【F1】メルセデスがレギュレーション変更対応に苦戦、ローレーキコンセプトが苦戦の要因と分析

   
 

メルセデスが2021年のレギュレーション変更と、それに伴う対応に苦戦しています。メルセデス代表のトト・ウォルフは、ローレーキコンセプトを採用している同チームには明らかに不利なレギュレーションであると主張しています。

2021年のレギュレーション変更

本来ならば、2021年のレギュレーション変更は、大規模な修正・変更が加えられるはずでした。しかし、世界的な流行を見せている新型コロナウィルスの影響により、大規模な改変は2022年に持ち越されることとなりました。

2021年は小変更のみ実施

本来実施されるはずだったレギュレーション変更は、2022年へと持ち越しになりました。結果として、2021シーズンは大規模な機体改修を施さず、小規模改変で対応しなければならず、どのチームも2020年のマシンを踏襲して試合に望む運びとなりました。

開発制限はあるが空力面での自由度は高い

先述の通り、結果的に開発には制限が設けられることとなりました。しかしながら空力開発に関しては、ほぼ制限がありませんので自由な設計を行うことが可能です。しかし、空力設計に自由度を持たせすぎてしまうと、ダウンフォースを獲得するための設計に動くことは簡単に予期できます。

ダウンフォースを稼ぐ事で、コーナリング時のスピードが従来よりも早くなります。そうなると、タイヤにかかる負荷が増大し、重大なダメージをもたらす危険性が生じます。

このため、レギュレーション内にて”ダウンフォースの発生量を低減させる”ことが明言されました。具体的には下記項目が追加されました。

  • フロア面積の削減
  • 新タイヤの導入
  • DASの使用禁止

詳細は他項に譲りますが、今回メルセデスが対応に困っているのは、フロア面積の削減に起因しています。

メルセデスのコンセプト

メルセデスが長年採用してきたコンセプトとして、ローレーキロングホールベースがあります。前後の車高に変化をつけず、ロングホイールベースによってフロア面積を大きくとって、フロアを地面に近づけることでダウンフォースを発生させるのが狙いです。

レッドブルはハイレーキショートホイールベース

対してレッドブルはハイレーキショートホイールベースを採用しています。フロントよりもリアの車高を高くし、前傾姿勢を取ることで、フロント-リア間に気圧差を生じさせます。これにより、マシン全体に対してダウンフォースを発生させることが狙いです。

レギュレーション変更、特にフロア面積削減が問題

レギュレーション変更により、ダウンフォースの削減が叫ばれました。特にメルセデスにとって死活問題なのが、前述のフロア面積の削減です。

フロア面積が削減されたことにより、マシン後部への空気の流れが完全に変わってしまいました。この対応にメルセデスが苦戦している、というのが現状です。

メルセデスの代表であるトト・ウォルフは、

我々はレギュレーション変更により、ハイレーキのマシンよりも大きな影響を受け、苦しんでいると思う。レッドブルは長年ハイレーキのコンセプトを採ってきた。我々を苦しめているのはレーキだけだとは考えていない。2021年の新しいタイヤもそうだ。だが、我々の分析ではハイレーキ・コンセプトの方が、ローレーキ・コンセプトより失われるダウンフォースの量が少なくて済むという結果が出ている。

と語ります。苦境に立たされる2021年のメルセデスですが、2022までに適切なチューニングを施し、勝利で今シーズンを終えることができるのでしょうか。メルセデスの困難に立ち向かう姿勢と技術力が改めて問われています。

ブレーキダストの除去なら

洗車では落としにくい汚れとして、ホイールのブレーキダストがあります。こびりついた汚れを取り除くために無理にこするとホイールに傷が入ってしまうことも多々あります。

無闇にこするのではなく、手軽にブレーキダストを除去する方法として、CarZoot社のブレーキダストクリーナーをおすすめします。

この商品は、使い方が非常に簡単で、スプレーをブレーキダストに向かって吹き付けるだけ。液剤がダストを浮き上がらせるので、ノーコンパウンドでブレーキダストを除去します。

何よりもプロが実店舗で使用しており、実際の施工メニューとして掲載されている商品ですので、実力は折り紙付きです。高い洗浄能力を誇っているので、少し匂いが気になりますので、匂いに敏感な人は注意が必要です。

ブレーキダスト除去クリーナー

元イタリア首相、サウジアラビアの新F1チーム設立に関与か?前のページ

電動キックボードなどの電動車両に新ルール!警視庁が最高速度別に変更か?次のページ

関連記事

  1. 記事

    ソーラー充電ポータブル電源は災害時や車中泊に便利

    ソーラー充電ポータブル電源は災害時や車中泊に便利です。停電した場合や…

  2. 記事

    TOYOTA最新モデルのカーナビを紹介!

    ドライブに欠かせないカーナビ。多くのメーカーがさまざまなタイ…

  3. 記事

    激安・アウトレット店中古カー用品すてないで.comとは?

    カーアイテムを売っているお店はたくさんあるため、どのお店にするか選ぶ…

  4. 記事

    【日本一のアウトレット】三井アウトレットパーク木更津の情報を紹介

    コロナでも外出して楽しみたいかた達に向けて、ここでは三井アウトレット…

  5. 記事

    お子さんと一緒に楽しめるゲーム!?「チームソニックレーシング」を紹介!!

    ご家庭を持っている方で「子供と一緒に楽しむことができるゲームが欲しい…

  6. 記事

    【安曇野警察署ふれあいコンサート】長野県で行われる交通関連イベントをご紹介!

    長野県で行われる交通関連イベントをご紹介します。長野は夏は暑…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    風量が強いおすすめの車内扇風機5選!
  2. デザイナーB

    東京都がキャンピングカーを災害支援のために貸し出すサービス(バンシェルター)を実…
  3. 記事

    車の運転を便利に快適にしてくれるおすすめスマホアプリ!2021年サービス編
  4. 未分類

    車内の臭いを家庭用品で消臭してみた
  5. 記事

    一人乗り自動運転モビリティシェアZMPが東京の佃・月島地区でサービス実施へ!順時…
PAGE TOP