【F1】1チームあたり33億円のサラリー上限を設定へ!ドライバーからは異論が出る見込み

   
 

ドライバーへ支払う給与を制限する方向でF1が動いていることが明らかになりました。情報では1チームあたりの給与上限が33億円となる見込みです。ただしこれには肖像権や個人的なボーナスは含まれないと言われています。

F1レーサーの所得は?

上限が設けられるということは、この設定金額よりも給与を多く受け取っている選手がいると言い換えても差し支えありません。では、現代のF1界における高所得者とは誰なのでしょうか。

予想高所得第一位はルイス・ハミルトン

現在のF1界において高所得者と言われているのがルイス・ハミルトンです。一説によれば彼の所得は約49億円に登るとも言われており、給与上弦が設けられる事で、経済的被害を受けるのは間違いありません。チームあたりの給与上限が33億円ですので、1チームにつきドライバー×2、リザーバーを含むと明らかに給与に影響が出るのは間違いありません。

次点ではフェルスタッペン、ルクレールか

レッドブルに所属しているマックス・フェルスタッペンや、フェラーリに所属しているシャルル・フェルスタッペンもかなりの所得を得ていると報じられており、不満が噴出するのではないかと考えられています。

F1レースの優勝賞金について

残念ながら厳密な優勝賞金額と、各選手の給与事情については報じられておらず、あくまで推測の域を出ません。

しかしながら、レースは技量もさる事ながら、何よりも命懸けの戦いとなりますので高所得であることは間違いありません。

レース優勝賞金は明かされず

各レースの優勝賞金は気になるところですが、どのレースも明確には開示されていません。

見込み平均所得は〜2000万円か?

あくまで見込み数字となりますが、F1レーサーの平均所得は約2000万円と言われています。これは平均所得となっておりますので、トップレーサーともなると所得は多く、見込み最大と言われているハミルトンは約49億円とも噂されています。

チームの経済状況や、個人のレース結果によっても所得が左右される点が特定を困難にしていると考えられます。特に近年のF1レース業界は圧倒的経済力の差が顕著に見られますので、チームによって給与体系が異なるのは想像に難くありません。

トップレーサーの旨味と今回の規制

とはいえ、トップレーサーともなると少なくとも億円を超える給料をもらっているわけですから、今回の給与制限についてはかなりの反対が生じると考えれらます。何度も引き合いに出しますが、ハミルトン一人で今回の上限を軽く突破してしまっており、上限を設けられることには反対の声をあげることは間違いありません。それだけF1でトップに立つということは選手にとって重要な意味を持ちます、

反対にリザーバーに甘んじている選手からすると、給与の底上げにつながる可能性もありますが、市場の活性化には繋がらない可能性が高いです。

なぜ上限を設けるのか?

チームによって待遇の差、経済的背景の差がありすぎ、技術力を競うのではなく経済力の勝負となっている近年のF1レース状況を鑑みた結果だと推測されます。

とはいえ一部の選手からは旨味がないことは間違いありませんし、新進気鋭のレーサーからすれば夢物語も上限が見えてしまって面白くないのではないか、というのが正直な印象です。今後のF1レーサー業界は、レース結果以外にも注目に値すべきことが多いですね。

本革の手入れにはレザークリーナー

餅は餅屋ではありませんが、レザーシートの手入れにはレザークリーナーが適しており、特にCarZoot社のレザークリーナーが良いです。

除菌や手入れを兼ねてアルコールスプレーを使う方が多いのですが、レザーシートにアルコールスプレーを使うと劣化や変色を招く恐れがありますので絶対にしてはいけません。

CarZoot社のレザークリーナーを使えばダメージレスで確実に汚れを落とすことができます。クリーナーの中には、微発泡成分が配合されており、革の奥に染み込んだ汚れまで泡で浮き立たせて除去することができます。クリーナー用の専用スポンジとクロスが用意されていますので、小さい隙間まで確実に手入れが可能となっています。

プロが実店舗で使用している商品ですので、その実力は折り紙付きです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%AC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-478x720.jpg
CarZoot社 レザークリーナー

LCA日本フォーラム表彰をNGP日本自動車リサイクル事業協同組合が受賞!内容を詳しく解説!前のページ

【アストンマーチン】ニコ・ヒュルンベルグとリザーブ兼開発ドライバーとしての正式契約を発表次のページ

関連記事

  1. 記事

    ここなら間違いなし!岩手県の除菌やクリーニングを行ってくれるおすすめショップがここだ!

    コロナ禍で除菌などに気を使っている方も多いでしょう。特に車の中に関し…

  2. デザイナーB

    BMWアルピナってご存じですか?豪奢なエンブレムも魅力的!

    皆さまはドイツの自動車メーカーおよびチューナーであるBMWアルピナと…

  3. 記事

    検温ピット!?鈴鹿サーキットのコロナ対策を徹底調査してみた!

    今は、どこを利用するにもコロナ対策が重要な時期です。なかなか収まる気…

  4. 記事

    レンタル会社が展開すると普段使いを可能にしキャンパー・Kago

    日本国内でレンタルショップを展開している株式会社ドーリーム・ドライブ…

  5. 記事

    車で行ける岐阜県で初日の出の定番スポットを紹介!

    初日の出を見に行ったことありますか。初日の出は、新しい年を照…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    リアルな車とカーチェイス!「逮捕しちゃうぞ」
  2. デザイナーB

    ベントレー 本業以外の事業でもみせる流儀とは
  3. 記事

    エレガントが魅力のセリーヌのアイテムを身に着けて素敵なドライブを楽しもう!
  4. 未分類

    あなたは大丈夫?運転マナーが悪い人の特徴
  5. 記事

    高知県にあるおすすめのカーシェア業者を2店ご紹介! 
PAGE TOP