【自動車メーカー社内対応】2021年の緊急事態宣言全面解除での対応

   
 

「緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応について詳しく知りたい。」

「本田技研工業について教えて。」

「SNSで紹介される緊急事態宣言解除が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応について解説します。

1. 緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応

1−1 緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応

コロナ禍で自動車業界のソフト部分が変わりそうです。

コロナの影響を受け、政府が出した緊急事態宣言解除後も自動車メーカーが各社対応を変えていこうとする動きが出てきました。

  • ホンダ:在宅勤務を「原則」から「推奨」に切り替え
  • 三菱自動車:原則週1回以上の出社
  • トヨタ自動車:東京地区事業所の従業員を原則在宅勤務

1−2 本田技研工業について

東京に本社を置く日本の大手輸送機器メーカーで、オートバイにおいては世界1位という実績です。

自動車においては世界第7位をキープしており、ホンダの株式はTOPIXの構成銘柄でもあります。

会社名本田技研工業株式会社
市場情報東証1部 7267NYSE HMC
略称Honda、ホンダ
本社所在地〒107-8556
東京都港区南青山二丁目1番1号
設立1948年9月24日
業種輸送用機器
事業内容自動車・オートバイ・汎用製品・飛行機の製造および販売
代表者八郷隆弘(代表取締役社長)
倉石誠司(代表取締役副社長)
資本金860億6,700万円
発行済株式総数18億1142万8430株
売上高連結:15兆8886億1700万円
単独:4兆775億6400万円
(2019年3月期)
営業利益連結:7263億7000万円
(2019年3月期)
純利益連結:6103億1600万円
(2019年3月期)
純資産連結:8兆5657億9000万円
(2019年3月期)
総資産連結:20兆4191億2200万円
(2019年3月期)
従業員数連結:21万9722人
単独:2万2675人
(2019年3月31日現在)
決算期3月31日
会計監査人有限責任あずさ監査法人
主要株主日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 9.37%
日本カストディ銀行(信託口) 7.17%
[[エスエスビーティシー クライアント オムニバス アカウント ]] 3.34%
モックスレイ・アンド・カンパニー3.28%
明治安田生命保険 2.96%
東京海上日動火災保険 2.05%
日本カストディ銀行(信託口5) 1.90%
日本生命保険 1.66%
三菱UFJ銀行 1.65%
ジェーピー モルガン チェース バンク385781 1.64%
(2020年9月30日現在)
主要子会社本田技術研究所 100%
ホンダアクセス 100%
ホンダ・レーシング 100%
ホンダファイナンス 100%
ホンダトレーディング 100%
ホンダロジスティクス 100%
モビリティランド 100%
ホンダオートボディー 100%
関係する人物本田宗一郎(創業者)
藤沢武夫(元副社長、最高顧問)
外部リンクhttps://www.honda.co.jp/

1−3 三菱自動車工業について

東京に本社を置き、元々は三菱重工業の一部が独立したもの。その後2016年に日産自動車が筆頭株主になり、日産自動車の親会社ルノーと共にルノー日産自動車、三菱自動車を構成しています。

会社名三菱自動車工業株式会社
市場情報東証1部 7211
略称三菱自動車、三菱自工、三菱自、三菱、MMC
本社所在地〒108-8410
東京都港区芝浦三丁目1番21号
(msb Tamachi 田町ステーションタワーS)
設立1970年(昭和45年)4月22日
業種自動車産業(輸送用機器)
事業内容自動車製造,販売
代表者加藤隆雄(代表執行役CEO・取締役)
資本金1,657億124万円
(2016年3月期)
発行済株式総数9億8366万1919株
(2016年3月期)
売上高連結:2兆2703億円
(2019年3月期)
営業利益連結:▲128億万円
(2020年3月期)
純利益連結:▲38億万円
(2020年3月期)
純資産連結:8812億03百万円
(2019年3月期)
総資産連結:2兆103億09百万円
(2019年3月期)
従業員数連結:31,314人、単体:14,171人
(2019年3月31日現在)
決算期3月31日
主要株主日産自動車 34.03%三菱商事 20.02%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 2.29%
三菱重工業 1.44%(2020年9月30日現在)
主要子会社ミツビシ・モーターズ・オーストラリア
ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ
ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ
ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア
ミツビシ・モーターズ・フィリピン
ミツビシ・モーターズ (タイランド)
北海道三菱自動車販売西日本三菱自動車販売他
関係する人物佐藤勇二(初代社長)久保富夫(二代目社長・会長・相談役)
東條輝雄(元社長・会長)
舘豊夫(元社長・会長)
河添克彦(元社長)
カルロス・ゴーン(元会長)
アシュワニ・グプタ(元COO)
岩崎寿男(元常務)
岡田彬(元トラック・バス営業本部副本部長)
仲西昭徳(執行役員・デザイン本部長)
関連人物の節も参照
外部リンクMITSUBISHI MOTORSMITSUBISHI MOTORS JAPAN

2. SNSで紹介される緊急事態宣言解除

SNSや動画で緊急事態宣言解除をどのように紹介されているかのぞいてみましょう!

3. CarZoot社製 ヘッドライト黄ばみくすみ取り

Amazonでは3,680円で販売中で、ユーザー評価も星4つと高評価のヘッドライト黄ばみくすみ取りのご紹介です。

他社製品との違いの性能をご覧ください。

○他社との大きな違いは、圧倒的な汚れや黄ばみを落とす力と、塗布した後は再び汚れが付着しないようにコーティングすることです。

○プロが現場で使っているほどの、信頼の逸品です。

ヘッドライト専用に開発されたこの黄ばみくすみ取り、塗布後の効果の持続性を実感いただけます。

アマゾン新着ランキングで1位を獲得しました!

ペーパーやコンパウンドなどに含まれる研磨剤が入っていないので愛車に優しいくすみ取りです。

○日本で研究開発された正真正銘の日本製で、安心してご使用いただけます。

あなたの愛車のヘッドライトのくすみをきれいにそしてそれを持続させます、一度試してはいかがでしょうか?

4. まとめ「【自動車メーカー社内対応】2021年の緊急事態宣言全面解除での対応」

今回は、緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応についてご紹介しました。

・緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応について

・SNSで紹介される緊急事態宣言解除について

・CarZoot社製 ヘッドライト黄ばみくすみ取り

今後、緊急事態宣言全面解除の自動車メーカー各社対応について知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

【ダイハツ車サービス展開】2021年モビリティステーションについて前のページ

【車の安全を考える】日産の設立した交通安全未来創造ラボとは次のページ

関連記事

  1. 記事

    燃費のいい車はどれくらいお得?1km/L違うとどれくらい違う?

    車の購入を検討するときに、燃費がいい車を選びたいと考える人は…

  2. 記事

    EVのSPAC上場ブームに水を差す?!ローズタウン・モーターズが予約台数を偽装した疑惑について

    アメリカ合衆国の大手自動車メーカー「ゼネラルモーターズ(GM)」が出…

  3. 記事

    自動車税って高いけど導入時はいくらだったの?

    世代あたりの自家用車保有台数が1台を超えている日本。トヨタ自動車をは…

  4. 記事

    生産わずか2年!幻の車フジキャビンについて詳しく解説

    「フジキャビンという車について詳しく知りたい」「どうしてフジ…

  5. 記事

    深夜の納涼ドライブ、ダムの畔から生首のような影。もしかしてコッチ見てる!?in富山県

    古洞ダムは、富山市三熊にある農業用のダムです。ダムから流れる…

  6. 記事

    退屈な時間を楽しいに変えるアクセサリー・リアモニター

    車両のヘッドレストや天井に後付け出来るリアモニター。運転席や助手席の…

新着記事の一覧

  1. 佐藤琢磨が挑んだ「2021年インディカー・シリーズ」開幕戦!…
  2. ドバイで無人タクシーを導入!米の自動運転開発会社と契約へ
  3. 北陸電力が発表した「環境・エコカー割」とは?エコカーの種類も…
  4. 畑中慎吾選手がエヴァンゲリオンレーシングのドライバー!D1 …
  5. 3月の中国新車販売を確認!トヨタは6割増でホンダは2倍強
  1. 記事

    【2021年に来る!】徳島県で話題の車関連のお店やおすすめスポットを紹介 
  2. 記事

    撥水効果を高めたい方必見!ガラコシリーズを紹介!
  3. 記事

    車が脱輪してしまった?いざというときの対処法や保険を解説!
  4. 未分類

    おすすめのヘッドライトコーティング剤は?
  5. 記事

    【車でドライブ】愛知県には駐車場完備のテニスコートあり!人気のテニスコートを紹介…
PAGE TOP