【2021最新】メルセデスベンツ SL次期型はフルモデルチェンジのメルセデスAMG SL

   
 

現行の『SL』が発売されてから8年経過しており、今回新たにSL次期型のデザインが明らかになり、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそのSL次期型のモデルが明らかになったのでお伝えします。

メルセデスAMGによってSL次期型はよりスポーツ性を高める予想

現行型のSLはメルセデスベンツのラインナップ中でも売り上げが芳しくないモデルの1つともいわれていましたが、次期型では伝説の「300SL」にインスパイアされたデザインと現行の2シーターから2+2シートと4人乗りとなることを期待しているオーナーも多いはず!ポルシェの「911」の対抗するため2+2シートになる噂もあるみたいです。それであれば実用性も高くなりますよね

SLクラスとは?

ドイツ語で軽量スポーツカーを意味する「Sport Leicht」の頭もをとった「SL」は高級スポーツカーとして1958年に初代モデルがデビューしました。
メルセデスベンツの2シータースポーツの顔となっています。

現行のモデルは2011年でもフルモデルチェンジしたタイプになり新型のモデルに期待が高まっていました。
これまでのシリーズでは高性能AMGバージョンが別途でありましたが、今回はAMG専用モデルとして開発されSL史上もっともオリジナルに近いといわれています。

従来の伝統のファブリックルーフの復活!?

1954年「300SL」で使用されていたプラットフォームを継承する形で、最新のSLモデルでは電動ハードトップに代わり、伝統のファブリックルーフが採用される動きです。
試作型を見る限りオリジナルバージョンを思い出すモデルになっていますがガルウィングの外装は採用されないみたいです。
上質さを重視していた現行型より次期型はデザインコンセプトをフルチェンジさせ、はるかにスポーティでハンドリングと快適さの完璧なバランスを提供するとのことです。

インテリアも最新版で最新技術で安定した走りをサポート

次期SLモデルには新技術が盛り込まれており、「4MATIC+」の最新版が搭載予定になっており、完全可変全輪駆動システムが特徴になっています。前後トルク配分を可変制御することができドリフトモードも採用されているとのこと。

気になる内装はというと12.8インチのディスプレイを採用され高級ランジェリーモデルを追求されています。
またメルセデスベンツのインフォテインメントシステム『MBUX』も搭載されており「hey mercedes」から会話をするような自然と話すことが可能になります。

気になる安全性は?

Sクラスでも採用されている「インテリジェントドライブ」が採用されています。
衝突回避をアシストや誤発進防止などもありより快適にドライブを実現できるようにドライバーの疲労を軽減する仕組みも充実しています。

レーダークルーズコントロールでは、停止後30秒以内であれば自動的に再発進が可能になります。高速道路ではウィンカーを操作するだけで自動的に車線を変更するシステムも搭載しており、ますます快適性や安全性が向上しています。

フロントガラスの油膜でお困りでありましたら試してもらいたい商品がこれ!

フロントガラスが汚れていたら走行する際に前が見えにくくなって危険ですよね!
でも汚れるたびに洗車していたら大変ですよね。
フロントガラスの汚れってワックスが溶け出していたり、雨での埃や汚れで汚くなっていきます。そこでおすすめをしたいのが、窓ガラス撥水コーティングになります。

撥水加工でもフッ素系とシリコン系がありますが、耐久性があるのがフッ素系になります。今回試していただきたいのがこのCarzootの商品になります。フッ素系の窓ガラス撥水加工が可能になります。
プロ仕様であるためすっきりとしたフロントガラスを再現することができ、快適なドライブライフを楽しむことができますよ!

初めての方でもできるように取り扱い説明書はわかりやすく書いてあるため安心です。また耐久性も高いため約1年間は悩む心配はなくなります!この際にぜひ購入してみてはいかがですか?

【2021年後半】生産開始!リマックのEVハイパーカーの最新情報を公開前のページ

広島県で鬼滅の刃とコラボしているショップやオススメのスポットはこちら!次のページ

関連記事

  1. 記事

    NiziUとコラボしたUSJに自動車ででかけませんか?

    皆さまはユニバーサルスタジオジャパン(USJ)にはいったことはあるで…

  2. 記事

    【車と生活】和歌山でおすすめの、年越しそばを食べられるお店は? 

    皆さん、もうそろそろ2020年が終わろうとしていることにお気づきでし…

  3. 記事

    アクティブサスペンションって何?普通のサスペンションとの違いを徹底解説!

    アクティブサスペンションについて聞いたことはあるけれど、普通のサスペ…

  4. 記事

    国土交通省が教えたいドラレコの重要さ

    運転教材としても活用されているドライブレコーダー。国土交通省は、悪質…

  5. 記事

    【洗車場情報】名古屋市守山区でおすすめの駐車場はこちら!

    愛車を長持ちさせる方法は、こまめなメンテナンスをし続けることしかあり…

  6. 記事

    ベタつくハンドルとはサヨナラ!意外と簡単な快適ハンドル対策

    あなたの車のハンドルは、ベタつきが気になりませんか?ウレタン…

新着記事の一覧

  1. 佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!…
  2. ドバイで無人タクシーを導入!米の自動運転開発会社と契約へ
  3. 北陸電力が発表した「環境・エコカー割」とは?エコカーの種類も…
  4. 畑中慎吾選手がエヴァンゲリオンレーシングのドライバー!D1 …
  5. 3月の中国新車販売を確認!トヨタは6割増でホンダは2倍強
  1. 記事

    【特殊鋼世界最大級】大同特殊鋼の2020年企業動向を振り返る    
  2. デザイナーB

    仲間とスポーツの秋を楽しもう!和歌山県の車で行けるフットサルコートは?
  3. 記事

    全国初のモデルを納車したトヨタレンタリース札幌
  4. 記事

    東京で窓ガラスにコーティングをしたい方必見!おすすめの店舗を3選紹介!!
  5. 記事

    ダイハツが除菌装置「ULTRABUSTER」を開発!全国に無償貸与!一般販売はあ…
PAGE TOP