【東海道五十七次】十二番目の宿場町「静岡県沼津市」港町として発展、アジの開きは日本一!

   
 

東海道五十七次、十二番目の宿場町は沼津市です。この記事では沼津市についてと、沼津市内で楽しめる観光スポットについて紹介しています。どのスポットもドライブがてら立ち寄るには最適ですから、ぜひ参考になさってください。

「静岡県沼津市」について

・沼津市

地 方:中部地方、東海地方
都道府県:静岡県
面 積186.96km2
総人口:187,876人(推計人口、2021年2月1日)
人口密度:1,005人/km2
隣接自治体:三島市、富士市、伊豆市、伊豆の国市、駿東郡清水町・長泉町、田方郡函南町
市の木:マツ
市の花:ハマユウ
市の鳥:カモメ
沼津市役所:〒410-8601 静岡県沼津市御幸町16番1号

沼津市は静岡県の東部にある市です。伊豆半島の付け根西側に位置しています。施行時特例市の1つです。静岡県東部地域の中心都市であり、周辺自治体とともに沼津都市圏を形成しています。

古来より東海道の陸路と海路を繋ぐ交通拠点であり、江戸時代には沼津城が築かれ東海道の宿場町として栄えるなど、人・物・情報の交流拠点として、この地域の政治経済や商業、文化の中心的役割を担ってきました。

水産業が盛んで「アジの開き」の干物や「雑節」の生産は、市ごとの統計が廃止される2005年まで日本一の規模を誇りました。

「静岡県沼津市」の名所・旧跡・観光スポット

沼津市にも名所や旧跡、観光スポットは存在します。ここでは港町らしいスポットを中心にご紹介しましょう。「沼津港大型展望水門びゅうお」、「沼津港深海水族館」、「あわしまマリンパーク」の3ヶ所です。順を追って見ていきます。

沼津港大型展望水門 びゅうお

用 途:水門・展望施設
竣 工:2004年
開館開所:2004年9月26日

所在地:〒410-0867 静岡県沼津市本字千本1905番地の27
電 話:055-964-1300(沼津観光協会)
営業時間:10:00~20:00(但し木曜日は14:00まで)
定休日/休業日:なし(施設メンテナンスで臨時休館あり)※警報等の発令状況により、臨時休館および営業時間短縮となることがあります。
料 金:大人100円 小学生50円
駐車場:あり(約40台。大型バスは要予約)

「沼津港大型展望水門 びゅうお」は東海地震の津波を防ぐ目的で沼津港に造られた水門です。津波避難施設としての役割も持ち、平常時は展望施設として使用されています。

沼津港の内港から外港に出るところに設けられ、水門扉は重量406t、幅40m、高さ9.3m。地震計で250ガル以上、震度5強以上の地震を検知すると自動的に閉まり、約5分で完全閉鎖します。

両岸に13人乗りのエレベーターが1基ずつ設置されており展望回廊まで人を運びます。北側には富士山を望め、夜は美しくライトアップされます。

沼津港深海水族館

正式名称:沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム
専門分野:水族館
事業主体:佐政水産
管理運営:佐政水産
面 積:約1,000平方m(展示スペース)約150坪(敷地面積)
頭 数:約3,000匹(オープン時)
種 数:約300種(オープン時)
開 館:2011年12月10日

所在地:〒410-0845 静岡県沼津市千本港町83
電 話:055-954-0606
FAX:055-954-0607
E-mail::shinkai@samasa.co.jp

営業時間:10:00~18:00
休館日:年中無休(保守点検のため臨時休業の場合あり)
入場料金:大人(高校生以上)1,600円 こども(小・中学生)800円 幼児(4才以上)400円 ※65歳以上の方は100円引き
駐車場:近隣の有料駐車場(約500台)をご利用ください。

沼津港深海水族館は沼津市の沼津港近隣にある複合観光施設「港八十三番地」内に所在する民営の水族館です。深海魚を主とする深海生物をテーマにした世界初の水族館で、世界で唯一シーラカンスの冷凍標本を展示しているシーラカンス・ミュージアムとしても知られています。

2020年7月18日からは、捕獲数が極めて少ないため、幻のサメといわれる「メガマウス」の剝製展示を開始しました。

あわしまマリンパーク

正式名称:あわしまマリンパーク
愛 称:あわしま
前 身:淡島海洋交園
専門分野:水族館
事業主体:民間
管理運営:株式会社淡島アイランドリゾート → 株式会社淡島マリンパーク
開 館:1963年

所在地:〒410-0022 静岡県沼津市内浦重寺186
開園時間:9:30~17:00(入園は15:30まで)
休園情報:年中無休
入園料金:大人(中学生以上)1,800円 小人(4歳~小学生まで)900円 ※連絡船料金込み
駐車料金:1日500円

あわしまマリンパークは静岡県沼津市にある水族館です。内浦地区の駿河湾に浮かぶ淡島の島内にあります。 1963年7月淡島海洋交園として開業し、1984年4月にあわしまマリンパークに改称しました。

現在は「来て!見て!触って!!淡島体験」をキャッチコピーに、水族館・プール・売店・レストランなどで構成されています。以前は海上ロープウェイで結ばれていましたが、現在では廃止され連絡船により結ばれています。

CarZoot ガラスコーティング

車にガラスコーティングを施してピカピカに磨き上げれば心が弾みます。ドライブもきっと楽しいものになるでしょう。でもショップに出すと何万円もかかってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが『CarZoot ガラスコーティング』です。D.I.Yで自分で施工すればショップの1/20以下の予算で収まります。『CarZoot ガラスコーティング』をぜひお試しください。

【東海道五十七次】十三番目の宿場町「静岡県沼津市原」かつては原町として存在、現在は沼津市に前のページ

フォーミュラE 世界選手権初年度となるシーズン7が開幕 展望など次のページ

関連記事

  1. 記事

    【販売中止】韓国の国民車、「ソナタ」の製造が中止。その理由とは?

    韓国に車のイメージはありますか?車といえばドイツやイタリア、…

  2. 記事

    任天堂SWITCHでもおうち環境で楽しめるオススメ車ゲームがあるの?

    自宅にいる時間が多くなっている昨今。どうしてもやりたくなるが…

  3. 記事

    車中泊にはどうしてスペーシアがおすすめなのか?徹底解説!

    車中泊に向いている車とはどんな物があるでしょうか?1BOXカー?SU…

  4. デザイナーB

    クライスラーが今行っている取り組みについて詳しく紹介!車以外の取り組みもあるのか?

    世界のトップブランドである、自動車ブランド「クライスラー」。あなたは…

  5. 記事

    ハマーは、アメリカの大型SUVのブランド!歴史と代表車種の特徴を解説!

    ハマーの車は現在新車で手に入れるのが難しいですが、デザイン性が高く、…

  6. 記事

    オフロードカーとして愛され約30年!ランドローバー・ディスカバリーのスペックや魅力を紹介

    現在、日本は小型SUV車が注目を集めていますが、世界中のさまざまなオ…

新着記事の一覧

  1. F1エミリア・ロマーニャGPでイモラ・サーキット内の光ファイ…
  2. レッドブル・ホンダF1 フェルスタッペンがフリー走行で停止。…
  3. タダノがアプリでクレーン作業時のトラブルを解決!
  4. 京都府とマツダ販社が車両提供を災害時に行うことで協定!
  5. スズキ「スペーシア」国内販売100万台達成!
  1. 記事

    ホンダ ステップバンアイデアある設計が魅力!中古車をお得に手に入れよう
  2. 記事

    島根県で利用できるコロナ対策バッチリの引越し業者を紹介します!
  3. 記事

    【車の王者】2021年のフェラーリマシンSF21について徹底解説
  4. 記事

    【Panasonicが車載用電池事業に進出】 ノルウエーの再生可能エネルギー会社…
  5. 記事

    オーストリアの消防車ってどんな消防車?呼ぶのは有料?日本と比較して消防の仕組みを…
PAGE TOP