【車保有者へ】2021年高齢者の違反歴者は免許更新できないケースについて

   
 

「75歳以上の免許更新できないケースについて詳しく知りたい。」

「SNSに見る高齢者の免許更新の情報について教えて。」

「が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、75歳以上の免許更新できないケースについて解説します。

1. 75歳以上の免許更新できないケース

1−1 75歳以上の免許更新できないケース

改正道路交通法で決定したこととして75歳以上で過去3年以内にスピード違反や信号無視といった11類型の違反を対象とした人が運転技能検査に合格するまで免許更新ができないということになりました。

この目的は高齢者のドライバーの交通事故防止対策としたもの。

実車実験の対象になる違反は以下の通り。

  • 前方不注意などの安全運転義務違反
  • 携帯電話などの使用
  • 横断歩道での歩行者妨害
  • 逆走

これらを過去3年に起こした人は実地テストを受けなければなりません。

日本の運転免許保有者は約8千万人、そのうち75歳以上は500万人とかなりのウエイトを占めています。

交通事故の発生は減少傾向にありますが高齢者ドライバーの起こす事故は全体に高くなっているのが現実です。

高齢者が起こす事故の原因として加齢による身体機能や認知機能の衰えが挙げられるので、慎重な対応が求められています。

1−2 高齢ドライバーが起こす事故の原因

高齢者の事故の原因は操作ミスが多く、続いて安全の確認不足、前方不注意が挙げられます。

そこで高齢者ドライバーの機能低下の特徴を以下の通り紹介します。

【視力や聴力の低下】

視力低下や視野が狭くなること、動体視力の低下も著しく現れます。そのために対向車や歩行者への気づき、標識を確認理解することが遅れがちになります。

その他、クラクションなどの音にも敏感になれずに交通事故のリスクに晒されることになります。

【認知機能の低下など】

複数の情報を処理することができなくなったり、反射神経が鈍くなると咄嗟の対応ができなくなります。

距離感をとりずらくなり、車間距離がわからなくなりがちです。

集中力が続かなくなりことがあります。

【運動機能の衰え】

ハンドル操作の遅れ、長時間運転ができなくなるなどがあります。

【心理的変化】

高齢になると頑固になり思い込みが激しくなる傾向があるので安全に運転していると思い込んでも上記のような体力の衰えを認めなくなりこれも客観的に運転に向いて無くなっていることがわからなくなっています。

2. SNSに見る高齢者の免許更新の情報

SNSに見る75歳以上の違反者が免許更新をできない様子が紹介されています。

3. CarZoot社商品紹介: ボディ用鉄粉除去クリーナー

車を洗車しようとよくボディをみますと、鉄粉が付着していることに気付きませんか?これは意外と厄介で、簡単には取れずまた慎重に取り除かないと車を傷めてしまいます。

そんな時はCarZoot社製 ブレーキホイールダスト クリーナーの登場です!

鉄粉は一般的な洗剤では落とせないほど頑固にこびりつきます。そこでこの製品を使うとあら簡単!とても簡単に除去できることを実感できます。

大きな特徴として、この商品はノーコンパウンドで大切なお客様の車体を傷つけることなく鉄粉を除去できます。

この製品は他社にないパワーで汚れを落とし、ボディに優しいことを使っていただいて実感してください。

実際にはプロが実店舗でも使用されている品質の証とも言えるでしょう。

詰め替え用も準備していますので、末長くお使いいただける製品となっております。

日本製なんです、このCarZoot社製品は。厳しいチェックを受けたこの鉄粉除去の実力をお使いいただいて実感してください。

現在、アマゾンでは1,980円で販売中です、評価も3.5をマークしているので一度検討されてみてはいかがでしょうか?

4. まとめ「【車保有者へ】2021年高齢者の違反歴者は免許更新できないケースについて」

今回は、75歳以上の免許更新できないケースについてご紹介しました。

・75歳以上の免許更新できないケースについて

・SNSに見る高齢者の免許更新の情報について

・CarZoot社商品紹介: ボディ用鉄粉除去クリーナー

今後、75歳以上の免許更新できないケースについて知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

【車好きに朗報】DAZNが2021年のF1プレシーズンテスト配信前のページ

【ホンダ車だけじゃない!】2021年新型バイクのグロムを発売次のページ

関連記事

  1. 記事

    【大型車】英国スイッチモビリティが2021年日本で電気バス販売

    「スイッチモビリティがEVバスを販売について詳しく知りたい。」…

  2. 記事

    関西・近畿地方で消防官になりたい人必見!警察官になりたい人におすすめの専門学校を紹介

    交通に関する職業に就きたいと思っていらっしゃる方はいますか?…

  3. 記事

    米政府保有車を米国労働者が米国で製造したEV車に転換へ

    アメリカのバイデン大統領がクリーンエネルギー推進のため、米政府保有車…

  4. 記事

    神奈川で楽しめる!車で行ける2020年開催イルミネーション情報!コロナ対策も紹介!

    新型コロナウイルスが流行し、公共交通機関の利用に不安を感じている方が…

  5. 記事

    トミカから2021年3月発売予定でミニカーになる「日野・プロフィアトレーラー 日産コンテナ」の日野・…

    ミニカーで有名なトミカが2021年3月に「日野プロフィアトレーラー・…

  6. 記事

    ヤナセが女子プロゴルファー・大里桃子選手の国内ツアー移動車として登場!今後の活躍に期待

    ヤナセと大里桃子選手が、2月25日にオフィシャルサプライヤー契約を結…

新着記事の一覧

  1. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  2. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  3. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  4. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  5. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  1. 記事

    カー用品のお店で素敵にコーディネイト!おすすめグッズ3選!
  2. 記事

    SUPER GT 2021に向けた岡山国際サーキットでテストした走行車が公開され…
  3. 記事

    思想から変えるトヨタのモデルチェンジ
  4. 記事

    三重県には魅力的な夜景スポットあり!なばなの里からは国内最大級のイルミネーション…
  5. 記事

    イギリス紳士の様になれるラルフローレンを身に着けて上品なドライブにしよう!
PAGE TOP