【知らなきゃ損】マフラーを替えてオリジナル自動車にメーカー別解説yoko*

   
 

「マフラーメーカーにどんなのがあるのか知りたい。」

「マフラーを交換する意味って何か教えて。」

「各マフラーメーカーの特徴が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、マフラーメーカー別の特徴とマフラーを交換することについてを解説します。

1. マフラー交換のススメ

マフラー交換は、購入した自動車を差別化するためにする側面もありますが、マフラーを股間して、エンジン周りとチューニングを合わせると、明らかにその車の持つ性能がアップすることが体感できます。

それに付加価値として音質や見た目などの目に見えてわかり、音が変わるということでより一層車に愛着が湧くということがいえます。

一般的にノーマルに装着されてマフラーは、例えスポーツカーといえども自動車メーカー側は控えめに設計されています。

そのため、一度マフラーを交換したことがある人にとっては純正のマフラーには物足りないものを感じるようです。

そのため、マフラー交換は愛車をチューニングする上では大きな意味を持ち、最近ではアフターパーツといわれるほどの位置付けとなっています。

2. マフラーメーカー別の特徴まとめ6選

マフラーメーカー6社とその特徴について以下の通りまとめました。

2−1 ブリッツ

ブリッツは1980年にできたチューニングパーツメーカーです。

車検対応マフラーや競技用マフラーといった種類を製造販売しています。

ステンレス鏡面仕上げでチタンカラーを選択できるのが特徴で、出来上がったマフラーは綺麗なグラデーションでの仕上がりとなり、ユーザーからは大変高い評価を得ています。

その中でも人気のモデルは、4本出しマフラーのQaudモデルです。

2−2 フジツボ

神奈川県横浜市に1931年にできたフジツボはマフラーを製造するメーカーとしてもかなり歴史のある会社です。

オプションパーツとして、日産自動車から受注実績もあります。

フジツボは純正品同様の品質を誇るマフラーを製造しています。

取り扱う車種も幅広く、ハイブリッドや軽自動車向までに対応するマフラーを製造販売しています。

現在オートバックス横須賀中央店において、FUJITSUBOマフラーキャンペーンを開催中です。

2−3 タナベ

スポーツ系のマフラーとして有名なタナベは1982年に大阪府箕面市で設立されました。

1982年以降、30年に渡ってフォーミュラカーやスーパーGTなどと共にモータースポーツをサポートしてきました。

レーシングマシンのポテンシャルを上げるために日々を研究開発に費やしております。

特に、Medalionシリーズには以下の特徴があります。

「Medalion eR TUNE/ Medalion eR TUNE GA」:テールデザインが特徴

「Medalion Touring / Medalion Touring GA」:バランスの良いマフラー

「Medalion g-FORDAN / Medalion g-FORDAN GA」:スポーツ用として特化

2−4 ロッソモデロ

2011年、群馬県富岡市に誕生したロッソモデロです。

カスタマーサティスファクションを目指し、お客様ののぞむマフラーを日々のトライアンドエラーを経験した上で提供しています。

そのため、適合車種が多く、装着画像や装着サウンドを常に掲載更新しているのが特徴です。

テールカラーが11種類ある「COLBASSO Ti-C」「ZEEK-Ti」「IKUSA-Ti」「DUSSEL Ti-C」は、マフラー業界でもユニークなポジションを確立しています。

2−5 トラスト

トラストは1977年に設立され、千葉県山武郡芝山町に本社を構えています。

主にスポーツカー向けのマフラーの製造販売を主軸にしています。

一旦倒産したという、残念な歴史もありますが、2016年にはブランドが復活しています。

GReddy マフラーはストレート構造で高いパフォーマンスを実現しています。

また美しいチタンのヒートグラデーションがこのマフラーの良さを引き立てています。

2−6 HKS

海外にも拠点がある、大手チューニングメーカーのHKSは、昭和48年に静岡県富士宮市で、レース用エンジンの開発、エンジンパーツの製造販売としてスタートしました。

現在は、ターボチャージャーやマフラーの取り扱いが豊富で、トップレースでの採用実績があります。

スポーツマフラーも得意分野で「ハイパワースペックR」にはチタンを採用して軽量化を計っています。

そして、業界で初めて連続繊維「Advantex グラスウール」を消音材として採用しています。

3. CarZoot社製 窓ガラス撥水コーティング剤

今回は、CarZoot社製 窓ガラス撥水コーティング剤のご紹介です。

特徴は以下の通りです。

  • プロも認める、フッ素加工で驚異の撥水効果を実現しました。
  • 撥水コーティングに必要な油膜除去剤とスポンジ、クロスが同梱されているので、購入したその日から使用ができ便利です。
  • 写真付きの施工マニュアルがついていますので初めての方でも簡単に塗布できます。
  • Amazonでは2,980円で販売中です。
  • この製品の撥水効果は1年も持続可能で経済的です。

4. まとめ「おすすめマフラーをメーカー別に解説」

今回は、おすすめマフラーメーカー6選についてご紹介しました。

・マフラーメーカー別の特徴まとめ6選

・マフラー交換のススメ

・CarZoot社製 窓ガラス撥水コーティング剤

今後マフラーについて知りたい時は、是非このサイトを参考になさってください。

耳馴染みのない『一般社団法人 自動車公正取引協議会』とはどんな団体?解説します!前のページ

知っておこう!岐阜県で交通事故に強い弁護士は? 次のページ

関連記事

  1. 記事

    水ようかんで有名な福井県から引っ越しにおすすめのレンターカーショップ紹介!

    これからのシーズン、転職などの関係で引っ越しを考えている人もいるので…

  2. 記事

    ユーロアンテナとは?種類や取り付け方は?

    車にアンテナはついていますか?車のアンテナにはどのような種類…

  3. 記事

    【茨城】ウイルスを避けて初詣に行きたい!!おすすめの神社や初詣のマナーを紹介!

    茨城県でコロナウイルスの感染を避けて初詣に行きたい。だけどそんな神社…

  4. 記事

    【大阪府】おすすめ コロナ禍だけど帰りに寄れる駄菓子屋をご紹介!

    コンビニやスーパーが増えてきた中で、子供から大人まで楽しむことができ…

  5. 記事

    天球360度ドラレコが2月に発売!売れ行きはどう?

    天球360度ドラレコが2月に発売されたことは、ご存じでしょうか。そも…

  6. 記事

    【ドイツ車の最高峰】VWが2021年に発表する新型EVをID5とID6

    「VWが新型EVをID5とID6を発表について詳しく知りたい。」…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    【キッズと車】2021年ネッツ高崎と異業種2社とコラボを解説
  2. 記事

    三重県で交通事故にあった方必見!通院できる病院や整体院を紹介!
  3. 記事

    【車の最高峰】ポルシェジャパンが新型911GT3を2021年に販売開始へ
  4. デザイナーB

    損害保険ジャパン株式会社やKDDI株式会社などが5Gを活用した自動運転タクシーの…
  5. 記事

    2021年最新版車載インバーターを紹介!地震のために備えておこう!
PAGE TOP