【2020年度】スズキがインドで苦戦中!しかしスーパーキャリイ は35%増!

   
 

スズキと言えばインドで圧倒的な強みを持っていることでも知られています。インドでのシェアは50%にもなるとされているのです。

そんなインドで大人気なスズキですが、気になる情報が入ってきました。なんとインドで苦戦中とのことなのです。一方でスーパーキャリイ は35%増とのこと。果たして、実情はどうなっているのでしょうか?

スズキのインド展開について徹底解説!今後の展望にも注目してみた

スズキのインド展開について詳しくお伝えします。インドでの売上が落ちているとのことですが、その実情にも迫ります。

2連続でインドの売上が落ちている

スズキのインド子会社であるマルチスズキ(Maruti Suzuki)によりますと、2020年度のインドの新車販売台数は輸出を含めると145万7,861台であるとのこと、前年比で6.7%減とのことで、2年連続で前年実績を下回ったことになります。

ただ減少率は抑えられているため、コロナ禍にあっては善戦していると言っても良いでしょう。

総新車販売台数の内訳をチェックしてみると、インド国内が136万1,722台であり前年比6.8%減です。輸出も9万6,139台にとどまっており、前年比で5.9%減と3年連続のマイナスになります。

車種別の情報も公表されており、主力であるAセグメントのアルト・ワゴンR・セレリオ・スイフト・ディザイア・バレーノなど、合計で95万9,658台を販売しています。前年比で9.5%減であり、2年連続で減少していることに。

バンセグメントでは、イーコが10万5,081台を販売しており、前年比では11.3%減とかなり落ち込んでいる印象です。

世界的に人気が高いSUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントに関しても合計で22万9,101台を販売しており、前年比では2.6%減と2年連続の落ち込みとなりました。ただユーティリティビークルセグメントは僅かな減少なので、今年度は大きく持ち直す可能性もあるでしょう。

スーパーキャリイは一気に売上増!今後のスズキを支える可能性大!

ライトコマーシャルビークル(軽商用車)であるスーパーキャリイは苦戦するスズキの中で大いに検討しています。2020年度は2万9,556台を売り上げており、前年比で35.7%増と圧倒的な結果を残しています。今年も売れる可能性が高いため、インドのスズキを支える車種となるかもしれません。

インドにおける今後のスズキの展望とは?

そもそもスズキの世界戦略はインドが中心です。世界販売は年間300万台程度になりますが、その半数はインドになります。つまり日本よりも重視している地域、と言っても過言ではありません。

インド国内に、様々な工場も作られており東芝およびデンソーとの合弁によるインド初のリチウムイオン電池工場もグジャラート工場に隣接するサプライヤーパークに新設!スズキのインド製造子会社へ電池パックを供給する計画がたてられているなど、プラグインハイブリッド車やEV車の製造の準備も整ってきたとされています。

ちなみに2030年にインドで年販500万台を目指す考えを示しています。また2030年には、年間1,000万代の市場規模が見込まれるインドで、現在の乗用車市場シェアである50%を維持する意向を固めています。

CarZootの解氷スプレーを使ってみませんか?寒い地域にお住まいの方は必需品になること間違いなし!

寒い地域にお住まいの方だと、まず朝の車の運転までの準備が大変でしょう。フロントガレアスが凍結していることも日常茶飯事であり、解けるのを待つだけでも時間を食ってしまいます。朝の貴重な時間がもったいないです。

そんな時に利用してほしいのがCarZoot社の解氷スプレーである「【CarZootプロ仕様】 解氷 スプレー フロントガラス 凍結 凍結防止 車 雪対策 解氷剤 雪」です。スプレーを吹き付けるだけで、氷が溶けるのでおすすめ!ぜひ有効活用してみてください。

東北中央道復興支援道路4月24日に全線開通!開通による影響を解説します!前のページ

ベントレーがPHVのベンテイガ・ハイブリッドの新型改良モワンオフモデルを中国・上海モーターショー2021で初公開へ!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ヤマトのロゴが4/1付けで変更に?なぜ?

    クロネコヤマトの宅急便♪でおなじみのヤマトのマーク。ずいぶん昔からず…

  2. 記事

    【長崎県】コロナ渦でも安心して行けるおすすめの駄菓子屋さんをエリア分けで紹介!

    コロナ渦でドライブスルーやテイクアウトを始めるお店が増えてきました。…

  3. 記事

    スズキの軽自動車はハイレベル!セルボモードはどこが凄いのか?解説!中古でも買えます!

    あなたはスズキ自動車が製造販売していた「スズキ セルボモード」という…

  4. 記事

    サクヒールGP セルジオ・ペレスが初優勝!まさかの 18位からオーバーテイクショー!

    先日中東のバーレーンでF1サクヒールGPが開催され、見事レーシングポ…

  5. 記事

    気筒で性能が変わる?気筒が車に与える影響とは

    皆さんは車のエンジン、さらには気筒まで注目をし車に乗ってますか?…

  6. 記事

    車のホイールのガリ傷の直し方は?修理方法など解説!

    どれだけ運転に慣れている人でも、狭い道で縁石に擦ってしまったり、駐車…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 記事

    まさか!新型ジムニーは5ドア版になるとの情報あり!その真相は?
  2. 記事

    上原謙・築地まゆみ出演!映画「有りがたうさん」のあらすじと口コミを紹介
  3. 記事

    100社協力!?空飛ぶクルマの開発状況を紹介! 
  4. 記事

    公道を走行する際の重量制限は36t?徹底解説します!
  5. 記事

    青森県で神秘的なパワースポットを車で巡る
PAGE TOP