【驚き!】イスラエル開発の充電道路で車は走行しながら充電できる?

   
 

「イスラエル開発の充電道路について詳しく知りたい。」

「イスラエルについて教えて。」

「充電システムが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、イスラエル開発の充電道路について解説します。

1. イスラエル開発の充電道路について

1−1 イスラエル開発の充電道路

イスラエルのエレクトレオン・ワイヤレス社が充電できる道路を開発し、2月にスウェーデンのゴットランド島で電気大型トラックを使った実験を行い、実験は成功しました。改めて9月にも実験を予定で、コロナのため計画は遅れているが、4.1キロメートルの道路に1.6キロの送電コイルを敷設し、空港と市街をつなぐ電気バスを走らせる予定だという。送電網からの電気を自動車に取り付けた受電装置にワイヤレスで送る。これで、走行中に継続して充電することが可能になる仕組みです。

国内では、8月にはテルアビブで実証実験を計画中、全長2kmの道路に600mの送電コイルを施設する予定。

現在電気自動車の普及に大きく立ち塞がっている問題がこの普及の足かせ「充電問題」の解決のために各国も政策を巡らせているが、充電ステーションでの所要時間など、未だ解決に至っていないことが現実です。

また、ワイヤレス充電技術はシーメンスなど複数の企業が開発しているが、いずれも実用化へは至っていない。エレクトレオンは、1億5000万ドルの費用でテルアビブの主要道路すべてを電化することが可能だとしている。

そして、エレクトレオンでは公共バス以外にも食品チェーンや郵便局の配達トラック、小型のシャトルバスに同社の技術を導入するとしている。

1−2 イスラエルの概要

中東に位置する共和制国家で首都はエルサレムと主張しているが、国連はテルアビブを首都とみなしている。

レバノン、シリア、ヨルダン、エジプトに囲まれた国で、地中海や紅海にも面している。

ヨルダン川にパレスチナ自治区があり、パレスチナ問題として現在も国際問題となっています。

そもそもシオニズム運動により1948年に建国された新しい国家でこれにも絡んでパレスチナとの問題を今も抱えている。

2. 海外の充電設備について

海外の電気自動車のための充電設備について紹介します。

2−1 アメリカ

1990年代、大気汚染への対応策として電気自動車の普及をアメリカ政府は対策を講じていた。

特にカリフォルニアでは1990年にZEV法が制定されて排ガス規制が義務付けられることとなりました。

その後、電気自動車導入の機運になりカリフォルニア州内で1000もの公共充電スタンドが設置されました。

フォード社のRangerEVの接触型充電が電気自動車、充電スタンドを牽引していくこととなります。

設置場所は商業施設など政府主体で行われ、民間企業でも小売店を中心に集客を目的として広がりました。

2−2 フランス

電気事業者のEDFが主体となって充電インフラ整備が進められたのは1990年代のこと。

パリ市内では84ヶ所の充電設備が整いました。

電気自動車のほとんどが普通充電器で幹線道路に沿って急速充電器も設置されました。

かつては課金制だった充電も現在は2時間以内なら無料になるサービスもあります。

ただし充電の時は認証カードが必要になっています。

また電気自動車のカーシェアリングを計画し新たなインフラが整備されつつあります。

3. CarZoot社製ガラス撥水フッ素ガラスコート剤

今回は、CarZoot社製 ガラス撥水フッ素ガラスコート剤のご紹介です。

この製品が選ばれる理由を他社製品と比較しながら紹介します。

プロ仕様のガラス撥水コーティングキットで、内容は専用のコーティング剤と油膜除去剤が同梱されています。他社製品のシリコン系では難しい高い撥水効果と耐久性を実感いただけます。

薬剤の他、スポンジとタオルが付属していますので、購入した日からすぐに使用することができ、大変便利です。

強力なフッ素加工ができ、撥水効果を実感していただけます。

日本国内で研究開発された日本製、製造工程に至るまで日本での厳しいチェックを受けています。

一度塗布すると、1年は効果が継続するフッ素ガラスコーティング剤です。

Amazonでは2,980円で販売中です

4. まとめ「イスラエル開発の充電道路で車は走行しながら充電できる?」

今回は、イスラエル開発の充電道路についてご紹介しました。

・イスラエル開発の充電道路について

・海外の充電設備について

・CarZoot社製ガラス撥水フッ素ガラスコート剤

今後、について知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

休みの日に一気に読んじゃおう!漫画「ガッデム」のあらすじと魅力を解説!前のページ

【注目】三菱自動車が多額赤字に転落その原因はコロナか原因を解説 次のページ

関連記事

  1. 記事

    年間の販売台数は550台!昔ながらの手作業にこだわる光岡自動車の2020年の売れ行きは如何に?

     みなさん、光岡自動車をご存じでしょうか。 これだけ車があふ…

  2. 記事

    子育てに最適、佐賀県のおすすめ公園3選

    佐賀県は世帯あたりの乗用車台数で11位、軽自動普及率が1位という九州…

  3. 記事

    【コロナ】菅総理がいざとなったら生活保護と発言!生活保護を受けると車は持てるのか?

    国会中継を見ていてびっくりした方も居るのではありませんか?コロナ関連…

  4. 記事

    ダンプカーの事故。長崎県で起きた平成の交通事故。

    皆さんは運転中にどのようなことを意識していますか?交通事故を…

  5. 記事

    【鹿児島県のオススメ】桜島を背景に楽しめる夜景スポットをご紹介

    今回は、鹿児島県のドライブで行けるおすすめ夜景スポットについてご紹介…

  6. 記事

    車の祭典!東京オートサロンを紹介!

    車好きのみなさん!カスタムカー大好きですよね?身近な友人や知り合いの…

新着記事の一覧

  1. 高級車がずらり!大分トリニータ所属選手の愛車をまとめて紹介
  2. 次世代のスターから、代表選手の愛車まで!サガン鳥栖所属選手が…
  3. 重廣選手の愛車はポルシェ!アビスパ福岡所属選手で高級車に乗っ…
  4. 昇格の立役者たちの愛車は?徳島ヴォルティス所属選手が乗ってい…
  5. 柏選手の愛車はベンツ!サンフレッチェ広島所属で高級車に乗って…
  1. 記事

    埼玉県在住の方必見!!ホイール塗装や加工をしてくれるオススメ店舗を紹介!!
  2. 記事

    熊本県から引っ越しにレンタカーショップは使えるの?乗捨についても解説!
  3. 記事

    ドライブしながら涼しくなろう!沖縄の心霊スポットご紹介!
  4. 未分類

    たった5分でフル充電?StoreDot開発の電気自動車バッテリー
  5. 記事

    車のホイールカバーをカッコよく変身!おすすめの交換方法とは?
PAGE TOP