【知らなかった】電気自動車の利用方法とそのトレンドについて徹底解説 

   
 

「自動車の利用方法について詳しく知りたい。」

「自動車用の充電設備についてについて教えて。」

「充電設備の普及が進んでいない現状が気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、自動車の利用方法についてについて解説します。

1. 自動車の利用方法について

清掃工場の新港クリーン・エネルギーセンターで電気自動車用の充電設備の運用を開始します。特徴は希望者には無料で利用が可能だということ。

それによって運営する千葉市も一体となって、EVの普及を後押しするものとなります。

特に大規模災害になると停電した避難所に電力を供給できるので、千葉県で起こった大雨災害を教訓に災害リスクに対応する動きを見せている。

全国的にも公的機関がリードして行く仕組みはめずらしいといわれています。

初期投資としては2700万円、仕組みとしては廃棄物を焼却する際に発生する熱で発電する。

利用方法は到着後に窓口や電話で手続きをして現行は月〜金曜日の9時〜16時に利用可能です。

今年の3月には北清掃工場にも充電設備を稼働予定です、より一層のEVの普及を牽引していくのが狙い。

2. 充電設備について

充電設備の種類としては、普通充電と急速充電とがあります。

それらにどんな違いがあるのか解説します。

2−1 充電設備の種類

充電設備の種類普通充電:
コンセントタイプ、ポール型普通充電器
急速充電
想定される
充電場所
プライベートのコンセントタイプ:
戸建住宅・マンション、ビル、
屋外駐車場等
プライベートのポール型普通充電器:
マンション、ビル、屋外駐車場
パブリックの充電場所:
カーディーラー、コンビニ、病院、
商業施設、時間貸し駐車場等
道の駅
ガソリンスタド
高速道路SA
カーディーラー
商業施設
充電時間4時間〜14時間で異なる最大30分
充電設備価格数千円単位百万以上

2−2 ポール型普通充電器について

ポール型充電器にはケーブル無しと、ケーブル付きの2種類があります。ケーブルなしのタイプは充電できる車種が限られている可能性があります。

ケーブル付きは一部電気自動車の充電ができない種類があります。

ケーブルなしの充電器の場合は、元々EV側にケーブルが搭載されています。

2−3 急速充電器について

電源は高圧供給による契約が必要で、3相200Vを使用します。出力50kWの充電器が一般的です。

5分で40km程度の走行ができるくらいの充電は可能になります、緊急時や業務用で頻繁にバッテリーが必要な車に向けて設置が想定されています。

2−4 普及が進んでいない現状

SAやPAにおいて急速充電器の拡充が広がっています、高速道路では50キロ間隔に設置することが目安で、全国のSAにはほぼ設置が完了しており、地方で距離が長くなるエリアではPAを設置して間隔を埋めていっています。

東名高速では、海老名、足柄だけではなく港北や中井、鮎沢といったPAにも設置済みです。

しかし問題は年末年始や週末といったピーク時に対応しきれていないということ。

充電器自体の設置数が東名高速の海老名でさえ、3基ほそ、足柄SAには2基のみで、観光シーズンや年末年始には対応が厳しい状況です。

現在、NEXCOでは急速充電器の増設は未定ということ。

理由は採算に合わないということです。1基数百万もする充電設備はどうしても民間企業だけに負担を負わせるには莫大な費用です。

収益を生まないEVの急速充電器の設置は大きな壁となっており、ここは政府主導での対策が望まれる。

「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」から補助金は出るけれど、1基のみやはりこのようなところの法改正もEVを普及させるのであれば急がれる。

3. CarZoot社製 ヘッドライト黄ばみくすみ取り

今回は、ヘッドライト黄ばみくすみ取りのご紹介です。

特徴は以下の通り紹介します、他社製品と比較して違いを確認してください。

・他社製品と違って、汚れやきばみを落とすだけではなく、以後の汚れがつかないようにコーティングします。

・プロが実際に使っている製品で、くすみ黄ばみを除去しております、ペーパー施工やコンパウンドなどの研磨機材が不要なんです!

・ヘッドライト専用に開発されており、また高い持続性を発揮します。

・本製品だけでトータルに施工できます。

・比べてください!ヘッドライトが新車のような透明感を発揮でき、これを長期間キープできるのがこの製品ならではです。

・Amazonの新着ランキング1位になり高評価を得ています。

・専用のクリーナーで黄ばみや汚れを除去

して新車のように透明感のある車体を実現します。

・日本で研究開発された製品ですので、安心してご使用いただけます。

・Amazonでは3,680円で販売中です。

4. まとめ「電気自動車の利用方法とそのトレンドについて徹底解説」

今回は、自動車の利用方法についてについてについてご紹介しました。

・自動車の利用方法について

・CarZoot社製 ヘッドライト黄ばみくすみ取り

・自動車用の充電設備について

今後、自動車の利用方法について知りたい場合、是非このサイトを参考になさってください。

群馬県にあるトラック用品店を紹介します 前のページ

自動車に組み込む次世代技術「CASE」についてのトレンドを解説 次のページ

関連記事

  1. 記事

    国際的にも大人気!?酒々井プレミアムアウトレットの情報を紹介

    ここ最近、自粛期間というのもあり、いきたかったお買い物に行けてないと…

  2. 記事

    光岡自動車はオリジナルの電気自動車の開発を実施!光岡自動車の歴史を解説

    光岡自動車はオリジナルの電気自動車の開発を行っています。光岡自動車の…

  3. 記事

    EV化に向けてBMWジャパン が千葉に7万2000平米の新施設オープン!更なる顧客満足度を実現か? …

    車好きなら誰もが一目置くような存在のBMWジャパン(ビー・エム・ダブ…

  4. 記事

    ブランドが磨き上げた性能で地上を走り回るVWゴルフオールトラック

    2015年に登場したステーションワゴンをベースに製造されたVWゴルフ…

  5. 記事

    車のコーティングとワックスの違いを比較!おすすめのコーティング剤も!

    普段車に乗っている人は、洗車や消耗品の交換など、車を維持するう上で欠…

新着記事の一覧

  1. 滋賀県警察年頭視閲式に注目だ!滋賀県で行われる主な交通系イベ…
  2. 2020年は中止が続出!三重県で行われる交通系イベントを徹底…
  3. 【年末の交通安全県民運動】愛知で行われる交通系イベントをご紹…
  4. 静岡県で開催されるおすすめ交通系イベントをご紹介~2021年…
  5. 【岐阜県】実施予定の交通イベントの情報を集めてみました!
  1. 記事

    【謎の音の正体が判明】トヨタ車でエンジンを切った後に聞こえる「ピー」という音につ…
  2. 記事

    【注目】北区で車の月極駐車場の安いまたはセキュリティが高い物件
  3. 記事

    山梨県から引っ越しでレンタカーを利用する際の注意点を解説!
  4. 記事

    車用品を通販で買うなら?ポンパレモールがおすすめな理由
  5. 記事

    横浜ゴムのジオランダー、栄えある賞を受賞!
PAGE TOP