【米ホンダ】次世代インテリアを公開、より人間中心のデザインへ。

   
 

皆さんは米ホンダが次世代インテリアのスケッチを公開したことをご存じでしょうか。

ホンダの米国部門は4月末、ホンダの次世代のインテリアスケッチ及びその開発の様子を映像として公開しました。

今回はそんなホンダの次世代インテリアスケッチ公開を受けて、どのようなスケッチであるのかスケッチを参考に能力性やデザインの意図などを解説していきます。

次世代インテリアは新型シビックセダン?!

今回、米ホンダは次世代インテリアのスケッチと開発している様子を映像として公開していますが、この公開された映像の最後には、新型「シビックセダン」の登場が予告されており、今回公開された次世代インテリアは新型「シビックセダン」に初採用される見込みがあります。

ここではその情報も参考に次世代インテリアのデザインの意図や特徴、能力性などを解説していきます。

「M・M思想」でより快適に。

ホンダの次世代インテリアでは、新しいデザイン理念が導入されます。

それは、シンプルさを重視したものであり、よりドライバーと乗員の快適性を求めたものであります。

次世代インテリアでは、ホンダが近年掲げている「M・M思想」がより重視され、より人間中心の車へと進化していくと予想されます。

「M・M思想」って何?

ホンダが車の開発をしていく中で掲げている「M・M思想」というのは「マン・マキシマム・メカ・ミニマム」の略称であり、「人のための空間は最大に、メカニズムのスペースは最小に」という意味があります。

したがって、次世代インテリアでは機械部分などのスペースなどは最小に、キャビンスペースなどの人間が使用するスペースは最大にすることで、より人間中心の車へと進化していきます。

そして、これは車の近未来化に向けてのデザインであるとともに、初期「シビック」がモットーにしていた人間中心の価値観に触発されたものであると言えます。

スケッチから読み取れることは?

ここまでは「M・M思想」に焦点を当てて解説してきましたが、続いては米ホンダの今作の次世代インテリアスケッチから読み取れることなどを解説していきます。

ホンダらしいシンプルさ。

今作の次世代インテリアスケッチからは「シンプルさ」というものが読み取れます。

水平基調のダッシュボードやダッシュボード中央最上段の大型インフォテインメントスクリーンモニター、その下の3個の空調スイッチなどからはまさに「シンプルさ」というものを感じ取ることができ、それらのシンプルさは単にシンプルというだけではなくホンダらしい魅力があるシンプルなデザインであると言えます。

また、今作のスケッチからはホンダ車を運転する楽しさや所有しているワクワク感を持つことができ、シンプルかつ非常に魅力的なデザインであります。

Carzoot社の商品をご紹介:ガラスコーティング剤

最後にCarzoot社の商品をご紹介させて頂きます。

今回、ご紹介させていただく商品はガラスコーティング剤です。

この商品はプロが実際に実店舗で使用しているコーティング剤であり、市販製品ではなかなか出すことの難しい持続力と艶を実現することに成功しました。

とにかく艶や光沢アップとキズから愛車を守りたい方にオススメの商品であり、完全無機質のガラス膜を形成し、車の塗装を強力に保護して守ります。

施工の際に必要なものはすべてセットで入っているため、初心者の方にも安心してご利用いただけます。

少しでも興味を持った方は、是非、ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。

今回は米ホンダの次世代インテリアのスケッチと開発の様子の公開を受けて、今作の次世代インテリアのデザインの意図や特徴、能力性などを解説させて頂きました。

「M・M思想」に重点を置いた今作の次世代インテリアですが、これをきっかけにホンダの車がより人間中心のデザイン哲学へと進化していくことに注目が集まります。

「定額カルモくん」「住宅ローンARUHI」業務提携を開始、人々の生活をより豊かに。前のページ

【ロータス】次世代スポーツカー「エミーラ」を徹底解説!ロータスを代表するスポーツカーに!?次のページ

関連記事

  1. 記事

    奈良県にはテイクアウトできる新しいお店がオープン!2021年の情報をチェックしよう

    新型コロナウイルス感染症の影響もあり、店内を利用することに抵抗を感じ…

  2. 記事

    デンソーがパワーステアリングを新開発!

    運転操作の誤りで起きた死亡事故のうち、一番多い要因はなんだと思います…

  3. 記事

    山梨県でおすすめの2021年にトレンドとなりそうなスポットは愛車の撮影スポット!魅力をチェック

    山梨県でおすすめの2021年にトレンドとなりそうなスポットは愛車の撮…

  4. 記事

    【販売中止】韓国の国民車、「ソナタ」の製造が中止。その理由とは?

    韓国に車のイメージはありますか?車といえばドイツやイタリア、…

  5. 記事

    京都市上京区で洗車をするならここがおすすめ!ポイントを徹底解説します!

    洗車をこまめにすると愛車をきれいに乗りこなすことが出来ます。空気中に…

  6. 記事

    車を持たない人の味方!便利な宅配サービスin北海道

    公共交通機関が行き届いていない地方では、車が大切な移動手段になってい…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    ダイナミックルーティングバスの実証運行スタート!を会津若松市で実施
  2. 記事

    ソフトバンクとカナモトの共同実験が凄い?今回実験で使われた「スマートVPN」とは…
  3. 記事

    青森県で2021年に話題のカフェを紹介!ドライブがてら立ち寄ろう
  4. 記事

    アウディ RS5にして知りたい!一体どんな車なの?
  5. 記事

    「ホンダ・ヴェゼル」のカタログスペックや中古販売価格を紹介
PAGE TOP