【F1用語解説】ハイドロリックとは何のこと?そのトラブルの要因とは

   
 

F1用語解説。今回はハイドロリックについて取り上げます。まずはハイドロリック(油圧)について見てから、F1ではどのように使われているのかチェックします。さらにハイドロリックのトラブルが原因で、リタイアに追い込まれた例についても紹介しているので、どうぞ最後までお読みください。

ハイドロリック(油圧)について

油圧あるいは油圧システム、もしくは油圧駆動システム(Hydraulic drive system)とは、主に鉱物油をエネルギーの伝達媒体とした駆動系のことをいいます。

油圧システムは、比較的小型のポンプで大きな力を発揮できる、出力や速度の制御が容易である、遠隔操作が可能であるなどの特徴を持っています。そのため工場では、大きな圧力を発揮するプレス機や加圧装置、荷物用エレベーターから各種小型機械の昇降用動力などに多用されています。

一般的によく見かける油圧機械としては、建設機械や荷役機械があります。パワーショベルやフォークリフトの作業機部分の動力は油圧を用いています。また自動車のブレーキやパワーステアリングにも幅広く使われています。

F1におけるハイドロリック

ハイドロリックは、油圧もしくは油圧を使用するシステムのことを指しますから、F1でも広く用いられています。具体的には次のような箇所で使われています。

・ギヤボックスのギヤセレクションシステム
・ディファレンシャルの作動制御
・スロットルコントロールシステム
・クラッチシステム
・パワーステアリング
・ブレーキバランサー

何れも重要な駆動部分であることがおわかりいただけるでしょう。

トラブルが起きる要因とは?

F1のハイドロリックはセンシティブなシステムです。そのためリタイアの原因となることが比較的多いと言えます。それはトラブルが起きる要因が2つ存在するためです。

1つは油圧系そのもののトラブルです。油圧ポンプは高圧をかけるため、金属疲労などがあると破損してしまいます。いま1つは制御系のトラブルです。現在のF1マシンは高度に電子制御されており、この部分のハードやソフトウェアに問題があると、トラブルとして現れます。

ただし油圧系そのもののトラブルは少なく、主に制御系のトラブルでリタイアすることが多いようです。

ハイドロリックのトラブルでリタイアした例

ハイドロリックのトラブルでリタイアした例としては次のようなケースが挙げられます。2005年7月にホッケンハイム・リンクで開催されたF1第12戦ドイツグランプリで、ポールシッターのキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)は、圧倒的な速さで他車を引き離していました。

ところがレース中盤の36周目にライコネンは突如スローダウンしてしまいます。そして最終的にはリアタイヤをロックさせてストップさせました。そしてリタイアとなったわけですが、この原因となったのがハイドロリックのトラブルです。

近年では2017年11月にヤス・マリーナ・サーキットで開催された、F1第20戦アブダビグランプリでハイドロリックのトラブルが起きています。ダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)は19周目に入ったところで、突然マシンのステアリングが重くなったことに気が付きます。

パンクを疑ったリカルドは、ピットインしてタイヤを交換しますが、ステアリングの重さは変わらず、さらにギアも入らなくなってしまいます。その時点でリカルドは油圧を失ったことを悟ったそうです。

その状態では走行は不可能ですから、そのままリタイアしてしまいました。

CarZoot スマートフォン専用ディスプレイコーティング

『CarZoot スマートフォン専用ディスプレイコーティング』は、あなたのスマホをキズから強力に守ります。施工すればディスプレイの強度がサファイアガラス並に向上し、しかもその効果は半永久的に続きます。

新型スマホを手に入れたら『CarZoot スマートフォン専用ディスプレイコーティング』で保護することを忘れずに!

【F1用語解説】バイザーとは?その強度や問題点について前のページ

【F1用語解説】パワーエフェクトとは何を示す用語なのか次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021年】車で行く岡山 伝統にふれる遊び体験

    春の嵐も過ぎ、すっかり春めいてきていますね。暖かくなるとお出かけも身…

  2. 記事

    【自動車業界の偉業】100万台を売り上げたレンジローバースポーツ

    「レンジローバースポーツについて詳しく知りたい。」「SNSで…

  3. 記事

    SRXクロスオーバーは買い?スペックと中古車価格を徹底調査!

    キャデラックのSRXクロスオーバーの購入を考えている方も多いのではあ…

  4. 記事

    ジープ ラングラー に40年ぶりのV8が搭載へ!470馬力のルビコン392がアメリカ発売予定(3月)…

    ジープラングラーの情報が入ってきました。なんと40年ぶりにV8エンジ…

  5. 記事

    安全性能が非常に高い!日産 セレナの魅力を解説!

    日産 セレナは安全性能が高く、安全性重視の方におすすめです。あらかじ…

  6. 記事

    高級セダン・マツダのルーチェはどんな車?スペックや内装を見てみよう!

    マツダのルーチェという車をご存じでしょうか。発売当時は高級セダンとい…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    車の高性能化が進んでいく。ルネサス、車載半導体を改良「AI機能を4倍に」簡単に解…
  2. 記事

    【逃げられない!】駐車場なでの当て逃げ2021年はどう対処する? 
  3. 記事

    【キュート!】パナソニックが「癒しロボット」を販売!どんなロボットなのか徹底解説…
  4. 記事

    子育てに向いている町。愛知県名古屋市緑区 鳴海町とは?
  5. 記事

    【家族で楽しめる軽自動車】SUBARUのステラを紹介 
PAGE TOP