【竜の割石】長野県にある鬼滅の刃のおすすめスポットを徹底解説!

   
 

長野県にある鬼滅の刃のスポットをご紹介します。

長野身も鬼滅関連のスポットがあり、なんとあの一刀石のモデルにもなったような岩があるのです!地元の方ならずとも是非一度は見て欲しいところ。この機会に是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

長野県にある鬼滅の刃のおすすめスポットがこちら!

中の元にある鬼滅関連の聖地を2つご紹介します。それぞれの特徴も合わせてご紹介するので、是非チェックしてみてください。

竜の割石(長野県須坂市)|炭焼小屋もある!

長野県の須坂市にあるスポットであり、坂田山共生の森と呼ばれる場所にあります。坂田山共生の森は須坂駅から東へ1.5キロに位置する里山であり、そこに鎮座しているのが竜の割石なのです。

駐車場も近くにあり、そこには20台程度が停められます。ただ休日は混みやすいとされているため注意してください。駐車場からは徒歩で竜の割石に向かいますが、道自体はそれほど整備されていません。獣道と行ったところを進みます。ただ案内板があるため、迷うことはないでしょう。

ちなみに進んでいる途中には炭焼小屋があります。こちらもちょっと鬼滅の刃を彷彿とさせるスポット。炭治郎がいるのでは、なんて思ってみたくなります。

途中には休憩所もあるので、疲れていたらそちらで休むのもおすすめ。またその休憩所から見える絶景を楽しむのも良いでしょう。遠くまで見渡せるので、自然豊かな長野を楽しめるはずです。

休憩所を過ぎれば、あとちょっとです。「鬼滅の刃の巨岩」との案内板がでているので、すぐに分かるはずです。大きな岩があり、そこに大きなヒビが入っています。しめ縄もされており、ちょっとした信仰の対象にされているのかもしれません。

すでに人気スポットとされており、コスプレをしてきている方もちらほら。子供が刀できるポーズをしているケースも有るようです。撮影に関しては順番を守ればOK。特に禁止されていることはないので、様々な角度から撮影してみるのも良いでしょう。

  • 住所:長野県須坂市坂田町
  • 駐車場:あり(20台程度)

無限城みたいな土蔵(長野県長野市)|完成済み

つい最近まで作成されていたのが、長野県長野市にある無限城みたいな土蔵になります。すでに完成済みとなっていますが、土蔵がリノベーションされたものになります。すでにコスプレスポットとしても利用されており、人気を博しています。

撮影したくなるようなスポットが各所にあり、非常に不思議な空間。「ここが本物の無限城なのでは?」と感じる人もいるかも知れません。

コスプレも揃っており、羽織であるとか日本刀(模擬)も設置されているなど、鬼滅の雰囲気を最大限楽しめてしまいます。コスプレが好きな人同士で集まって、即席撮影会をしてもよいのではありませんか?お近くの方はぜひ楽しんでみてください。

さっと塗るだけでツヤ感がはっきりと出るおすすめのコーティング剤をご紹介!

さっと塗るだけでツヤ感がしっかりと出るおすすめのコーティング剤をご紹介します。そのコーティング剤ですが、「[CarZootプロ仕様]【サっと塗るだけで驚くツヤ感と撥水力!】ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』」といいます。

通常のコーティング剤とは異なり、使い勝手がとても良いのが大きな特徴。しかも塗っただけでピカピカになるのです!時間がないときでもすぐに施工できるのは大き真メリットでしょう。さらに注目してほしいのが、自動車展示場やモーターショーで実際に使われているところです。耐久力は1ヶ月から2ヶ月程度とされていますが、効果は実績が示すように抜群!

アマゾンで販売されており、価格は税込みで2,980円です。送料はかかりません。この機会に是非購入されてはいかがでしょうか。

雲取山は抑えたい!山梨にある鬼滅のおすすめスポットをご紹介!前のページ

認知度が低いのでチャンス!岐阜にあるおすすめの鬼滅スポットをご紹介!次のページ

関連記事

  1. 記事

    ミシュランの新発売タイヤ パイロットスポーツカップ2コネクトの特徴とは?

    これまで色々なタイヤを手がけてきたミシュランタイヤが、新たにパイロッ…

  2. 記事

    ガソリン価格が上昇!ガソリン価格は景気に影響される?

    ガソリン価格はなぜ上がったり下がったりするのでしょうか?コロ…

  3. 記事

    【2021年版】30代!春のドライブにおすすめのファッション3選

    コロナウイルスの影響で自粛が高まる中、ドライブに最適な季節がやってき…

  4. 記事

    ドライブにおすすめ!静岡県のドラマやMV撮影地

    目的なくドライブをするのも楽しいですが、目的地を設定することでよりド…

  5. 記事

    GLC 次期型に3列7人乗り!メルセデスベンツのスポーツハッチスタイルに進化

    「GLC」のフルモデルチェンジが行われる予定ということもあり、メルセ…

  6. 記事

    運転中はマンホールの蓋を避けた方がいい?

    車を運転中にマンホールの蓋を避けて走る車を見たことありますか…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    【スパーキー】トヨタとダイハツのOME車をご紹介いたします
  2. 記事

    【知らなきゃヤバい】ディーゼル車の一律免税終了について徹底解説
  3. 記事

    2020年モデルのディスプレイオーディオ『DMH-SF700/DMH-SZ700…
  4. 記事

    【80年代90年代のトレンド】バブル時代にもてはやされた車種とは?
  5. 記事

    セリアのカー用品が便利過ぎる!100均で揃っちゃう快適アイテム!
PAGE TOP