【洗車】洗う順番にきをつけて!効率の良い洗車方法と洗い方のコツを教えちゃいます

   
 

コロナ禍の影響で、ドライブも控えてる、という声をよく耳にします。でも、乗らないからといって放置するのは考え物。クルマは手をかけないと、どんどん薄汚れてしまいお手入れに時間がかかってしまいます。

真夏の暑さも薄れ、連休も控えている今、愛車をきれいにしませんか?効率の良い洗車方法と、きれいに洗うコツをご紹介していきます。

用意するもの

カーシャンプー(中性がおススメ。キッチン用洗剤は不可)

スポンジ ボディ用 タイヤ・ホイール用 2個以上

ふき取りタオル 大判の吸水タオル・拭きあげ用のマイクロファイバークロスなど5枚程度

※スポンジもタオルももし、下に落としてしまったら、それは使用しないようにしましょう。目には見えなくても砂などが付着していて、ボディに傷をつけてしまいます。

優しく優しくがコツ

とにかく、強くこすらないことが基本です!優しく、優しく愛車をきれいにしてあげましょう!

①カーシャンプーを泡立てる

バケツにカー用中性洗剤を入れ、強い水流で泡立てるように洗浄液を作ります。キッチン用の洗剤は塗装にはよくありません。必ずカー用シャンプーを使うようにしてください。

たくさんの泡が立たない時には、バケツの中の洗浄液の中でスポンジをもむようにしてみてください。きめの細かい泡が作れます。この洗浄液は、パーツごとに作り直すことをお勧めします。

クルマは思いの外汚れているもの。大切な愛車に傷がつかないよう細やかな工程が必要です。

②足回り

まずは、普段は見えないボディの下側や、タイヤ、ホイール、ホイールハウスを水で流した後、洗剤で洗い、水で流します。

一番汚れが強い足回りは、ついおろそかにしがちです。しかし、ここの汚れを先に流しておかないとボディを洗っているときに、汚れが跳ね返ってしまうことがあります。忘れないようにしてくださいね。

③ボディ

いきなりスポンジを使うのはやめましょう。車のボディにはたくさんの土や砂などの汚れが付着しています。

汚れたまま洗い始めると、その付着物でボディに細かい傷がついてしまいます。

まずは、ルーフから下に向かい、水で汚れを流していきます。たっぷりの水で、砂や土を落とす気持ちで洗い流しましょう

パネル縁の溝やドアバイザーの隙間、フロントグリルなどは汚れが溜まりやすいので、しっかりと流すのを忘れないでくださいね。

続いて、カーシャンプーで洗っていきます。足回りで使った洗浄液は、捨て、新しい洗浄液を作りましょう。洗う順番は、上から下にと覚えておいてください。

スポンジでゴシゴシと洗うのではなく、先ほど作ったきめの細かい泡で、包み込むようなイメージがよいかもしれません。洗いムラが出ないよう、スポンジの幅づつずらしていくように洗うのがコツです。

※足回りで使ったスポンジはボディには使用してはいけません!!ボディ用のスポンジを使ってください!

ルーフ→フロントガラス→ボンネット→リアガラス→トランクと順番に洗いましょう。

洗浄液を作り直します。(気にならない人は、そのままでもOK!)

サイドガラス→サイドパネル(左右)と洗います。

④水でしっかりと流す

洗剤でしっかりと汚れを包み込んだ後は、それをきれいに流し落としましょう。洗剤の成分が残っていると、シミなど塗装にできてしまうことがあります。シャンプーが残らないよう、きれいに洗い流します。

⑤水分を取る

大判の吸水スポンジを広げたまま、ボディを滑らせるようにして大方の水分を取っていきます。何度かよく絞ることを忘れないでくださいね。

次にマイクロファイバーで優しく拭きあげましょう。

この時、つい力を入れて磨いてしまいがち。強い力で摩擦すると塗装にはよくありません。やさしく拭いてあげてください。

ただし、夏の強い日差しの下ではあっという間に水が乾いてしまいます。水が乾ききってしまうと、水道水の成分が残り、とイオンデジポットやウォータースポットができてしまうので、工夫が必要です。

各パーツごとに吸水した後、マイクロファイバーで拭くようにすればよいかもしれません。

洗車は面倒だし、時間がかかるもの。でも、大切な愛車をきれいにしてあげれば、気持ちよくドライブできますね。

イオンデジポットやウォータースポットがついてしまったら…

【carzoot社】ウォータースポット イオンデポジット除去 車 水垢 ウォータースポット除去がおススメです。専用シャンプーもついているので、弱めのウォータースポットならこれだけでも取れるはず!

それでも取り切れないものは、専用クリーナーがセットになっているのでご安心を。2剤式で今まで落とせなかった頑固な汚れを綺麗に落としてくれます

市販製品とは違いノーコンパウンドなので愛車を傷つけることもコーティングが剝がれる心配もありません

一度すっきりと汚れを落とせば、以降の洗車も楽になりますよ。

【フォレスターの魅力】スバリストたちが絶賛するフォレスターの魅力大解剖!前のページ

オート三輪の歴史 今も公道は走れるの? オート三輪を徹底追及!次のページ

関連記事

  1. 記事

    【2021最新版】ドラキュラ伝説があるルーマニアでレンタカー観光のすゝめ

    ルーマニアという国は聞いたことがありますでしょうか?ひと昔ま…

  2. 記事

    JVCケンウッドが“Modulo Nakajima Racing“に協賛? 詳細をご紹介!

    ツーリングカー(市販車改造車)による国内最高峰のレース“SUPER …

  3. 記事

    VW「マルチバン」次期型 ティザーイメージ公開!デビューは2021年後半か?

    2021年4月28日にドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は…

  4. 記事

    日産のレバート Jフェリーはおすすめ?スペックと中古車価格を徹底調査!

    すでに販売が終了している車もあるが、その中でも注目されている車種の一…

  5. 記事

    JAGUAR LANDROVERのカーナビを紹介!性能や特徴も解説

    イギリスの車会社であるJAGUAR LANDROVER(ジャガー ラ…

  6. 記事

    安全性を高めたスズキ・アルトラパンの魅力

    大工から織機メーカーとして創業され創業者の名前が由来となったスズキ。…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    【車でドライブ】石川の古城や遺跡を探索!
  2. 記事

    フォルクスワーゲン・EVの「ID.」シリーズに「GTX」が登場!
  3. 記事

    【家族で行こう】お台場キャンピングカーフェアが相模で開催について
  4. 記事

    乗り捨てできる!島根でおすすめのレンターカーショップを5選紹介!
  5. 記事

    車の事故率と車の色との関連性を見てみよう!
PAGE TOP