【2021年】13インチ→18インチへ!ハミルトンが18インチF1タイヤの開発テストをイモラで実施!

   
 

F1のタイヤが2022年から大きく変更される予定です。13インチから18インチへ大幅なサイズアップが行われる予定であり、一体どうなるのか固唾を飲んで見守っているファンも多いでしょう。そんな中、F1チャンプのルイス・ハミルトンが18インチのタイヤでテスト走行を行ったとのニュースが飛び込んできました!

F1タイヤサプライヤーのピレリのタイヤテストの情報をご紹介

F1タイヤのサプライヤーであるピレリは、イタリアのイモラにてメルセデスの協力を受ける形でタイヤテストを実施しました。もちろん2022年用の18インチのタイヤでテスト走行を行ったのです。

テスト走行初日は2021年4月20日であり、ルイス・ハミルトンが周回を重ねました。

なぜ新タイヤのテスト走行が行われたのか?

2022年にF1は現在の13インチに定められているホイール径を18インチへ変更することが決められているからです。タイヤメーカーとしても、不具合があったらF1の開催どころではなくなります。そこでより安全性を高めるためにも、開発テストが実施されることに。

テスト対象は何もメルセデスだけではありません。4月20日からはメルセデスが受け持っていますが、これまでにフェラーリ、およびアルピーヌが担当し、今年は計10回テストを実施する予定です。

開催されたのは、イタリア・イモラであり、4月20日と4月21日の2日間に渡って行われました。初日の4月20日の情報が入っており、テスト用に改造された2019年型W10に18インチ用のタイヤを嵌めて走行したとのこと。130周走り込み、プロトタイプタイヤのデータ収集が行われた次第です。4月21日には、同僚のバッテリ・ボッタスが担当しました。

ちなみに今後ウィリアムを除く全チームがタイヤのテスト走行に望む予定です。5月に予定されているのは、ポール・リカール・サーキットでウェットテストとのこと。果たして、その結果はどうなるでしょうか。その次はハンガロリンクでドライテストが実施されます。

18インチタイヤへの変更で何が変わる?

では、実際のところ13インチから18インチに変更されることでどのような違いが生まれるのでしょうか?

実は、ブレーキサイズの大型化を防ぐ目的があるとされています。大径のブレーキディスクであれば、減速性能が高まります。ストレートエンドでの減速時間は短くなり、レース中のオーバーテイクが難しくなるのはもちろん、ミスをした際のクラッシュの可能性が高まる点なども問題とされていました。

もう一つは、見た目の格好良さです。嘘のような話にも聞こえるかもしれませんが、13インチと18インチでは見た目のインパクトが大きく異なります。もちろん古くからのファンにはホイールが小さい方を良しとする考え方もありますが、特に若い層はホイールが大きな車を好む傾向にあります。

一方で、今人気が高まっているフォーミュラEは最初から18インチを採用し、しかも若い層から評判が良いのです。そこで本家F1もホイールサイズを大型化し、若い層へのアピールを図ろうと考えたわけです。

黒樹脂パーツの復活ができるコーティング剤をご紹介!

車に使われている黒樹脂パーツですが、紫外線の影響により発火しているケースも珍しくありません。何もせずにそのまま放置すると、最悪、割れてしまうことも…。割れてしまえば交換するしかなくなります。お金もかかりますし、なるべく交換頻度は下げたいところでしょう。

そこで活用してほしいのが「【CarZootプロ仕様】最新版 黒樹脂 完全復活コーティング 『今まで表現できなかった美しい艶と保護耐久力を実現』 樹脂パーツ 保護 未塗装パーツ」です。黒樹脂パーツを復活させるコーティング剤であり、しかも黒々とした色も復活させるおまけ付き!この機会に是非メンテナンスに導入されてはいかがでしょうか?

マクラーレンがウォーキングにある本社を256億円で売却!その目的とは?前のページ

【2021年】遊び方が変わる!NFCチップを搭載し専用アプリと走行データが連動する『スーパースピードトミカ』が登場!次のページ

関連記事

  1. 記事

    RAV4特別仕様2020モデルをご紹介!

    2019年4月に日本市場に復活を果たしたトヨタのRAV4。2…

  2. 記事

    【石川県】車で寄れるおすすめな駄菓子屋さんをご紹介!

    コロナウイルスの時期でも、仕事の都合で出張にどうしても行かなければな…

  3. 記事

    滋賀県の道の駅初!ドッグランを整備した「せせらぎの里こうら」の魅力や全国の道の駅のドッグランを紹介

    ペットと一緒にドライブや旅行が増えている中、高速道路のSAや道の駅に…

  4. 記事

    マツダの高級車に乗りたいならセンティアがおすすめ!中古でも買えるのか?

    あなたはマツダが以前製造していた「センティア」という車をご存知でしょ…

  5. 記事

    中国地方でおすすめしたいアニメの聖地スポットを紹介!

    この記事では、中国地方でおすすめなアニメの聖地スポットをご紹介します…

  6. 記事

    プエルトリコの交通事情や国定史跡をご紹介2021年最新版   

    プエルトリコのことを詳しく知っているという人は少ないのではないでしょ…

新着記事の一覧

  1. 福井県でおオススメ!車で行けるグランピング施設はどこ??
  2. 【福岡県】人気アニメとコラボイベント開催!花まつりや子供の日…
  3. 【高知県】切り絵の世界に踏み込もう!花まつりや子供の日の催し…
  4. 【愛媛県】全国のお肉が楽しめる!花まつりや子供の日の催し物を…
  5. 【香川県】高松城と夜桜のコラボ!花まつりや子供の日の催し物を…
  1. 記事

    車のコーティングの種類は何種類?それぞれの特徴や効果を解説!
  2. 記事

    マイナーでも怖い場所がある愛媛県の心霊スポットに車で行こう!
  3. 記事

    東京都のSAドライブ間の休憩を!地元のグルメが充実!
  4. 記事

    外交官ナンバーがやりたい放題?75%が違反金を踏み倒し!? 
  5. 記事

    【衝撃】ポルシェのスポーツカー「タイカン」 が量産EVの最速タイムを記録!【速報…
PAGE TOP