【決定版】トヨタの超小型電気自動車の詳細とEVのトレンドを徹底解説

   
 

「トヨタの超小型電気自動車について詳しく知りたい。」

「超小型モビリティについて教えて。」

「シーポッドが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、トヨタの超小型電気自動車について解説します。

1. トヨタの超小型電気自動車について

1−1 トヨタ自動車の2人乗り小型EVの納車式

愛知県豊田市の豊田地域医療センターに導入するシーポッドの納車式がありました。

シーポッドとは2人乗りの超小型EVのことで報道陣向けに走行の様子が公開されました。

3月末までに5台を納入し、訪問診療に使われます。軽自動車よりひとまわり小さくて静音性に優れています。

1−2 シーポッドの概要

超小型モビリティのシーポッドは全長2.5m未満、全幅が1.3m未満、全高が2mと従来の軽自動車よりも小さいのが特徴の電気自動車です。

1550mmの全高でタワーパーキングを利用するとわかるのですが、プリウスの半分のスペースで駐車可能です。

パッケージングでは余裕のあるドア開口部で段差の少ない乗り降りができる設計で取り回しは4mを切る半径を実現しました。

また、パワートレーンに関しては、リアにモーターを配置した後輪駆動を採用し、理知ウムイオンバッテリーを搭載フロアの下部に設置されます。

安全性能としては、以下のような機能を標準装備します。

  • 単眼カメラ+ミリ波レーダーによる自動ブレーキを設定した「プリクラッシュセーフティ」システム
  • 「インテリジェントクリアランスソナー」
  • スタビリティコントロール(VSC)
  • ABS
  • SRSエアバッグ

EVのAC100/200V兼用の充電ケーブルやメーカーオプションでAC100V、1500Wのアクセサリーコンセントを用意。

充電時間は普通充電のみで、以下のタイプで満タンにできます。

  • 200V(16A)約5時間
  • 100V(6A)で約16時間

価格帯はG(171万6000円)とX(165万円)の2種類準備しています。

大きな特徴として、「CEV補助金」を受けられ、以下のタイプで給付が受けられます。

  • 一般向けには22万円
  • シェアカーのサービス利用では32万円

その他シーポッドの概要

ホイールベース:1780mm
サスペンション:前:ストラット、後:トーションビーム・アクスル
ブレーキ:前:ディスク、後:ドラム
最小回転半径:3.9m
駆動方式:後輪駆動
モーター最高出力(定格出力):9.2kW(2.0kW)
最大トルク:56Nm
総電力量:9.06kWh(容量:51Ah)
乗車定員:2名
車重:690kg(670kg)
一充電走行距離:150km(WLTC)

2. 超小型モビリティについて

2−1 超小型モビリティとは

自動車でありながら、軽自動車よりひとまわり小さく、環境性能に優れ、最大2人までのれる車のこと、日本各地で実証実験が行われています。

2−2 区分別超小型モビリティについて

3. CarZoot社製 ブレーキホイールダスト クリーナー

今回は、CarZoot社製 ブレーキホイールダスト クリーナーのご紹介です。

特徴は以下の通り紹介します、他社製品と比べてみてください。

このホイールクリーナーはプロ仕様、実店舗でも使用されている信頼の証といえます。除去力の違いを実感してください、今まで除去に大変だったブレークダストなどホイールに吹き付けるだけ、あっという間に除去されることがわかります。

またノーコンパウンドなのでホイールが傷つきません

施工も簡単、汚れたホイールに吹き付けるだけです、吹きつけタイプなので手に薬剤がつくことがないので手にも安心。

化学の力で落とすため、コンパウンドを不使用、ホイールを守ります。

詰め替え用も販売中です、長期にわたって愛用していただけます。

日本国内で研究開発をおこない、もちろん製造過程も日本なので安心してお使いいただけます。

現在、アマゾンでは1,980円で販売中です

4. まとめ「トヨタの超小型電気自動車の詳細とEVのトレンドを徹底解説」

今回は、トヨタの超小型電気自動車についてご紹介しました。

・トヨタの超小型電気自動車について

・超小型モビリティについて

・CarZoot社製 ブレーキホイールダスト クリーナー

今後、トヨタの超小型電気自動車をご検討される場合、是非このサイトを参考になさってください。

日本車の生産を再開マレーシアの自動車トレンドについて解説前のページ

自動車の脱酸素に向けてトヨタが参入!名大や産官学も協力次のページ

関連記事

  1. 記事

    スバルがレガシイアウトバックの改良を発表!現モデルの最終型と言われるそのスペックは?

    スバルのレガシイアウトバックといえば、ステーションワゴン派生型の根強…

  2. 記事

    タービンブローってどんな症状?原因や対策を徹底解説!

    最近では、ターボを搭載している車も多くなってきました。そのよ…

  3. 記事

    イラン・イスラム共和国ではスピードを出す車が多い!安全確保でドライブを!

    イラン・イスラム共和国ではスピードを出す車が多いので、ドライブする際…

  4. 記事

    エンジンのオーバーホールって何?どんな時にするの? 

    オーバーホールとは、通常行われる点検作業では出来ない清掃作業や劣化し…

  5. 記事

    千葉県でおすすめのイルミネーションスポットを紹介!車で行くならここ!

    冬はイベントが盛り沢山ですが、もう何をするかきまっていますか?もし決…

  6. 記事

    DS9が欧州で受注開始!全長4930mmで快適な車内について解説

    フランスの高級車ブランドDSオートモービルズが2020年11月25日…

新着記事の一覧

  1. ソニーのドラレコ用SDカード おススメをまとめて紹介 
  2. 無限ホンダがレジェンド、N-ONE向けカスターマーパーツを追…
  3. ポルシェタイカンから派生したEVクロスオーバーがプロトタイプ…
  4. 和歌山市オススメ!駐車場完備のパーソナルジムを紹介2021
  5. 【痩せたい人必見】奈良市・橿原市の駐車場があるプライベートジ…
  1. 記事

    JRグループの研究が行われいた国分寺市の月極駐車場
  2. 記事

    【2021年版】車のトレンドカラーは何色?海外の流行も参考にして選ぼう
  3. 記事

    第88回ル・マン24時間レース、8号車にてトヨタが3連覇!8号車の逆転劇のカギは…
  4. 記事

    遅れを取っていた日本勢もついに本腰!日産が2050年カーボンニュートラルの目標を…
  5. 記事

    【知らなきゃ損!】ロードストーンタイヤで愛車を快適に乗りこなそう
PAGE TOP