【車のガソリンについて】知っておきたい知識をドライバーに分かりやすく解説!

   
 

車のガソリンに関する知識は、車の燃費にも関わってくる重要な部分ですので、気になる人もいるでしょう。今回は、車のガソリンに関するさまざまな知識をご紹介いたします。

車の燃費をよく保つための給油方法

Petrol, Gasoline, Diesel, Gas, Automotive, Prices, Oil

ガソリン満タンにした方が燃費が良い

一般的にガソリンは満タンにすると、車の燃費が悪くなると言われています。確かに、ガソリンを満タンにすると、車の重量に差が出るため、燃費が悪くなります。ですが、燃費が悪くなるのはほんの少しだけで、ガソリンを満タンにしても実際は、燃費にほとんど影響がありません。

一方で、燃費が悪くなるからという理由で、毎回半分程度しか給油をしないと、必然的にガソリンスタンドに行く回数が増えてしまいます。そうなると、ガソリンスタンドに行くまでのガソリンを無駄に消費してしまい、結果としてガソリンを満タンにした方が燃費が良いとなるのです。

給油を長期間放置しない

給油を長期間放置してしまうのは、ガソリンにとって非常に良くないことと言えます。なぜかというと、給油したガソリンを長期間放置しておくと、ガソリンが劣化してしまうからです。現在の車は、ガソリンが腐らないよう空気と触れない構造になっているものの、ガソリンに入ってる添加物などによって劣化してしまう可能性があります。

ガソリンが劣化すると、当然、車のパワーや燃費の低下といった問題が起こります。ですので、給油は長期間放置せずに、毎月1回以上はするようにしましょう。

ランプが点滅?車はあと何キロ走る?

Car, Speedometer, Vehicle, Dashboard, Speed, Panel

次に、車の運転中にガソリンが少なくなった時のための知識をご紹介いたします。まず、ガソリンが少なくなると点滅するランプのことをEマークと言います。他にも、車のマークには、シートベルト警告灯や半ドア警告灯などがあり、車内で何か異常がある時にはマークで判断できる場合が多いです。

Eマークの場合は、点滅すると車があと残り何km走れるのか不安になる方も多いのではないでしょうか。そこで、Eマークが点滅した時に車はあと何km走れるのか、もしガス欠となったらどうするべきなのかについて確認していきましょう。

Eマークが点滅しても最低でも50km走れる

Eマークの点滅後、車が何km走れるかは車種やグレードによって異なるため、正確な距離を出すことはできません。ただし、ほとんどの車は、Eマークが点滅から最低50kmは走れるように作られています。

なぜ、Eマークが点滅しても50km走れるように設計されているのかというと、高速道路のサービスエリアが大体50kmおきに設置されているからです。ですが、地域によってサービスエリアが50kmおきに設置されていなかったり、夜間に店が開いていなかったりする場合があります。ですので、車を運転する時は、常にガソリンスタンドの位置や営業時間を確認するようにしておきましょう。

ガス欠になったらどうするべき?

Eマークが点滅してから50kmも走っていなくても、渋滞などによってガス欠になってしまう可能性もあるでしょう。ガス欠になる直前は、スピードが落ちたり、エンジンから異常な音や振動がしたりといった症状が見られます。ですので、ガス欠になる前に、それらの症状に気づき対処することが重要です。

車に症状が出始めたら、安全な場所に停車し、ハザードランプをつけるようにしましょう。その後、道路緊急ダイヤルに連絡をします。また、高速道路で症状が出た場合は、発煙筒をつけ、広い範囲に異常があることを伝えるようにしましょう。

もし、本当にガス欠になってしまった場合は、ガソリンスタンドから携行缶を借りて給油する、ロードサービスに救援を求める、ガソリンスタンドまで車を押すといった対処をしなくてはいけません。

車内でガソリンをこぼした場合の対処方法

Gloves, Cleaning, Clean, Wash, Hygiene, Soap, Budget

ガス欠を防ぐために、ガソリンを車の中に持ち込む人もいるでしょう。ただし、うっかりミスなどでガソリンを車内にこぼしてしまう可能性があります。ですので、ガソリンをこぼしてもすぐ対応できるようにしておくことが重要です。

ガソリンはこぼれたらどうなるの?

ガソリンをこぼしてしまったらすぐに対応しないと、シミになったり、匂いが残ったりしてしまいます。特にガソリンの臭いは、独特ですので、車内に臭いが残ってしまうと気になる方が多いでしょう。

ただし、ガソリンをこぼしてもすぐに洗剤や消臭スプレーを使って対処すれば、臭いもシミなくすことが可能です。

ガソリンの臭いが残ったらCarZootの消臭剤を使おう

ガソリンの臭いを消すなら、CarZoot社の消臭剤がおすすめです。CarZoot社の消臭剤は、どんな強い臭いに対処してくれるため、ガソリンの臭いでも簡単に消すことができます。

他にも、車内のタバコの匂いなどを消したい人におすすめできる商品となっています。

まとめ

今回は、車のガソリンに関するさまざまな知識をご紹介いたしました。車の燃費を良くするためにも、是非、こちらの記事を参考にしてみてください。

avatar
本日のおすすめはこちら

タイヤがスリップ!?原因と対策を徹底解明前のページ

車の左側通行の日本と同じように左車線の国はどこなのかご紹介します!次のページ

関連記事

  1. 記事

    車のバッテリーに負担がかかるアイドリングストップとは?意味を解説

    車のパーツの1つとして絶対に欠かすことのできないのがバッテリーです。…

  2. 未分類

    【初めてのDIY】自宅でヘッドライトコーティング施工をしてピカピカに!

    これから初めて自分でヘッドライトコーティングを行おうと考えている方い…

  3. 未分類

    効果的な油膜の除去方法とは?フロントガラスに付着する原因も合わせて紹介!

    雨の日や夜間の運転時にフロントガラスがギラつき、視界が悪くなる油膜。…

  4. 記事

    車のバッテリー上がりについて!防止方法を3選して解説!

    いざ車に乗ろうとするとバッテリーが上がっていて動かなかった、というこ…

  5. 記事

    かわいいカー用品を買うならフムフム!おすすめポイントを徹底解説!

    かわいいカー用品で車をお気に入り空間にしたい、と思われる方も多いと思…

  6. 未分類

    車内の臭いを家庭用品で消臭してみた

    車に乗った際、車内の臭いが気になることありませんか?その臭いの元は、…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    岡山県で安心して輸入車を購入できるお店!
  2. 記事

    コロナ禍で年末年始、車で出の規制はOK?気を付けるべきポイントを紹介!
  3. 記事

    福岡空港はレインボーバスの導入でより便利になる!?
  4. デザイナーB

    40代から始める大人きれい目カジュアルでドライブへ出かけよう!
  5. 記事

    交通事故多発!モンテネグロに行く日本人が知っておくべき交通事情について
PAGE TOP