【車好き必見!】エアロパーツの取り付け方を2パターン紹介!

   
 

車好きの中でよく好まれるのがエアロパーツです。

まずはエアロパーツとは何なのか解説しています。そしてその後に、エアロパーツを自分で取りつける方法と自分でやらない方法の2パターンを紹介しています。

エアロパーツに興味のある方は、ぜひ参考にして下さい。

1、エアロパーツとは?

エアロパーツとは?

エアロパーツは

空気抵抗の軽減

冷却効果の向上

見た目のデザイン性向上

を目的に、後から車に取り付けるカスタムパーツのことです。

よく使われるエアロパーツとは?

まずは装着した車の走行動画をご覧ください。

フロントスポイラー

こちらは、エンジンの冷却車体の浮き上がりを押さえてくれるパーツです。

車体の浮き上がりを抑えることで、直線やコーナリングでの走りやすさは格段に上がります

また、スピードを出す時のエンジンの熱を抑えてくれるので、エンジントラブルが起きにくいです。

簡単に取り付けることができ、値段も1万円以内~数十万と幅広いです。また初心者でもカスタムしやすいアイテムとして人気があります。

サイドスカート

こちらは車体の両サイドに装着するタイプのパーツになります。走行中に地面から入ってくる風を避けてくれるアイテムのため、使うことで走行が安定するのです。また、見た目の変化を付けやすいという特徴もあります。

一般的に売っている車の場合、車高が低く見えるので車の見た目を重視する人に人気があります。

値段は10万円以下で買えるものが多いです。

リアスポイラー

こちらは車体の後方に付けるパーツになります。付ける事で、加速をスムーズにしてくれるので燃費を高めてくれる効果があります。

価格帯は10万円以下となっています。

2、エアロパーツの取り付け方とは?

そもそもエアロパーツはDIYでやるにはハードルが高すぎる

一見すると取り付けるのが簡単そうに見えるエアロパーツは、自分でやるには難しいです。

その主な理由は次の2つです。

取り付けが不十分であったがために走行の途中でパーツが取れる

エアロパーツの色に合わせてボディの色を塗り直さないといけない

気を付けていてもこの2つのミスのどちらかをする人が多いため、綺麗に仕上げたいという人には自分でやる方法はオススメしません。

それでもやってみたい方のために、自分でやる方法をまとめサイトをご紹介します。

↓動画でも紹介します。

では、エアロパーツの取り付けはどんな方法がベストなのか?

これはシンプルにお店に行ってやってもらうのが綺麗に仕上げるために一番いい方法です。

お店でやってもらうとどれくらいかかるのか?

おおよその目安程度にカーショップで行ってもらう場合の料金を紹介します。

※エアロパーツでよく使われるフロントスポイラー、リアスポイラー、サイドスカート1つ毎の料金を記載しています。

フロントスポイラーとリアスポイラー:工賃8,000円、塗装15,000円

サイドステップ:工賃13,000円、塗装30,000円

エアロ3点セット:工賃25,000円、塗装50,000円

愛車のボディの輝きが増す必須アイテム!【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』

車のコーティングにおすすめなのが、施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』です。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・業界初の洗車のたびに艶を重ねボディが美しく輝くコーティング剤

・とにかく艶と光沢感を出したり撥水効果が欲しい方にオススメ

・展示車両やモーターショーの車に使われている

・使い方は簡単で洗車のあとに塗り込むだけ。その簡単さも選ばれる理由

・品質にこだわる日本クオリティ。国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております

Amazonで参考価格が2,980円となっています。

エアロパーツを付けて車の機能とデザイン性がアップするとテンションが上がりますよね!

でも、装着にばかりこだわるだけでなくしっかりと車体本体の美しさにも気を配りましょう。こちらのアイテムを使うたびに、愛車がどんどん綺麗になっていくのでぜひオススメです。

avatar
エアロパーツを取り付けてみよう!

愛車のデザイン性もアップするよ!

初心者におすすめなハンドルの捌き方や上手に運転するためのコツをご紹介!前のページ

クイックレーサーという商品名が始まりのカスタマイズが楽しいミニ四駆次のページ

関連記事

  1. 記事

    マイナーでも怖い場所がある愛媛県の心霊スポットに車で行こう!

    瀬戸内海に面している愛媛県は、夏目漱石の坊ちゃんの舞台になっており、…

  2. 記事

    車のヘッドライトの汚れを落とすなら?おすすめのクリーナー3選!

    何だか最近、夜の車の運転が暗く感じる。どうしてだろう?と思われたこと…

  3. 記事

    30代女子がデートの時に乗りたい車をランキング形式で紹介

    デートではどんな車に乗れるのかな?女性であれば、誰でも想像するシチュ…

  4. 記事

    滋賀県から引っ越し予定の人は注目!乗り捨て出来るレンターカーショップを4選紹介!

    「できれば仲間うちで引っ越しを終わらせちゃいたい」「引越しをできれば…

  5. 記事

    地元民にも知って欲しい大分のおすすめの道の駅を紹介!~2020年度~ 

    大分県の観光エリアである日豊海岸エリア、日田・耶馬渓エリア、大野川エ…

  6. 記事

    東京都で子供を連れて少し遠出!東京の公園ならここがいちばん!

    日本の首都に当たる東京都。とにかく都会のイメージが強いですが、実は郊…

新着記事の一覧

  1. 福島県の警察マスコットキャラクターは福にちなんだキャラクター…
  2. かわいいルリちゃんが、栃木県の警察マスコットキャラクター!そ…
  3. 【青森県警察】アンナちゃんと他にも沢山!大人気なキャラばかり…
  4. 秋田県の警察マスコットキャラクターまもるくんなどなど、一挙ご…
  5. カモンくんは山形県の警察人気のマスコットキャラクター!特徴を…
  1. 記事

    ローンを組まないで買える予算100万円以内でおすすめの車!
  2. 記事

    親水性のガラスコーティングとは?施工するメリットとおすすめの自動車
  3. 記事

    神奈川県で免許更新するなら免許センターへ!
  4. 記事

    岩手県のタクシー会社を紹介!急に外出が必要になったらどうする!?
  5. 記事

    ゼロスポーツは残念ながら自己破産!ゼロスポーツの歴史から失敗を探ろう!
PAGE TOP