【知ってた?】スポーツ用自動車むけタイヤを発売したコンチネンタルについて解説 

   
 

「コンチネンタルタイヤについて詳しく知りたい。」

「コンチネンタルの概要について教えて。」

「海外のタイヤメーカーが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、コンチネンタルタイヤについて解説します。

1. コンチネンタルについて

1−1 コンチネンタルタイヤについて

3月からコンチネンタルタイヤジャパンはエクストリームコンタクト DWS06 プラスを販売します。

これはエクストリームコンタクト DWS06の後継タイヤとして開発されました。

エクストリームコンタクト DWS06プラスは滑りやすい路面で強力なグリップを発揮し静粛性を実現しました。どんな天候でも安全な走行を提供できます。

そして、コストパフォーマンスの高い価格で優れたロングライドを実現しています。特定の路面コンディション下で求められる必須性能が低下していることやレッド面に設置した2つのクイックビューインジケーターにより、ホイールアライメント調整が必要。

サイズは16インチから22インチの全90サイズ、でセダンやSUVなどあらゆるタイプの車種に適応できます。

1−2 コンチネンタルの概要

2018年から本格稼働したコンチネンタルタイヤ・ジャパンは、本社をドイツのハノーバーに置き、戦略的にビジネスを拡大するために日本法人を設置しました。

そもそもは、㈱ヤナセが補修用タイヤの輸入元となって日本でのビジネスを1974年に開始されたのが始まりです。

2002年に横浜ゴムと提携し、ヨコハマコンチネンタルタイヤとしてビジネスを展開しました。

日本支店を置くことで、以下のようなポイントに注力する予定です。

  • 販売チャネルの更なる拡大
  • 顧客満足度の向上
  • 関東に物流拠点
  • 国内在庫とデリバリーの改善
  • 業務運営の効率化
  • 営業力の強化顧客対応の迅速化

<<  コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社概要 >>

会社名  : コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社

株 主  : Continental Global Holding Netherlands B.V.

会社設立月: 2014年6月

主な事業内容:乗用車、トラック、二輪車両、並びに産業用タイヤの輸入、販売、マーケティング、アフターサービス

所在地  : 東京都品川区東品川二丁目3番12号

2. 海外のタイヤメーカー

2−1 ミシュラン

フランスのミシュランタイヤは「ラジアルタイヤ」こと「ラジアルプライタイヤ」を世界で初めて製品化しました。

ラジアルタイヤの特徴は以下の通りです。

  • ステアリングの高さと優れた耐摩耗性を確保
  • 走行性が向上しながらも耐久性が高い
  • 自動車の標準構造に採用

タイヤ販売のシェア率を大きく伸ばすことに成功しました。

  • 業種自動車産業設立1889年(132年前)
  • 本社クレルモン=フェラン、フランス
  • 主要人物ミシェル・ロリエ(マネージング・ジェネラル・パートナー:取締役 (Gérant)兼無限責任社員(Associé commandité))ディディエ・ミラトンおよびジャン=ドミニク・スナール(マネージング・パートナー:無限責任社員でない取締役 (Gérant non commandité))
  • 製品タイヤ、旅行支援サービス
  • 売上高€21.47 billion (2012)
  • 営業利益€2.469 billion (2012)
  • 利益€1.571 billion (2012)
  • 総資産€21.58 billion (end 2012
  • 純資産€8.501 billion (end 2012)
  • 従業員数111,200 (end 2013)
  • ウェブサイトmichelin.com

2−2 ピレリ

イタリアミラノに本社を置くピレリはタイヤメーカーとしては世界第5位を誇っています。当初は通信ケーブルなどを製造していましたが、1901年にタイヤが初米されて以来タイヤ中心のビジネスに舵を切りました。

F1などのモータースポーツへ積極参加しており、技術と品質の向上にも意欲的なメーカーとして有名です。F1へは一時期撤退していましたがタイヤサプライヤーとして再度参戦しています。

略称ピレリ
本社所在地 イタリア ミラノ
設立1872年
事業内容タイヤ、フィルター等の製造販売
代表者CEO : フランチェスコ・ゴリ
売上高連結:4,819百万ユーロ(2008年)
約6,023億円(1€=125円)
総資産連結:6,933百万ユーロ(2008年)
約8,666億円(1€=125円)
所有者中国化工集団(45.5%)
主要子会社ピレリタイヤ
外部リンクwww.pirelli.com

3. CarZoot社製ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』

特徴は以下の通り紹介します、競合他社と比較してください、驚きの特徴を確認いただけます。

プロが使うプロ仕様のポリマーコーテイング剤です。実店舗での使用実績は信頼の証、この1本で3年間ノーワックスという驚きの持続性を実現しています。

作業方法も大変簡単で、洗車した車に塗り込むだけ、それだけなんです。

初心者の方でも無理なく施行できます、他社製品のようにムラになりにくいことを実感してください。

このポリマーコーティング剤は展示車両にもモーターショーにも使用されているほど、強い光沢でプロが満足する仕上がりになります。

まずは仕上がりで実感してください、撥水効果、艶や光沢、持続性をすぐに理解できるようになります。

一度の塗布で最大6ヶ月の持続力、定期的に塗り重ねることで深みのある艶を実現できます。

このポリマーコーティング剤に付属するものは以下の通り。

・G polymaer

・塗り込みタオル

・吹きあげタオル

・施工マニュアル

※分かりやすい写真付きの施工マニュアルが付属しています。

・Amazonでは980円で販売中です。

4. まとめ「スポーツ用自動車むけタイヤを発売したコンチネンタルの解説」

今回は、コンチネンタルタイヤについてご紹介しました。

・コンチネンタルタイヤについて

・海外のタイヤメーカーについて

・CarZoot社製ポリマー系コーティングキット『G’Polymer Neo』

今後、コンチネンタルタイヤについて知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

【注目】三菱自動車が多額赤字に転落その原因はコロナか原因を解説 前のページ

【注目】英国自動車ブランドランドローバーの世界販売について徹底解説次のページ

関連記事

  1. 記事

    【知ってた?】車用半導体の見直しに言及ホンダの今後のあり方について

    「ホンダ半導体の見直しについて詳しく知りたい。」「半導体と自…

  2. 記事

    どんな動きのこと?ローリング・ピッチング・ヨーイングについて詳しく解説!

    「ローリング・ピッチング・ヨーイングについて詳しく知りたい」…

  3. 記事

    また上がった!ガソリン価格が12週連続で高騰!近年最も安いガソリン価格にも注目!

    一時期ガソリン需要が減りガソリン価格が下がっていました。車をよく利用…

  4. 記事

    カリフォルニア州には「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」など魅力的な観光スポットあり!

    カリフォルニア州には「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」など魅力的…

  5. 記事

    車のサーモスタットの構造と役割、そしてトラブルの原因は何?

    サーモスタットは車のエンジンの温度を適温に保ち、オーバーヒートを防い…

  6. 記事

    車のキーケースにも!自作でオシャレなキーケースを作ろう!

    2020年はおうち時間も増え、自宅で楽しめるハンドメイドにチャレンジ…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    【多様化が求められる】三菱ふそうは車だけじゃない!今車以外に行っている取り組みに…
  2. 記事

    東海理化社長が語る新たな挑戦
  3. 記事

    山形県の道の駅は魅力的!2021年のおすすめはどこ?
  4. 記事

    鳥取県で良い輸入車を安く買うことができるお店!
  5. 記事

    タイヤがスリップ!?原因と対策を徹底解明
PAGE TOP