【経産省が奮発!】トヨタ&パナソニックの車載電池開発に血税1兆円を投入!

   
 

経産省がトヨタおよびパナソニックの車載電池の開発に1兆円もの血税を投入することが分かりました。各方面から反響があるわけですが、なぜ国はトヨタ&パナソニックの車載電池開発に1兆円ものお金を投入することを決定したのでしょうか?詳しくお伝えします。

グローバルで後れをとる日の丸車載電池の起死回生となるか?

世界的な脱炭素化の流れに乗り遅れている感のある日本ですが、そこで起死回生となる可能性のある一手を売ってきました。1兆円もの資金を車載電池開発に投入するとのことなのです。

ここでは税金投入の詳しい内容を解説し、今回の決定に至った理由にも迫ります。

税金投入の詳しい内容を解説

そもそも車載電池は電気自動車の期間デバイスとなるものであり、現在世界のトップシェアは中国CATL(寧徳時代新能源科技)などの中国企業および韓国企業になります。これまでは日本の独壇場とされてきたのですが、現在大きく変化しているのです。つまり今回の経産省の決定は、グローバル競争で遅れを取った日本の企業を助けるためのものです。

ただ、今回の決定も遅れに遅れたとの指摘があります。環境性能の技術開発は昔から行われており、日本は世界トップクラスの技術を誇りました。それが今では、だいぶ遅れを取っている印象です。

菅政権は「2050年のカーボンニュートラルに向け様々な指針を打ち出しています。そこで過去に例のない2兆円ものグリーンイノベーション基金し、イノベーションに挑戦する企業を継続支援することを決定!その流れでトヨタ&パナソニックの車載電池開発に血税1兆円を投入になったわけです。

支援の対象となるのはトヨタ自動車とパナソニックの合弁で設立された車載電池メーカー「プライム プラネット エナジー&ソリューションズ」を中心とし、リチウムイオン電池を製造する電池材料の製造に関わる企業群になります。

日本政府では、20390年代なかばまでに新車販売のガソリン車ゼロを掲げています。そんな状況で、車載電池の開発にコケてしまえば、当然目標の達成は難しくなる…。そこで自身の本気度を明らかにするかのような1兆円の投入が決まったわけです。

上手くいくかは中韓次第!かなり厳しい戦いになる

では、1兆円もの血税を投入して良い結果が得られるのでしょうか?

もちろん中国や韓国などのトップメーカーが黙っているはずがありません。厳しい技術開発競争が始まることになるでしょう。そもそも車載電池で過去世界一の座に君臨していたのがパナソニックです。それが今では中国CATLに奪われ、中国CATLはトヨタやホンダに加えて、独フォルクスワーゲンなど欧州自動車メーカーからの受注を獲得!勢いを増しているのです。

良い結果を獲得するには、大きな路線変更が必要になるかも知れません。結果はいかに!4年後や5年後くらいまでには道筋が見えていなければ、惨敗に終わる可能性もありそうです。

さっと塗るだけ!簡単ポリマーコーティングはいかがでしょうか?

車のメンテナンスをしているでしょうか?ボディにコーティングに関しては、定期的に行っている方もいるでしょうが、時間がなくてほったらかしにしている方も居るかも知れません。

時間がない方にもおすすめなのが、CarZoot社のポリマーコーティング剤である「[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』」です。さっと塗るだけでボディがつやつやのピカピカになり、水滴も弾いてくれるおまけ付き、展示車両やモーターショーで使われることもあるほどです。

さらに注目なのがテフロン樹脂、ファインセラミック等を配合している点。それらを配合していることで、ボディに付着した水垢を除去してくれます。

価格は税込み2,980円で1本で3年間耐久させられます。この機会にご購入を検討されてはいかがでしょうか?

軽自動車は好景気!?4ヶ月連続で軽自動車の新車販売台数がプラスへ!その原因とは?前のページ

残念!デイトナ24時間で個人3連覇ならず!小林可夢偉は第2位!次のページ

関連記事

  1. デザイナーB

    アストンマーティンの100年以上の歴史を支えた社長たちの功績を紹介!今後についても徹底調査!

    アストンマーティンは、イギリスで設立された高級スポーツカーメーカーで…

  2. 記事

    知っているとお得!電気自動車の税金はかなり優遇されている!

    電気自動車は、そのエコ性能の高さから様々な税金の優遇を受ける…

  3. 記事

    Hondaはジェット機も作っているって知っていた?

    Hondaといえば車を作っているイメージですが、実はジェット機も作っ…

  4. デザイナーB

    理不尽なタクシーの乗車拒否は提訴できる?気になる情報をご紹介

    近年、タクシーが乗車拒否することによって、問題になるケースをよく見か…

  5. 記事

    自動車で利用できる101匹ワンちゃんのおすすめグッズを紹介! 

    101匹ワンちゃんといえば、星の数ほどあるアニメーション映画の中でも…

  6. 記事

    ガソリン自動車の幕開け・ジークフリート・マルクスが開発した燃料車

    ガソリンを動力に走る乗り物は鉄道車両やディーゼル動車があり、ガソリン…

新着記事の一覧

  1. 【2021年最新版】アンドロイドスマホのがっちりホルダー
  2. 【2021年最新版】iPhoneユーザーにおすすめスマートフ…
  3. 【54番目】伏見(ふしみ)の歴史や見どころを紹介!
  4. DS4 が3年ぶりに復活、新型は電動モデルを設定 欧州発表
  5. カーオーディオの疑問 サブウーファーが再生する音ってどんな音…
  1. 記事

    購入したい人におすすめ!ガレージを3選紹介!
  2. 記事

    ボルグワーナーが日産にトランスファーケースを初供給|大手企業のコラボで自動車技術…
  3. 記事

    奈良県では重傷事故が複数発生!事故を未然に防ぐ対策を知っておこう!
  4. 記事

    フォルクスワーゲン・クロスポロはポロの派生車!中古価格もご紹介!
  5. 記事

    最近増えている煽り運転!罰則や対策を紹介!
PAGE TOP