【車で冒険】2021年ヨーロッパでヤリスクロスに「アドベンチャー」登場

   
 

「ヤリスクロス「アドベンチャー」について詳しく知りたい。」

「トヨタ・ヤリスクロスについて教えて。」

「SNSに見るトヨタヤリスクロスが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、ヤリスクロス「アドベンチャー」について解説します。

1. ヤリスクロス「アドベンチャー」

1−1 ヤリスクロス「アドベンチャー」

トヨタヨーロッパ部門はコンパクトSUVをヨーロッパ仕様に改良したヤリスクロスアドベンチャーを発表しました。

ネーミングにもある通り、アウトドアテイストが強調されたSUVの仕上がりになっています。

特徴は以下の通り。

  • フロントバンパーにはアンダーガード
  • リアバンパーにはプロテクションプレートが追加
  • シルバー仕上げのルーフレール
  • ダークグレー仕上げの18インチアルミホイール標準装備
  • 車内には、ピアノブラックのトリムパネル
  • ブラックのヘッドライナー
  • アドベンチャーグレードの専用のレザー風シート
  • ブラックのソフトタッチ素材を使ったインストルメントパネル
  • レザー使用のステアリングホイールとシフトレバー
  • パワートレインはハイブリッドのみ
  • 最大出力116hpを発生
  • CO2排出量 駆動方式がFFは100g/km、4WDは110g/km
  • インテリジェントな全輪駆動システムの「AWD-i」

1−2 トヨタ・ヤリスクロス

トヨタ自動車が生産する小型クロスオーバーSUVの一つがヤリスクロス。

90回のジュネーブ国際モーターショーで披露予定だったがコロナの感染拡大の影響を受け、昨年の4月に行われたのはオンラインでの公開。

日本ではすでに販売開始済みで、ヨーロッパでは2021年の半ばを目指す。

2020年のヤリスに続き、GA-Bプラットフォームを持つ第二弾として製造されました。

デザイン設計にわたって、トヨタヨーロッパが手がけるというもの。

特徴としてはヤリスに比べ、やや広めの車内設計が施されている。ちなみに全長・全幅・全高がそれぞれ240mm・20mm・90mmずつ拡大。

パワートレインは以下の通り。

  • 1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きCVT(Direct Shift-CVT)
  • そのエンジンをベースとしたTHSの2種類
  • 駆動方式はそれぞれに前輪駆動・全輪駆動の2種類
車種トヨタ・ヤリスクロス
MXPB1#/MXPJ1#型
製造国 日本
 フランス
乗車定員5名
ボディタイプ5ドアクロスオーバーSUV
エンジンガソリン車:
M15A-FKS型 1.5L 直3 DOHC
ハイブリッド車:
M15A-FXE型 1.5L 直3 DOHC
エンジン位置フロント
駆動方式前輪駆動・全輪駆動・E-Four
変速機CVT
全長4,180mm
全幅1,765mm
全高1,560mm
ホイールベース2,560mm
プラットフォームGA-Bプラットフォーム

2. SNSに見るトヨタヤリスクロス

動画やSNSで紹介されているトヨタヤリスクロスについてのぞいてみましょう!

3. CarZoot社商品紹介:車内インテリアクリーナー 

行楽でドライブに出かけた後の車内を見渡してください。

ジュースやコーヒーのシミ、わんちゃんがシートの上に上がって遊んでなどなど、行楽以上に一層疲れてしまいませんか?

そんな時にはCarZoot社製 インテリアクリーナーをご利用してください。

この1本で以下のような汚れもさっと一拭きできれいにします。

○タバコのヤニの汚れ

○コーヒーのシミ

○ペットが乗った後のシートの汚れ

また、もう一つの特徴が静電気を抑えてくれることです。静電気があるとほこりが付き安くなるのでそれを防ぎます。速乾性もありさっと一拭きで微香性、後も残りません。これだけでも優れもののクリーナーとご理解いただけると思います。

いかがでしょうか?使ってみてこのクリーナーの効果を実感してみてください!

初心者にでもわかりやすく写真付きの施工マニュアルとタオルを同梱しています。安心してお使いいただけます。疑問があればいつでもスタッフにお問い合わせください。

Amazonでは2,480円で販売中で、ユーザー評価も星4つと高評価をえています。

4. まとめ「車で冒険】2021年ヨーロッパでヤリスクロスに「アドベンチャー」登場」

今回は、ヤリスクロス「アドベンチャー」についてご紹介しました。

・ヤリスクロス「アドベンチャー」について

・SNSに見るトヨタヤリスクロスについて

・CarZoot社商品紹介:車内インテリアクリーナー 

今後、ヤリスクロス「アドベンチャー」について知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

鳥取県で鬼滅の刃のカフェや、グッズを買えるお店はあるのかご紹介!前のページ

【GMからEV車】2021年ハマーEVSUVが発表になった件について次のページ

関連記事

  1. 記事

    ガソリン車離れ?東京都がEV15万円・燃料電池10万円の補助制度上乗せした理由とは?

    電気自動車や燃料電池自動車に補助制度があるのを知っていますか?…

  2. 記事

    燃費最強!?マツダ キャロルエコのスペックと中古車価格を徹底的に調べてみた!

    少しでも経済的な車に乗りたい、と考えている方は、このコロナの時代に増…

  3. 記事

    【車好きにオススメ】トムクルーズ出演!デイズ・オブ・サンダー特集

    2020年に引き続き、2021年もおうちで映画鑑賞をする方は多いので…

  4. 記事

    サーブ エステートは中古車の値段が幅広い!あらかじめ状態をチェック!

    サーブ エステートは、中古車がリーズナブルな価格で手に入るため、多く…

  5. 記事

    VW パサート改良新型! フロント・リヤ周りを刷新し最新運転支援システムを採用 

    「VW パサート改良新型」が最新運転支援システムを採用したことが話題…

  6. 記事

    【車のアクセント】2021年版おしゃれティッシュケースを徹底解説

    「おすすめ車用ティッシュケース2021年版について詳しく知りたい。」…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. デザイナーA

    横浜スタジアム周辺で安い駐車場3選!
  2. 記事

    走行中にRのギアに入れたらどうなる?ギアのシフトチェンジについて知ろう!
  3. 記事

    車のホイール買取はどこがおすすめ?人気買取業者3選!
  4. 記事

    埼玉県でロケ地へGO!車でドライブを楽しもう!
  5. 記事

    行政機関と鉄道会社が合意した線の移設で解消される渋滞
PAGE TOP