし、先行車との距離や周囲の状況、気象条件などの環境条件によってはうまく動作しない可能性がありますので、過信は禁物です。

SUPER NIGHT機能

STARVISは、他CMOSイメージセンサよりも大きなピクセルサイズを有しています。通常、2.0μm程度が主流ですが、STARVISでは2.9μmを搭載しており、ピクセルサイズが大きいことで、ごく少量の光でも捉えることが可能となります。

結果的に夜間でも鮮明な映像を捉えることが可能となり、街灯の少ない夜道でも歩行者などの周囲状況を記録することができます。

高画質200万画素FULL HD&超広角撮影

ドライブレコーダーの視野は広ければ広いほど良いです。近年では360°カメラも登場していますが、ドライブ中の事故に限って言えば前方180°が視認できれば問題ない、というのがほとんどです。WD320Sでは前方160°の視野範囲を撮影できる超広角レンズを搭載し、また200万画素の高画質STARVISを搭載していますので、広いエリアを鮮明に記録することが可能です。

ユピテルについて

ここではドライブレコーダーのサプライヤーであるユピテルについて少しご紹介します。

供給製品について

株式会社ユピテルは東京港区に本社を置く無線通信機器メーカーです。ドライブレコーダーの主要サプライヤーとして、その地位を確たるものにしています。製品としては、ドライブレコーダーから始まり、レーダー探知機、ポータブルカーナビなどの自動車用電装機器を得意としています。

経営破綻からの復活

1984年には会社更生法の適用申請し、事実上の経営破たんを経験しています。不調であったカラオケ向け・音響機器から撤退し、電話機やワイドバンドレシーバーなどの通信機製造に参入します。輸出を拡大して1994年には売上高を248億円まで伸ばし、2004年には債務完済を経て現在の経営に至ります。

ゴルフ関連ギアも充実

ゴルフを嗜む人からも結構知名度が高いです。ゴルフ用の距離計(レーザータイプ)の製造・販売も行っています。スイングトレーナーも発売しており、スイング軌道&フェース軌道を確認することができるので手軽に自分のスイング把握ができるという点から人気です。

気になる油膜を除去するには

ガラスにコーティングを施して、撥水性を向上させている方も多いです。経年により撥水性が低下した場合、再コーティングをすれば撥水性が向上するのですが、一度古いコーディング剤を全て除去しなければなりません。これをしないと、塗りムラが生じるだけでなく、次のコーティング持続性が低下します。

そこでコーティング剤や水アカ除去に最適なガラスクリーナーとして、CarZoot社のガラスクリーナーをご紹介します。

ガラスコーティングを施す前に、このクリーナーを使って油膜を除去することで、ガラスを綺麗かつコーティング剤が付着しやすい状態にもっていくことができます。洗車だけでは落とすことが難しい、油膜や水アカ・ウロコまで綺麗に除去することも可能です。

プロが実店舗でコーティングを行う前に使用しているガラスクリーナーですので、実力も折り紙付きです。コーティングを検討されるタイミングで、一緒にガラスクリーナーも検討なさってみてください。

CarZoot社 ガラスクリーナー

【公募】先端技術を活用した新しい交通運輸に関するアイデアの募集!国土交通省より前のページ

【2021】超小型モビリティの積載物の重量制限緩和か?警察庁が発表次のページ

関連記事

  1. 記事

    ダイハツのブーンルミナスは中古で買える?性能や価格を知っておこう!

    ダイハツのブーンルミナスという車を、ご存じでしょうか。どんな車なのか…

  2. 記事

    千代田区神田神保町でおすすめの安い月極駐車場を詳しく紹介

    転勤や引越しで駐車場を新しく探すのに、なかなかいいところが見…

  3. 記事

    トヨタ・カローラ GRスポーツ!日本版は2021年秋に発売の見込み!

    「トヨタのカローラについて詳しく知りたい」「新車を購入すると…

  4. 記事

    一人乗りロボ「ラクロ」のシェアリングサービスのフランチャイズオーナー募集!新たなビジネスチャンスとな…

    自動運転機能が付帯している注目の一人乗りのロボが登場しました。小型の…

  5. 記事

    フォルクスワーゲンの純正ナビ「Discover Pro」新時代の機能とは

    フォルクスワーゲンは言わずと知れたドイツの自動車メーカーで、販売台数…

  6. 記事

    タイヤメーカーのネクセンについて徹底解説!どんな品質のタイヤを作っているの?

    あなたはタイヤメーカーの「ネクセン」という会社をご存知でしょうか?今…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    ドライブで行くのがおすすめ!都心から離れて緑豊かな自然を感じれる、カフェスポット…
  2. 記事

    実は2021年の現在も活躍中!図書館車ってどんな車なの?
  3. 記事

    【新型高級車】レクサスESを2021年上海モーターショーで初公開
  4. 記事

    ドライブしながら涼しくなろう!沖縄の心霊スポットご紹介!
  5. 記事

    2020年青森県で話題になった車ニュースをまとめてみた!SNSでバズったツイート…
PAGE TOP