【前橋】キッズカートが登場!2歳からの本格的レーサー体験で英才教育!?

   
 

株式会社ISKは、アメージングカートISK前橋店:群馬県前橋市 にて、2~6歳向けの『キッズカート』の運用を開始しました。将来子供にレーサーになってもらいたいので英才教育をしたい、充実した余暇を家族と過ごしたいという方向けに提供されます。

キッズカートについて

カートに乗せるうえで最も気になることが安全面です。気になる安全面について、キッズカートとは何なのかを絡めてご紹介します。

キッズカートとは

そもそもキッズカートとは、4~12歳くらいまでの子供を対象とした本格的なキッズ専用レーシングカートでした。これは、国内で開催されているJAF公認の最年少カートレースである、カデット/ヤマハKT100に即時対応可能なように、教育を施す目的で作られています。

今回、ISKが提供するキッズカートは対象年齢を更に低年齢化した2~6歳向けのものです。ペダルを踏んだら進み、離したら止まるという簡単仕様となっており、大人同様のコースを走行できるので本格的なレーサー体験が可能です。

キッズカートが安全な理由

安全な理由はその速度と周囲のバリケードにあります。4~12歳までを対象としたキッズカートではその最大速度が70kmを超えるものもあります。しかし2歳の子供にこのスピードを制御することは到底不可能ですので、今回ISKが提供している電動カートは最大速度が約10kmに制限されています。また、年齢・体格とともに制限速度も可変となっています。

コース上にはバリケードを設置し、安心してカートを楽しむことができるのに加えて、2~3歳の子供は保護者が同乗し、後ろでサポートが必要となっています。

安全面に配慮してスピード制限や規制があるものの、大事なのは本物のカートをメインサーキットで運転したことがある、という体験です。この体験が達成感を生み、カートへの興味を引き立たせるだけでなく、次のステップへ踏み出そうとする意欲を生むかもしれません。

利用料金について

料金は1回約4分で1000円となっています。回数券を購入することで、5回分4000円の割引サービスが適用されますので、ぜひご検討ください。

株式会社ISKについて

キッズカートを提供する株式会社ISKについてご紹介します。

全国4+1拠点を構えるスポーツカート会社

スポーツカート場の運営管理を目的とする会社で、

に加えて、ジュニアカートスクール浜松校を展開する会社です。モータスポーツを市民スポーツの域に拡げることを目的として事業展開されており、現在では上記4+1拠点を構える企業となっています。

子供だけでなく大人も楽しめるゴーカート

子供向けのキッズカートのみならず、ゴーカートが展開されています。ゴーカートは、小さいながらも高速走行が可能で、モノによれば最高速度が約80km以上にもなります。背が低く、視点が低い設計となっているのでスピードこと他のレーシングカーには劣りますが、体感速度はなんと160km以上にも達し、大迫力となっています。

大人が楽しむのにも十分な設備が整っていますので、大型連休などはご家族で一日楽しむことが可能です。コロナ禍により、営業期間や時間に変更があるかもしれませんので、ご利用を考えている方は、上記公式Webサイトから各店舗の営業時間をご確認のうえ利用ください。

ブレーキダストの除去なら

洗車では落としにくい汚れとして、ホイールのブレーキダストがあります。こびりついた汚れを取り除くために無理にこするとホイールに傷が入ってしまうことも多々あります。

無闇にこするのではなく、手軽にブレーキダストを除去する方法として、CarZoot社のブレーキダストクリーナーをおすすめします。

この商品は、使い方が非常に簡単で、スプレーをブレーキダストに向かって吹き付けるだけ。液剤がダストを浮き上がらせるので、ノーコンパウンドでブレーキダストを除去します。

何よりもプロが実店舗で使用しており、実際の施工メニューとして掲載されている商品ですので、実力は折り紙付きです。高い洗浄能力を誇っているので、少し匂いが気になりますので、匂いに敏感な人は注意が必要です。

ブレーキダスト除去クリーナー

【2021開始】スポーツタイプ電動アシスト自転車のシェアサービスが湘南エリアで開始前のページ

8/10スケールの『乗れるラジコン』としてワイルドワン・マックスの予約が開始されました次のページ

関連記事

  1. 記事

    国家戦略特区での特定作業を対象に普通免許でセグウェイの運転がOKに!警視庁が発表

    2つの車輪で立ったまま移動ができるセグウェイ。日本では、公道での走行…

  2. 記事

    【東海道五十七次】十七番目の宿場町「静岡県静岡市清水区興津」興津は2度の合併を経て清水区へ

    東海道五十七次、十七番目の宿場町「静岡県静岡市清水区興津」は、2度の…

  3. 記事

    岐阜県で車中泊グッズを揃えよう!必需品が揃うショップ3選【2021】

    車を駐車するスペースさえあれば、どこでも一泊することができる車中泊。…

  4. 記事

    【最新版!】主要メーカーのおすすめ3列シート採用車をご紹介!

    ファミリーカーとして定番なのが、3列シート車です。6人や7人乗れると…

  5. 記事

    タカラトミーモールオリジナルトミカプレミアムLamborghini 3 MODELS!新商品に注目

    タカラトミーモールにて、トミカプレミアムRS「Lamborghini…

  6. 記事

    伝統工芸体験【愛知県 ドライブ】地元の伝統に触れたい!

    コロナ禍の楽しみ方を模索している方も多いことでしょう。多くの…

新着記事の一覧

  1. 【不二36景の舞台を巡る旅】港区、渋谷区エリアでおすすめの観…
  2. 【歴史ある下町を巡る】東京都墨田区のおすすめ観光スポットをご…
  3. 【コロナ禍でのドライブ】中央区でおすすめのインスタ映えスポッ…
  4. ホタルまつり!三重にある車で行けるホタルのおすすめスポットを…
  5. 愛知県おおすすめホタルスポットがここだ!車で行ける場所を集め…
  1. 記事

    滋賀県で免許更新するなら免許センターへ!特徴を紹介!
  2. 記事

    宮崎県のトラック用品店はどこ!?おススメのショップやカスタムを紹介!!
  3. 記事

    ハイブリッド車の危険とは?冠水や水没感電のリスクを防ぐ対処法を知ろう!
  4. 記事

    福岡県では、どんな電気自動車充電スタンドがあるの?
  5. 記事

    日本初!横浜で大型バスの自動運転が営業運行を実施!
PAGE TOP