【珍なEV車】テスラが発表したサイバートラックがヤバいと話題

   
 

2019年、アメリカの自動車会社であるテスラが販売したテスラが「ヤバすぎる」と話題になったのはご存知でしょうか。まだ見たことがない人は、車好きなら見ないと損というくらいに凄い車です。今回は、テスラのサイバートラックがヤバすぎる件について紹介します。

斬新なEVのサイバートラックを徹底紹介

テスラは2019年11月21日、EVピックアップ車サイバートラックのアンヴェールイベントをロサンゼルスで開催されました。公開されたサイバートラックは、おもちゃのような見た目でこれまでの車とは違うEV車です。YouTubeでも配信され、その見た目から日本でも話題になりました。生産開始は2021年後半~2022年後半を予定しているとのことです。

1982年のSF映画ブレードランナーをイメージしたEV車

サイバートラックは、1982年に公開されたSF映画「ブレードランナー」の世界観をイメージしたと言われています。新型車発表のイベントなのですが、まるでSF映画の初上演みたいでした。数々の自動車メーカーは未来に向けた新開発を行っており、これまでにも未来的な自動車をイベントで展示したりしています。SF映画をイメージしたサイバートラックはこれまでにない未来的な車で、全く新しいピックアップトラックです。

テスラ史上最強のスペック!?

気になるのはスペックですが、サイバートラックはテスラ史上最強のスペックと言われています。公開されているスペックを見てみると、グレードはSingle Motor RWDDual Motor AWDTri Motor AWDの3種類があり、最廉価版であるSingle Motor RWDの加速が6.5 秒以下・一充電航続距離は400km以上で、ポルシェ911よりも加速力が高いことに驚きです。サイズは全長約5.9m全幅約2.0m全高約75.0mで、日本の街で走るにはかなりデカいですが、日本で走っていたら「なんだあの車!?」と注目されること間違いなしでしょう。

素材にもこだわっている

サイバートラックのボディはスペースXのロケットにも使われている無塗装のステンレス合金製窓ガラスは防弾ガラスが採用されています。ステンレスは、錆びなくて傷つかない丈夫な素材です。アンヴェールイベントでは、鉄のハンマーでボディを叩いてみたり、窓ガラスに金属製の玉を投げてみたり等サイバートラックの頑丈さを披露していました。ただ、窓ガラスは金属製の玉に耐えられなかったようで割れてしまいましたが、「貫通はしなかった」「まだ改善の余地があるね」と余裕のイーロン・マスクでした。

Twitterでも話題になった

そんなサイバートラックが公開された当時、Twitterでも話題になっていました。「まじで最高にイカれてて好き」「サイバートラックのキャンプイメージの画像があるけど全然映えない(笑)」「欲しい!」「新車にここまでときめくのは初めて」など、やはり斬新な見た目に驚きのツイートがたくさんありました。中には、既に購入した日本人もいるようです。

車の樹脂の白汚れをラクラクに消すおすすめ用品を紹介!

車内の樹脂パーツが土や泥などで汚れていたり、白い汚れが付いてしまっている車は多いと思います。樹脂パーツは傷つきやすいので綺麗にするのは難しいですが、CarZootの樹脂パーツコーティングを使えば傷めず簡単に汚れを消せます。10年乗っている車の樹脂パーツも黒に戻すことができるくらいに強力で、綺麗さを長期間キープできるのがポイントです。専用スポンジなどもセットなので、手元に届いたらすぐに使えます。

まとめ

珍車とも呼ばれているサイバートラックは2019年に初公開し、生産は2021年後半~2022年後半に予定しているとのことです。デザインは好き嫌いが分かれそうですが、スペックはスーパーカー並に優れています。また、頑丈で壊れにくいのも特徴です。「欲しい」と言えば「センスない」と言われそうですが、このような斬新なデザインも面白くて全然アリだと思っています。

屋根がない意味は?ダイハツのハイゼットジャンボスポルツァVerを紹介!車検は通るのか前のページ

CES 2021でブリジストンがバーチャル都市を展示!テクノロジーやイノベーションを描くモビリティ社会を紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    コロナ渦でも新車登録台数は増えてるの?それとも減少している?現状を徹底分析!

    2020年はコロナ禍の影響で、ビジネス業界が大きく様変わりしてきまし…

  2. 記事

    「トヨタシェア」にダイハツ参入!4社が順次サービスを開始「ダイハツステーション」とは

    ダイハツはトヨタ自動車がレンタリース店や販売店で全国的に展開するカー…

  3. 記事

    明治時代にタイムスリップした気分になれる遺跡を紹介!in広島県

    広島県にあるお城や遺跡について知りたいと思っている人必見です…

  4. 記事

    今でも走ってる!?ガイドウェイバスってどんなバスなのかを徹底調査!

    今回は、かなりマイナーなバスをご紹介しようと思います。そのバスとはガ…

  5. 記事

    3Dスリットやエッジスリットを採用したハンコックのスタッドレスタイヤについてご紹介

    気温が低くなる冬は雪などによって道路が凍結することも多く車を運転して…

  6. 記事

    宮城県で除夜の鐘や初詣にオススメの神社2選!車で行けてコロナ対策もばっちり!

    宮城県にある除夜の鐘を聞いたり初詣をしたりするのに特におすすめの神社…

新着記事の一覧

  1. モータースポーツファン必見!GAZOOレーシングがターマック…
  2. 近未来!音声で自動運転タクシーを呼び出せる!?マクニカなど3…
  3. いすゞが国内中型トラックに対し初の交差点警報を搭載させたと話…
  4. 日産が新型スポーツカーを計画との情報あり!日産Zの次は超高級…
  5. 今後はどうなる?アメリカの日産が「i-Power」の商標登録…
  1. 記事

    交通事故1位の佐賀県で起きた平成での交通事故とは?
  2. 未分類

    おすすめのヘッドライトクリーナーならこれ!CarZootプロ仕様「HeadLig…
  3. 記事

    【徹底解説】引っ越しにおすすめ佐賀県のレンターカーショップを2選紹介!
  4. 記事

    桜井製作所とはどんな会社?自動車エンジン部品を製造するメーカー 
  5. 記事

    東名高速はE1?高速道路をナンバリングする意味は?
PAGE TOP