【必見!】カーポート建設の際に建築基準法を違反しないための方法をご紹介

   
 

カーポートは車庫の屋根の部分だけの建築物になります。

雨や風をしのぐことが出来るうえに、車庫を作るよりも低コストで完成するため人気です。そんなカーポートには建築基準があるため、それを知っておかないと法律違反になる可能性があります。

そこで今回の記事ではカーポートの建築基準についてお伝えしていきます。

1、カーポートは2台設置すると建築基準法違反になるのか?

ずばり建築基準法違反になります!

カーポートは車庫の一形態と定められているため法律としては建築物と認められるからです。

建築基準法によると、床面積が10平方メートルよりも高い建造物を建てる時には、きちんと申請する義務があります。そして基準を全てクリアしていれば建てても良いですよと許可出てから建築するのが正しい手順です。

例えばセダンタイプの車の場合全長が4メートル、全幅が2メートル以内になります。もしその大きさの車を2台建てるとまず先程紹介した基準を超えてしまうため違反になります。

軽自動車であれば2台建てても違反にならない?

これはグレーゾーンになります。軽自動車の種類にもよりますが一般的な大きさ2台分で約9平方メートルと考えると10平方メートルにギリギリ収まるか収まらないかでしょう。そのため2台分のカーポートを設置しようと思った時には、建築確認の申請を必ずしましょう。その手順を省いて作ってしまいあとから違反で取り壊しになることがあるので忘れないように気を付けてください。

2、建築基準の確認の申請はどこですればいいの?

市役所の建築主事か、民間の指定確認検査機関に依頼

そしてこの申請は必ず建築を行う本人が行う必要があるのでご注意ください。

また申請の際には書類だけでなくカーポートの図面も提出する必要があります。その図面も中々一般の人では作るのが難しいため、ほとんどの人は建築士に依頼することが多いです。

カーポートの建築を業者に任せるメリットとは?

・カーポートを設置段階から業者に相談することで、必要な面積を全て計算して段取りしてくれるので効率的

・建築確認申請の相談に乗ってくれ、さらに完成後の保証がついているため何かあった時に安心。

業者に任せるデメリットは?

・全ての手順を行ってくれるため、料金が高くなる

3、防火地域に含まれる場合は建築基準が変わってくる

都市計画法の中に防火地域という区切りがある

これは、大火災の発生リスクの高い地域を表すものです。

この防火地域に含まれる場所でカーポートを建てようと思うと、10平方メートルよりもさらに狭い面積しか使えない可能性が非常に高いです。

・あなたの地域が防火地域か確認しましょう

建物の基準が他の地域よりも厳しいため、事前に調べておくことをオススメします。

そしてもし防火地域であった場合は10平方メートルを面積が下回っていたとしても建築確認申請が通らない可能性があるのでご注意ください。

愛車の輝きを保ち続けてくれるアイテム!【新感覚!育てるコーティングキット】施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』

車のコーティングにおすすめなのが、施工のたびに輝きが増す驚きの艶と撥水性コート『育艶-IKUTSUYA』です。Amazonで購入でき、特徴としては以下の通りになります。

・業界初の洗車のたびに艶を重ねボディが美しく輝くコーティング剤

・とにかく艶と光沢感を出したり撥水効果が欲しい方にオススメ

・展示車両やモーターショーの車に使われている

・使い方は簡単で洗車のあとに塗り込むだけ。その簡単さも選ばれる理由

・品質にこだわる日本クオリティ。国内で研究開発を重ね製造工程も全て国内で行っております

Amazonで参考価格が2,980円となっています。

カーポートで雨や風を防いでくれますが、汚れを完全に防ぐことが出来ないため、きちんと愛車のお手入れをする必要があります。

カーポートとこちらのアイテムを使えば、いつまでも綺麗な愛車のまま使い続けることが出来ますよ。

ぜひお試しください。

avatar
カーポートを作るときは注意が必要だね!

車を守るために問題ないカーポートを作ろう!

愛犬とドライブを楽しもう!岐阜県で一緒に行けるドッグランを2選紹介!前のページ

【お得情報!】奈良県で窓ガラスのコーティングにおすすめの3店紹介次のページ

関連記事

  1. 記事

    【8倍超えのアルコールを検出!?】泥酔状態で車を運転し街路灯をなぎ倒す事故が福岡県太宰府市で発生!

    飲酒運転がなかなかなくなりません。心を痛めている方も多いのではありま…

  2. 記事

    F1用語について解説!「プライベーター」はレーシングチームの一種! 具体的な特徴を解説

    「プライベーター」は自動車メーカーではない企業がチームの運営を行って…

  3. 記事

    ミラーのベストポジションはどこ?

    車にはルームミラーとサイドミラーがあります。言うまでもなく後方を確認…

  4. 記事

    富山県でおすすめの車の全塗装が出来るお店を探そう!良質店のみをピックアップ!

    富山県には、様々な豊かな自然があります。そんな富山県を楽しくドライブ…

  5. 記事

    事故時の電話が楽になる!?東京海上日動が新しいAI技術を開発!!

     近年さまざまなところで”AI”技術が使用されているのをご存知ですか…

  6. 記事

    まさに南国リゾート!宮崎県で2021年!トレンドになりそうな道の駅はココだ!

    まさに南国リゾートという言葉がピッタリなのが、宮崎県の特徴です。暖か…

新着記事の一覧

  1. 車内をおしゃれにしたい女性向け!かわいいカー用品店のおすすめ…
  2. 効率的にワクチン接種!北海道にもワクチンバスが登場
  3. 【注目】トヨタの技術が生かされた足踏み式消毒スタンド「しょう…
  4. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  5. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  1. 記事

    【注目】自動車メーカーダイハツの2021年AI人材の教育について
  2. 記事

    マセラティの第2弾EVグレカーレについて最新情報を公開!
  3. 記事

    最新のF1マシンはテレメトリーシステムのデータでさらに高性能化している!
  4. デザイナーB

    沖縄県で車でテニスコートへ行こう!安くて楽しいテニスコートは?
  5. 記事

    愛媛県の警察や消防署の交通に関するイベントは?2021年の参加で気を付けること
PAGE TOP