【名車】2021年初のSUVクーペC40をボルボカーズが発表!

   
 

「ボルボSUVクーペC40について詳しく知りたい。」

「ボルボカーズについて教えて。」

「プレミアムEVが気になる。」

このサイトをご覧になっている方は、このように思っているのではないでしょうか。

今回は、ボルボSUVクーペC40について解説します。

1. ボルボSUVクーペC40

1−1 ボルボSUVクーペC40

新型EV「C40リチャージ」をヨーロッパで発表しました。

C40リチャージについての詳細は以下の通りです。

  • 「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォーム
  • より低く、より滑らかなSUVクーペデザイン
  • ボルボ初のピュアEV専用車
  • 最新のピクセルテクノロジーを備えたヘッドライト
  • リアは、ルーフラインの下部に合わせたリアエンドデザイン
  • グーグルと共同開発のインフォテインメントシステム
  • モデル専用のさまざまな色やデコレーションオプション選択が可能
  • 初の天然レザーを使用しない車
  • フロントアクスルとリアアクスルに、それぞれモーターを搭載
  • バッテリーは、蓄電容量が78kWh
  • 1回の充電での航続は、最大で約420km
  • 急速チャージャーでバッテリーの8割の容量を、約40分で充電
  • 無線ソフトウェア更新

ボルボはプレミアムEV市場においてリーダーとなりこの市場を牽引していくと宣言した。

そのために2030年までに完全な電気自動車メーカーとなることとしています。それまでにハイブリット車を含む車を段階的に廃止する予定にしているということ。

そして2021年秋からベルギー工場においてC40リチャージを生産開始し、XC40リチャージとともに生産される。ゼロエミッションの未来に向かってボルボは動き出している。

具体的な計画は以下の通り。

  • 2025年までには、世界新車販売台数のEVとハイブリッド車を半分ずつで構成
  • 2030年までには、販売するすべての車をEVにすることを目指している。

1−2 ボルボカーズについて

ボルボカーコポレーションは中国の浙江吉利控股集団の傘下の自動車メーカー。

元々はトラックや船舶などを生産するボルボグループの自動車部門でした。

【ボルボの歴史】

1924年スウェーデンにおいて自動車製造の計画が始まったのがボルボの発端です。1926年にボルボが誕生しボルボブランドが製造開始となりました。

社名のVOLVOはラテン語で「私は回る」という意味。

1927年最初のボルボ車「ヤコブ」が生産されました。

1999年ボルボの自動車部門がフォードに譲渡されました。

2010年フォードが浙江吉利控股集団にボルボの株を売却されたことで株主が浙江吉利控股集団へ移行しました。

その後完全自社開発で次世代エンジンやシャーシを開発していくこととなります。

安全のボルボといわれているのは常に安全への配慮を怠らずムーステストなどを実施、「世界一安全なファミリーカー」といわれています。2020年以降、時速180キロに制限をかけています。

略称Volvo Cars
本社所在地 スウェーデン
設立1927年
業種輸送用機器
事業内容乗用車の製造販売
代表者ホーカン・サミュエルソン (代表取締役)
主要株主 浙江吉利控股集団
主要子会社Volvo Cars IndiaPacificVolvo Cars of
CanadaVolvo Cars of North America LLC
外部リンクhttp://www.volvocars.com

1−3 SNSに見るボルボXC40•C40

SNSや動画で紹介されているボルボXC 40とC40をのぞいてみましょう!

2. プレミアムEV

プレミアムEVが続々と登場してきました。

  • ベンツ「EQC」
  • アウディ初のEVとなる「e-tron」
  • ジャガーのEV、「Iペース」

これらの動きの発端はテスラであります。

モデルSとモデルXは高額ながら世界中で大ブームとなりました。特にヨーロッパで起こったディーゼルゲートもあり一気にEVへと加速していきました。

テスラに対抗して続々と各社発表しましたが一体どのような仕様になっているのか簡単に紹介します。

【ベンツ「EQC」】

  • 全長4761mmのSUVボディー
  • 前後合計で最高出力408ps、最大トルク765Nmとなる2基の電気モーターを搭載
  • 動力性能は0-100km/h加速が5.1秒
  • 最高速が180km/h
  • リチウムイオンバッテリーは容量80kWh
  • 最大航続距離はNEDCサイクルで450km以上
  • WLTPモードでも400km

【アウディe-tron】

  • SUVでも全長4901mm
  • 空気抵抗低減のため低く抑えた全高
  • ASF(アウディ・スペース・フレーム)構造のアルミ製
  • 電気モーターは前後2基
  • 最高出力も408ps
  • 動力性能は0-100m/h加速が5.7秒
  • 最高速は200km/h
  • リチウムイオンバッテリーの容量は95kWh
  • 航続距離はWLTPサイクルで400kmを超える

【ジャガーIペース】

  • アルミボディー
  • 電気モーターの最高出力は前後合計で400ps
  • 最大トルクは696Nm
  • 0-100km/h加速は4.8秒
  • 最高速は200km/h
  • リチウムイオンバッテリーの容量は90kWh
  • 航続距離はWLTPモードで最大470kmに

それぞれが発表したプレミアムEVは似ているところも多いが、今後この市場での発表がますます活況を呈してくる。

そうしたら、各社も特徴を出したプレミアムEVを出してくるのは間違えないし、先行するテスラもこのままではないと思われる。

プレミアムEVは2021年大きな変化を遂げそうです。

3. CarZoot社商品紹介:スマホ専用ディスプレイコーティング剤

CarZoot社製スマホ専用ディスプレイコーティング剤が選ばれる理由とその性能について紹介します。

スマホ画面に塗布するだけで硬度9Hのガラス被膜を作り、スマホの落下など突然のアクシデントによる画面の破損の防止、衝撃による細かい傷などを保護します。またブルーライトをカットする成分が配合されているので、長時間のスマホの利用による目の疲れを軽減してくれます。

使い方はとても簡単で、それについても写真つきのマニュアルを完備し、20分ほどで完了できるようになっています。初心者の方にでも問題なく使用いただけています。

この商品ひとつでスマホ2台分のコーティングが可能ですので大変経済的となっています。

この商品はCarZoot社が得意とする自動車用ガラスコーティングの技術の耐久ガラス被膜を使用しています。キャリアショップでも使用されているほど、プロも認めた逸品です!プロ仕様のガラスコーティング剤をお気軽にご自宅で実現できる驚きの仕上がりを実感してください。

応用として、スマホだけではなくタブレットやPCにも施工ができバリエーションが広がります。

商品に同梱されているのは以下の通り。

・硬度9Hガラス被膜コーティング

・画面クリーナー

・クロス

・画像付き手順マニュアル

60日という脅威のメーカー保証がありますので安心してご利用いただけますね!

また施工後のコーティング効果は半永久的に継続します、一般的にスマホプロテクターはヒビが入ってしまいがちですのでこれを考えてもお得なコーティング剤といえます。

おかげさまで、販売累計35万本を突破しております!

Amazonでは2,000円にて販売中です。

4. まとめ「2021年初のSUVクーペC40をボルボカーズが発表!」

今回は、ボルボSUVクーペC40についてご紹介しました。

・ボルボSUVクーペC40について

・プレミアムEVについて

・CarZoot社商品紹介:スマホ専用ディスプレイコーティング剤

今後、ボルボSUVクーペC40について知りたいと思った時は、是非このサイトを参考になさってください。

台湾で大人気!バッドばつ丸の車で使えるグッズを厳選して紹介2021前のページ

最高車の証ホンダeが選出された2021年英国カーオブザイヤーにて次のページ

関連記事

  1. 記事

    密を避けて車で遊びに行こう!初心者でも楽しめる釣りスポット紹介!~三重県~

    屋外レジャーで人気な釣りは密が避けれて時間を気にすることなく楽しめる…

  2. 記事

    外出しないで買い物しよう!妊婦・高齢者でも利用できる宅配サービスin岩手

    コロナ禍で外出を控えている間、食料品や日用品の買い物にも苦労した人も…

  3. 記事

    ドライブにおすすめ!10代20代に人気の曲をご紹介!

    ドライブは友達や恋人と行くのも1人で行くのも楽しいものです。今回は、…

  4. 記事

    日本導入なるか?レンジローバー イヴォークが3列7人乗り設定に!?

    レンジローバーのイヴォークに関する情報が入ってきました。どうやら3列…

  5. 記事

    高速道路での路肩駐停車は違反?してしまうとどうなる?

    夜間の高速道路で路肩駐停車する大型トラックをよく見かけるようになりま…

  6. 記事

    地震による工場への影響は?トヨタは生産調節を発表!各社の対応も紹介!

    2月13日の深夜に、震源地を福島県沖とする地震が発生しました。この地…

新着記事の一覧

  1. タイヤのスキール音について徹底解説!スキール音は放置するとか…
  2. 車の正しい年式とは?愛車の年式をきちんと把握しておこう!中古…
  3. 車のデッドニングは効果的?内容や特徴を徹底紹介!
  4. 車のグローブボックスって何?愛車のメンテナンス時には外して作…
  5. 車のスロットルボディとは一体何?メンテナンスが絶対に必要なの…
  1. 記事

    マフラーの交換や購入におすすめの店舗とは?選び方もチェックしてみた!
  2. 未分類

    【日産】ノートは?エクストレイルは?2021年冬春におすすめの車種をご紹介
  3. 記事

    BMWの改良新型X3M40i とはどんな車種なのか?いよいよその実態が明らかにな…
  4. 記事

    駐車場に生える雑草を枯らすのにおすすめ!除草剤2選紹介!
  5. 未分類

    アメ車好き必見!2021年冬春に乗りたいGMのおすすめ車種をご紹介!
PAGE TOP