【GL8 アベニール】ビュイックのニューモデル!ゴージャスなミニバンが登場!

   
 

国内ではあまり見かけない海外メーカーなのがビュイックです。しかしハイスペックな車種も多く注目している方も少なくありません。

今回はビュイックのニューモデルであるGL8 アベニールについて徹底解説します。2020年に登場したその新車種にはどのような特徴があるのでしょうか?

ビュイックのニューモデル!GL8 アベニールとは?

GL8 アベニールのインテリアやエクステリアについて、わかっている範囲で詳しくお伝えします。

まずは中国で発売へ

中国市場向けの高級ミニバンなのがGL8 アベニールです。中国向けの車種なので、日本国内に入ってくるのはかなり限定的になると考えられます。

また価格についてもかなり高く設定されているため、富裕層向けとなります。

GL8 アベニール自体は、2019年の上海モーターショーにて初公開されたGL8 アベニール コンセプトの市販タイプとなります。ビュイックにはすでにGL8と呼ばれるミニバンが存在していますが、その高級版がGL8 アベニールなのです。

豪華なインテリア

航空機のファーストクラスをイメージさせるような内装をしており、2列4人乗りというシートレイアウトでヘッドレストスピーカー内蔵シートを配置しています。

コックピットにはデジタルインストルメントパネルやタッチスクリーン、そしてデジタルクラスタを搭載している、最新鋭機能であるコンシェルジュサービスまで受けられるのです。

後部座席にも目を向けてみましょう。大型センターコンソールを装備しており、さらにはリクライニングシート、そしてシャンパングラスや冷蔵庫も完備されています!車の中で宴会ができるのもGL8 アベニールの強みと言えるでしょう。

ちなみにこれからモデルを複数用意するとの情報も入っており、3列6人乗りや3列7人乗りもラインアップされる可能性があるそうです。

エクステリアにも注目

大型グリルにはスポーティなクロムメッキをアクセントに取り入れています。さらにマルチLEDヘッドライトも取り入れるなど、内部だけではなく外部にもこだわりを持っているのがGL8 アベニールです。

そもそもビュイックってどんなメーカーなの?

日本にいるとビュイックと呼ばれるメーカーについて知らなくて当たり前だと思います。現在、日本では新車を出してないため、メーカー名を聞いたことがない方も多いでしょう。

ビュイック自体はGM傘下のアメリカの自動車メーカーです。実は日本にも以前は導入されており、2000年まで新車の販売等を行っていましたが、現在は撤退しています。

ビュイックが現在販売しているのは、アメリカ、カナダ・メキシコ・中国・台湾・イスラエルです。現在、最も成長しているのが中国市場です。すでに本国のアメリカを上回るほどの売上を記録しており、今回のGL8 アベニールがどれだけ売れるのかにも注目したいところです。

車内が汚れたら特性のインテリアクリーナーで綺麗にしよう!

車のインテリアですが、定期的にメンテナンスしているでしょうか?汚れがそのままであると、徐々に臭いを放つなど最悪の状況にもなりかねません。せっかくニューモデルを購入したのであれば、いつまでも綺麗にしておきたいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「CarZoot 車 クリーナー インテリアクリーナー 掃除 ダッシュボードクリーナー 内装」です。内装の様々なと頃にも利用できるインテリアクリーナーであり、内窓やシート、そしてマットやダッシュボードにも利用可能です。安全性が高い成分を使っており、しかも静電気を抑える効果まであるのでホコリの付着も防げます

天井に使用することも可能なので、車内を丸洗いできる感覚のアイテムなのです。

アマゾンで販売されており、価格は税込み2,480円で送料はかかりません。内装の汚れで悩んでいる方は是非利用を計画してみませんか?

【コルセア】リンカーンのおすすめニューモデル!2020年版をご紹介!前のページ

【トランザム】消滅メーカー「ポンテアック」のおすすめモデルとは?次のページ

関連記事

  1. 記事

    大爆発!?ガソリンスタンドのタッチスタンドを利用しないと危ないってホントなの?

    セルフのガソリンスタンドを利用している方も多いのではありませんか?そ…

  2. 記事

    千葉県車で回ろうドラマロケ地を徹底ご紹介!

    房総半島もあり、巻頭の中でも「南国」のイメージの強い千葉県。そんな千…

  3. 記事

    道路工事の必需品!誘導人形はいくら?いつからあるの?

    道路工事の必需品!誘導人形はいくら?いつからあるの?道路工事…

  4. 記事

    岡山県でタイヤ交換をするならこのお店!サービス充実!

    タイヤを交換したいけれど、お店を選びきれないという方は多いです。お得…

  5. 記事

    福岡県でGoToトラベルキャンペーンが使えるおすすめの宿3選

    観光地やホテル、飲食店や輸送サービスなどさまざまな業態の経済の回復を…

  6. 記事

    ミシュランがSUPER GT 500クラスの2チームなどにタイヤ供給

    ミシュランが2021年の日本国内におけるモータースポーツでのタイヤ供…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    【世界2位の売上高】創立100周年の「コマツ」とは?今後の展望などを詳しく紹介!…
  2. 記事

    自動車ファン必見!日本の車関連番組オススメトップ4! 
  3. 記事

    GMのロゴが57年ぶりに刷新!その理由とは?
  4. デザイナーB

    メルセデス・ベンツのこれまでとこれからの展開 ~現役社長もご紹介~
  5. 記事

    全周囲記録ドライブレコーダー ユピテル「marumie Q20」とは?
PAGE TOP